人気ブログランキング |

タグ:設計 コンセプト ( 74 ) タグの人気記事

子ども部屋の設計ポイント。

今まで設計した物件で、子ども部屋のタイプを、4つほどご紹介します。

b0349892_18055023.jpg
写真:星野裕也

①個室型
b0349892_17591550.jpg
①個室型
一番オーソドックスなパターンです。

b0349892_18011275.jpg
三仏生の家

小学校低学年のうちは、それぞれの個室は必要ないと思いますが、個室型を選択されるご家族は、
「将来、工事するなら最初からやっていた方が良い」
という考えの方が多いように思います。



b0349892_18001492.jpg
②将来分離型
一室→二室(又は三室、四室...)
子どもの成長に合わせて部屋を間仕切ります。
移動式の収納家具をつくり、それで部屋を区画するのもアリだと思います。

b0349892_18013265.jpg
関屋大川前の家

子ども自身が、自分の部屋を欲しがった時に、間仕切る予定でした。

「関屋大川前の家」は、私の自宅です。
子どもが3人なので、3部屋に分けられるように設計しました。

長女が小5の時、個室を欲しがったのでそれぞれの部屋に区画したのですが、将来、また広く使えるように、取外し可能な間仕切壁にしました。

b0349892_18020715.jpg
喜多町の家
「喜多町の家」では、廊下も一体のホールにしています。
子どもが小さいうちは、広くひろく使います。
表しの梁を利用して、ロフトもつくれるようにしてあります。




b0349892_17592636.jpg


③寝室一体型
子ども部屋の一つを、寝室と一体的に使います。
「まだ子ども一人だけど、もう一人欲しいな」と思うご家族向き。

これから生まれて、尚且つ個室が必要になるまでには、十数年かかります。
それまでは、寝室を広くしておいて、それまで家族全員の寝室にしてもOKです。

b0349892_18022000.jpg
坂井砂山の家
坂井砂山の家では、将来の子ども部屋を、寝室内の小さなリビングとして利用しています。
少しスキップフロアになっているので、その段差により、同じ空間であっても、場所の差別化が出来ています。




b0349892_17593359.jpg
④共有収納タイプ
子ども部屋、それぞれの部屋にクローゼットや収納を設けるのではなく、共有します。

b0349892_18074431.jpg

b0349892_18024836.jpg
東中島の家

「東中島の家」では、それぞれの部屋には、本棚だけ設けて、収納とクローゼットは、共有にしました。
それぞれの子ども部屋は収納が無い分、出来るだけコンパクトにしています。
収納内にエアコンを取り付けてあり、一台で二部屋分の冷暖房を兼ねています。



子ども部屋のあり方は、家族それぞれです。
子どもの成長、ライフスタイルの変化を見込んで、可変的な使い方をご提案することが多いのですが、①のように最初から個室を選ばれるご家族も多いです。



現在、建築中の「五十嵐の家04」では、お子様が3人。

②の将来分離型で、子どもが小さいうちは、3部屋分を一緒にしています。
子どもが小さいうちは、家族5人の寝室です。

そして、それぞれの子ども部屋の広さは、なんと畳3帖分!

でも大丈夫です👍

別に収納スペースと、家族のスタディコーナーを設けているからです。

↓パースの左上がスタディコーナーです↓
b0349892_08491995.jpg
五十嵐の家04の検討パース

リビングの一角に、スタディコーナーを設けています。

少しスキップフロアになっていて、ダイニングテーブルのベンチ代わりにもなります(^^)
スペースも省略出来て、一石二鳥。
空間の差別化にもなるから、一石三鳥?
お父さん、お母さんは家事をしながら、子どもの様子が見れます。(んっ、一石四鳥??)


「五十嵐の家04」ですが、11/23、24にオープンハウスを行う予定です!

共有のスタディコーナー、南側隣地の雑木林、日本海と佐渡島が見えるルーフテラスなどなど、見どころ満載です☆

b0349892_09200246.jpg
南側隣地の林を借景にしているリビングとスタディコーナーからの眺めも必見です。

また詳細が決まりましたらブログなどでご報告したいと思います☆

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2019-10-31 09:35 | コラム | Comments(0)

金沢町の家2。
変形の土地ながら、敷地のポテンシャルを最大限に活かす設計を心掛けました。
b0349892_16483368.jpg
提案時の手描きプラン

プランが固まるまで、プランニングは手描きで進めています。
CADだけだとどうしてもプランが描けないです💦
どんな難題でも、粘り強く手を動かしていると、自然にまとまってくるから不思議です。

敷地状況として、入り口に既存の車庫があり、奥が鍵状になっているところに新しく建物を建てます。
周囲は建物に囲まれていて、決して恵まれた環境ではありませんでした。
それでも、それをどう活かすかが設計者としての腕の見せ所です☆

オーナーの要望は、
・出来るだけ平屋にしたい。
・菜園を愉しむ生活がしたい。
もちろん他にも色々とあるのですが、メインとしては、上の二点でした。

要望通りの部屋数だと、菜園スペースが確保できず、敷地一杯いっぱいになってしまうため、一部の部屋をロフトに充て、ほぼ平屋で生活が完結するようにしました。

そして変形敷地の行き止まりを、菜園スペースにして、居間とつなげています。
b0349892_17265372.jpg
b0349892_17003082.jpg
居間から菜園をみる


b0349892_22512328.jpg
菜園から建物をみる

b0349892_17105054.jpg
キッチンから菜園をみる

ゾーニングの方法の一つとして、敷地のどのあたりが気持ちが良いか、または気持ちが良くないか、という視点で部屋を配置していきます。

敷地を丹念に調査し、ウロウロして、これから新たに出来る空間を夢想(妄想?)します。

どこにどの部屋を設け、どのように外部とつなげるか
開口部をどのようにするか
光をどのように入れるか
どこで寝そべったり、ソファに座ったりすると気持ち良いか
・・・などなど

いろいろと考えることは多岐に渡りますが、とても楽しい時間です(^^)

金沢町の家2では、敷地の行き止まりを菜園にして、そこで外部とのつながりを設けました。
変形の敷地の特性を活かして、キッチンからも菜園を目で愉しみます。

燐家からの視線も気にならないようにしています。
燐家に囲まれているにも関わらず、プライベート性が高い空間になり、ほっと落ち着ける空間になりました。

写真から伝わるでしょうか?
b0349892_22512463.jpg


b0349892_22515618.jpg
家具がないから難しいかな💦
家具が入り、住み始めるとよく分かると思います☆


金沢町の家2、外構工事も、もう少しで完成です!

明日、27日に希望者のみの見学会を行うのですが、お陰様で一杯になりました☆
もし、
「観てみたいな」
という方がいらっしゃいましたら、個別で対応しますので、ぜひご連絡くださいませm(_ _)m

変形敷地で隣家に囲まれた敷地条件であっても、如何にホッと落ち着ける空間をつくれるか追求した住まいです。
ぜひぜひ。


b0349892_22512356.jpg
変形敷地なので建物の全体写真が撮りづらいです💦

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2019-10-26 17:30 | 新築・改築 | Comments(0)

金沢町の家2。
もう少しで完成です104.png

前々回のブログで、何組か見学希望があったので、10月27日に予約制の見学会をします177.png
場所は新潟市秋葉区金沢町です。

現時点で空いている時間が、下記のとおりです。

10月27日(日)
 ①12:30~
 ②13:30~
 ③14:30~
※10/18変更
ホームページの問合せフォームか、メールアドレス(kato@jun-arch.com)まで。

 ホームページの問合せフォーム(←クリック)

問合せフォームの「お問い合わせ内容」に、希望時間の番号を書きこんでお送りください。
見学場所の案内を返信します。

b0349892_06312908.jpg
居間とサンルーム

b0349892_06311709.jpg
ロフトから居間とサンルームをみる

b0349892_06311576.jpg
玄関

b0349892_10240205.jpg
模型の写真です

「金沢町の家2」の見どころです166.png

 ・変形敷地を有効活用したプランニング
 ・家庭菜園を愉しむ
 ・ほぼ平屋の住まい(ロフト有)。1階24坪、ロフト4坪
 ・和紙の壁紙、無垢材の造作やフローリングなど、健康に配慮した住まい
 ・耐震性はMAXの等級3(建築基準法の1.5倍の強度)、高断熱、高気密


生活のしやすさを追求しつつ、ほっと落ち着ける空間を意識して設計しました109.png
プランニングや造作など、いろいろと工夫もみれるので、家づくりの参考になると思いますよ177.png

上記の日時にご都合がつかない場合でも個別に対応しますので、気軽にご連絡ください164.png

問合せフォームの「お問い合わせ内容」に希望日時を3つほど書いてお送りください。

スケジュール調整して、ご返信しますのでよろしくお願い致します。


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2019-10-16 09:24 | 新築・改築 | Comments(0)

設計する際、その敷地の持っている特色や個性などをどのように引き出し、有効活用するかを重点的に考えています。


昨年にお引き渡しした東中島の家の例です。

お引き渡しから1年経って、お邪魔した時の写真です↓
b0349892_08351047.jpg
窓からみえる植栽が良い感じです(^^)
お子さんの洋服もおそろいで可愛いです☆
実は、窓から見える緑は、自分の家ではなく、お隣さんのお庭なんです。

b0349892_09402137.jpg

敷地調査時の写真。
西側の建物と建物の合間に、燐家の庭がありました。

b0349892_08350438.jpg
ご提案時のコンセプト図

植栽は生活に彩りを与えてくれます。
また、ストレスや疲れなどを解消してくれる効果もあり、癒しになります(^^)
西側なので、西日が心配ですが、その植栽が日差しを遮ってくれるので心配なし。
7、8月は太陽高度が高いので、植栽の上から日差しが入るため、その時期だけは、カーテン必須です💦
または、グリーンカーテンをしても良いかも。

b0349892_08365267.jpg
b0349892_08371228.jpg
その庭が見えるところをタタミスペースにしました。
個室ではありませんが、ほんの少し囲まれているようにして、ほっと落ち着けるスペースにしてます。
自分の家の庭のようですが、もちろん、お手入れは隣家の方がしてくれます(^^)


↓その他の敷地の有効活用として、ランドリールーム↓
b0349892_08375126.jpg
キッチン脇にランドリールームを設けました。
東側の建物と建物の隙間から、光と風が通るので、とても快適です☆
もちろん、キッチンの脇なので、家事効率もバッチリ👍
b0349892_09220264.jpg
家事導線に回遊性もつくり、暮らしやすい間取りになりました。


↓そして敷地全体の有効活用↓
b0349892_09245968.jpg
道路側の間口に比べ、奥に細長い長方形の土地でした。
ハウスメーカーの企画プランだと、南側や北側に敷地を持て余してしまう感じです。

前面の道路の交通量も多かったので、道路に対して、少し奥まったようにするため、カーポートの向きを道路に対して平行にしました。
南側の庭に囲み感が出て、プライベート性が増します。

b0349892_09360397.jpg
カーポートの既製品感も目隠しの木塀により、ほんの少し和らぎました。


東中島の家、Daily Lives Niigataさんに取り上げていただきました。

Daily Lives Niigata 取材記事「いつまでも居たくなる。それは目に見えない心地良さがあるから」(←クリック)


新築時のオープンハウスでは分からない、実際の暮らしぶりが良く分かるので、ぜひ読んでみてください。


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2019-10-07 09:34 | コラム | Comments(0)

設計する際、限られた空間の中で如何に広がり感を出すか色々と工夫しています。

その一例で、先週撮影させていただいた関屋下川原の家の例を挙げます。
b0349892_09065215.jpg
↑設計コンセプト↑

どのように広がり感を出すことが出来るか、図にしてみました。

関屋下川原の家での大きなポイントとしては、
「空間の容積を変えずに、如何に広がり感を出せるか」
という点です。

 一つのボリュームを二つに分けます
    ↓ ↓ ↓
 そのボリュームをずらします平面的な広がり
    ↓ ↓ ↓
 ③小さな吹抜を付け加えます(立体的な広がり



b0349892_09431050.jpg
コセンプト図の②を平面的に書いた図です。
ピンクと青をずらすことにより、視線が延びて、奥行を感じられるようになります。

b0349892_09064984.jpg
③そして、小さな吹抜を付け加えます。
ただ付け加えると、その分、部屋の容積が増えてしまいます。
ですが、天井をほんの少し低くすることにより、もとの容積のままです。

天井がほんの少し低くなっていますが、小さな吹抜があることにより、天井高さのメリハリが出て、広がり感を出す効果が増しています。




b0349892_09064218.jpg
奥のキッチン側からの写真
b0349892_09062979.jpg

対角側の玄関を入ってからの写真

視線が対角に延びて、広がり感を感じませんか?
少し低めの天井高さも、開口部(サッシ)の高さを天井に合わせることにより、気になりません。
そして小さな吹抜が、天井高さのギャップと視線の抜けをつくり、広がり感を演出しています。

b0349892_09063399.jpg
小さな吹抜(写真:Daily Lives Niigata)

b0349892_09063783.jpg
LDK全体(写真:Daily Lives Niigata)

広がり感の演出に関しては、つねに工夫しているので、決まったカタチを決めている訳ではなく、物件ごとに変わります。
敷地条件、オーナーのライフスタイルやコストなどなど。
当然のことながら、条件が異なれば、設計も変わってくるのです。

広がり感を演出する他の例も、ホームページのコラムもどうぞ。
 吹抜に頼らず、開放的な空間をつくるには(←クリック)
 小屋裏の有効利用~開放的な空間~(←クリック)



□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2019-09-25 10:01 | コラム | Comments(0)

五十嵐の家04。

新潟市西区の五十嵐地域にはご縁があるようで、もう4棟目になりました(^^)
b0349892_11343405.jpg
南面に雑木林があり、最高のシチュエーションです☆
b0349892_11343566.jpg
南面の雑木林もそうですが、五十嵐の家04では、ルーフテラスから日本海をみることが出来ます!
佐渡島までバッチリ見えるんです(^^)


加藤淳一級建築士事務所では、綿密な敷地調査を行い、その敷地が持つポテンシャルを最大限に引き出せるような提案を心掛けています。

五十嵐の家04では、南の雑木林と、屋根からの景色でした。
オーナーのご要望を満たすのはもちろんのこと、ライフスタイルの変化や敷地条件の制約、コスト等々、様々な要素を検討します。
それらの要素のうち、敷地がもつ諸条件の重要度はもっとも高いです。

ハウスメーカーの規格住宅であれば、どの敷地にもあうようなプランが用意されています。
この敷地であれば、このプラン、
この予算であれば、こっちのデザイン、
という感じで。。。

既存のプランから「選ぶ」のでなく、一からつくり上げていく。
家は「買うもの」ではなく「造るもの」です。

坪あたり、何十万もする土地を、多くの人がローンを組んで購入します。
親から譲り受けたり、建て直したりして、土地にかかる費用が少なく済む場合もありますが、土地の価値に変わりはありません。

その土地、その敷地の持つポテンシャルを最大限に引き出すのが、住宅設計者の使命であり、また醍醐味だとも考えています。
そしてその場所に住む人のライフスタイルに合った最適な住まいを模索し、提供していきたいです。


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2019-09-10 11:59 | 新築・改築 | Comments(0)

奈良三郷町の家、写真家の星野裕也さんに撮影していただきました。

b0349892_08143464.jpg
写真は北庭のウッドデッキ

b0349892_08150289.jpg
道路側からのファサード
木塀の場所が南庭。
奈良三郷町の家は、居間から南庭と北庭が愉しめるプランになっています。

b0349892_08344821.jpg
提案時のプラン


b0349892_08162060.jpg
居間
←左が北庭 右が南庭→


b0349892_08252813.jpg
居間から北庭をみる


b0349892_08164344.jpg
居間と吹抜
右側にちらりと見えるのが南庭。
吹抜上部の採光により、階段から放射状に陰影ができます。

b0349892_08170360.jpg
階段か1階の居間と、中二階をみる
b0349892_09171088.jpg
居間からも、中二階からも北庭が愉しめます


b0349892_08173282.jpg
中二階から
南からの採光


b0349892_08180916.jpg
中二階から2階をみる
正面のニッチの壁はなんとオーナーの制作したヘリンボーン!
大工さんに上手に設えてもらいました。



b0349892_08264692.jpg
寝室
奈良三郷町の家は、緩やかな傾斜地の中腹にあり、寝室からは南東への抜け感のある景色がありました。
あえて南側に窓を設けず、景色の良い、東面に設けています。
窓の外側にみえるのは、木製の布団干し。


b0349892_08270902.jpg
サニタリー
窓から、北庭のウッドデッキに出られます。
洗面化粧台は定番の造作。
物干しのバーをステンレスではなく、ホームセンターで売っている黒竹を使いました(^^)
安価でとても丈夫です☆
雰囲気もGood。
自宅でも、もう6年も使っているのですが、まったく問題なしです☆



b0349892_08265948.jpg
階段も造作
階段やフローリングなど、内部の木部はオーナー自ら塗装しました☆


b0349892_08272378.jpg
ポーチの斜め壁
斜めの理由については、下記記事から。
「斜め壁の理由」←クリック(過去のブログです)

b0349892_08273587.jpg
ポーチの床はシンプルにモルタルの刷毛引き仕上げ

b0349892_08274987.jpg
日が沈むころの外観写真

b0349892_08275953.jpg
北庭の夕景



□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2019-08-29 09:20 | 新築・改築 | Comments(0)

新発田 猿橋の家が完成しました!。
Ag-工務店さんがオープンハウスを行います。
オーナーのご厚意に感謝です☆
b0349892_06173562.jpg

<新発田猿橋の家完成見学会>
日時 2019年8月17日(土) 10:00-16:00 予約制(じっくり設計者の解説付きで話を聞きたい方向け)
   2019年8月18日(日) 10:00-16:00 フリー入場 (ご自由にご覧ください)

会場 新発田市舟入町1丁目(猿橋コミュニティーセンターそば)

参加費 無料
参加条件 新築・リフォームをお考えの方ならどたなでも
参加申込 
  ①17日(土)に参加希望の方は事前予約制となります。
  ②18日(日)に参加希望の方は予約不要です。ご自由にご来場ください。
▼メールまたは電話で参加お申し込みください▼
TEL 0250-22-6149
090-1045-5143(渡部直通)

私にご連絡いただいても大丈夫です。メールか問合せフォームまで。
mail :kato@jun-arch.com
HPの問合せフォーム(←クリック)

■新発田 猿橋の家DETA
敷地面積:258㎡:約78坪
1階面積:80.34㎡:24.2坪
2階面積:25.98㎡:7.8坪
延床面積:106.32:32.0坪


見所
・子育て後、1階だけで暮らしが完結する住まい
・建物の斜め配置による敷地の有効利用
・居心地良く暮らせる素材を多用
・ラクラク家事導線
・ご主人のこだわりの書斎
・広がり感を感じる間取り
などなど。
b0349892_06062717.jpg
新発田猿橋の家のプランです。
いろいろと見所が満載です(^^)
シンプルな間取りですが、家事導線の回遊性により、来られた方は少し混乱するかもしれません💦
完了検査の検査員の方が、
「迷路みたいだな。。。」
と検査しながらつぶやいていました^_^;

b0349892_08183911.jpg
そして大きな見所は、この斜め配置です。
b0349892_06231940.jpg
外構工事前の写真


ただ、敷地に対して建物を斜めに配置しただけですが、訪れると少し不思議な感じがします。

今回の斜め配置のメリットは、
・南側にリビングの大開口を設け、太陽に素直な設計
・隣地住居と正対しないので、視線が外れ、プライバシー性が高くなる
・広い敷地を分割され、敷地の隅々まで有効利用できる

奇抜さやデザインのために斜め配置にしたのではありません。
詰めて詰めて考えて行ったら、自然と斜め配置とこのプランに行き着きました。
ブログ記事「太陽に素直な設計」(←クリック)

ご興味のある方、ぜひご来場ください。



□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2019-07-30 06:32 | 新築・改築 | Comments(0)

再訪 奈良の慈光院

奈良の慈光院に再訪しました。

奈良三郷町の家から、車で約20分。
オーナーご夫妻と写真家の星野裕也さんと行って来ました。


b0349892_06303003.jpg
写真に写っているのはTご夫妻。

ご主人は背が高いので、普通に歩いていると、鴨居に頭がぶつかります💦
でもこの昔の民家のようなスケール感が、慈光院の魅力だと思います☆



b0349892_06312877.jpg
山門


b0349892_06305496.jpg
書院広間
障子がすべて取り外されていました。
とても蒸し暑かったのですが、ここは風が抜けて、とても気持ちが良かったです。


b0349892_08530245.jpg
広縁
室内と外部との中間領域。



b0349892_06315798.jpg
本堂


b0349892_06321004.jpg
本堂前の庭園
こちら側の庭園は、建物に囲まれ、書院広間側の庭園とは趣向が変わっています。


b0349892_06364387.jpg
左が本堂。右が茶室。
どの角度からみても、目を愉しませてくれます。


b0349892_06330791.jpg
本堂から書院広間をみる


b0349892_06345885.jpg
書院広間側の庭園もみえます。
本堂→本堂側の庭→書院広間→書院広間側の庭
という奥行き感が凄い。

書院広間側の庭が別世界のような感じがして、少し不思議な感覚です。


b0349892_06352085.jpg
陰影のある庭園風景の切り取り方もGOOD☆


b0349892_06352458.jpg
切り取り方と漆で塗られた木枠により絵画のようにみえます。


b0349892_06353636.jpg
建具で奥側と仕切られていますが、建具の上が空いていて、視線は奥へと導かれます。
ここにも奥行き感があります。
垂木の反復による連続性も、視線の誘導と奥行き感を手助けしています。
ここで終わるのではなく、永遠に奥があるような、広がりを感じさせる演出です。


b0349892_06375159.jpg
昭和の時代につくられた広間。
ここも落ち着く空間でした。


b0349892_06354909.jpg

小さな丸太をつかった遊び心のある縁側。
いつか真似してみたい(^^)


b0349892_06371206.jpg
ところどころの設えも良いです☆


本当に見所満載。
2回目だけど、また深く味わえました。

以前のブログ記事
「人間的なスケール感 奈良の慈光院」(←クリック)

先日、新潟で住宅作家、伊礼智さんの講演会がありました。
伊礼智さんが、哲学者、野矢茂樹さんの言葉を紹介していました。

「設計って外部をいかに採り入れるかでしょ?」

慈光院に限らず、「良い建物だなぁ~」と感じ入ってしまうところは、建物本体だけではなく、外部とのつながりをとても大切にしているように思います。

慈光院のような素晴らしい建物をたくさん観て、外部との関係、人間的なスケール感や居心地の良さを体に沁み込ませ、自分の中で熟成させて、住まいづくりに活かしていきたいと思います。



□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2019-07-22 09:49 | 建物探訪 | Comments(0)

奈良三郷町の家に、外構工事の確認で行って来ました。
b0349892_09505964.jpg
初期プラン

北東側に余白をつくり、そこをキタニワにしました。
道路側は、ミナミニワ。
キタニワとミナミニワを愉しめるプランでご提案しました。
庭づくりありきのプランです(^^)
b0349892_09010329.jpg
敷地奥のキタニワ
ウッドデッキ手前のアオダモが育つと、隣家からの目線も気にならなくなります。


b0349892_09002812.jpg
道路側から


b0349892_09011464.jpg
道路側のミナミニワ


b0349892_09091530.jpg

b0349892_09223451.jpg
敷地のところどころに草花が設えてありました☆


造園は、植物屋 風草木さん
とてもセンスの良い造園屋さんでした。
植栽の予算は限られいたのですが、予想以上の植栽の物量に感激しました☆

これから植物がどのように育っていくのか、とても楽しみです(^^)



b0349892_09052321.jpg
写真家の星野裕也さん、青空待ちのカット

外構工事の確認にタイミングを合わせてもらって、来ていただきました。

星野さんは夜行バスで新潟から京都へ。
午前中は京都で一件撮影して、午後に奈良三郷町へ。

ここの撮影を終えてから今度は夜行バスで熊本へ。。。

星野さん、お疲れのご様子でしたが、カメラを持つとスイッチが入ります。
さすがプロです。

写真が来たら、またアップしたいと思います(^^)


奈良三郷町の家は、今回でひと段落。
ひと月に1、2回のペースで新潟から来ていましたが、正直、少し寂しいですね。
点検などで、また訪問するのが待ち遠しいです。

土地にも人にも恵まれ、オーナーにとって、とても良い住まいになったと思います。
新潟県外の仕事は少ないのですが、3時間くらいで行けるので、ストレスなく、逆に楽しませてもらいました。

奈良の素朴な雰囲気のする神社や仏閣などを出来るだけ見学して、インプットに努めることも出来ました。
居心地の良さを追求して、これからの住まいづくりに役立たせていきたいと思います☆


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2019-07-17 10:10 | 新築・改築 | Comments(0)