人気ブログランキング |

堀之内の家、ビフォーアフターの続きです。
堀之内の家リノベーション ビフォーアフター2_b0349892_10101497.jpg

台所を、和室にしました。


↓↓↓ビフォ―↓↓↓
堀之内の家リノベーション ビフォーアフター2_b0349892_09085635.jpg
↑↑↑ビフォ―↑↑↑


↓↓↓アフター↓↓↓
堀之内の家リノベーション ビフォーアフター2_b0349892_09090858.jpg
↑↑↑アフター↑↑↑

↓↓↓ビフォ―↓↓↓
堀之内の家リノベーション ビフォーアフター2_b0349892_09092088.jpg
↑↑↑ビフォ―↑↑↑

↓↓↓アフター↓↓↓
堀之内の家リノベーション ビフォーアフター2_b0349892_09090334.jpg
↑↑↑アフター↑↑↑
新しい和室は、ダイニングキッチンの脇にあります。
明るいダイニングキッチンと居間に比べて、西日の当たる和室は、開口部を小さくして、落ち着きのある空間にしています。


2階の和室を洋室に変更。
↓↓↓ビフォ―↓↓↓
堀之内の家リノベーション ビフォーアフター2_b0349892_09102088.jpg
↑↑↑ビフォ―↑↑↑

↓↓↓アフター↓↓↓
堀之内の家リノベーション ビフォーアフター2_b0349892_09102796.jpg
↑↑↑アフター↑↑↑
押入の襖戸を再利用し、壁と同じ和紙に張り替えています。

最後に外観を。

↓↓↓ビフォ―↓↓↓
堀之内の家リノベーション ビフォーアフター2_b0349892_09572820.jpg
↑↑↑ビフォ―↑↑↑

↓↓↓アフター↓↓↓
堀之内の家リノベーション ビフォーアフター2_b0349892_09573421.jpg
↑↑↑アフター↑↑↑
外壁を剥がし、耐力壁を増やしています。
屋根をセメント瓦葺きからガルバリウム鋼板葺きに変更し、耐震性もアップしています。
今回は、新潟市の耐震改修の補助事業を利用させていただきました。
2年前の耐震診断から始まり、ここまで来ました。


リノベーション工事の醍醐味として、もともとあったものの価値を見出すこと。
詳しくは、ホームページのコラム08「価値の再発見~リノベーションのすすめ~」を読んでみてください。

そんなリノベーションの醍醐味、という写真を何枚かご紹介します。

小屋裏で見えなかった小屋梁の一部を表しています。
堀之内の家リノベーション ビフォーアフター2_b0349892_09105465.jpg

↓↓↓ビフォ―↓↓↓
堀之内の家リノベーション ビフォーアフター2_b0349892_09282870.jpg
↑ビフォー↑
リノベーション前の小屋裏写真です。

樹皮がついたまま小屋梁として使われていたのですが、その樹皮の内側に虫喰い跡がありました。
その喰い跡がちょっと気持ち悪かったので、大工さんに削ってもらい、上の写真のような状態に。

削るのに「二日もかかった」と、大工のMさんに恨み節で言われました💦
Mさん、本当にほんっとうに、ありがとうございますm(_ _)m


堀之内の家でも、古い建具を再利用しています。
堀之内の家リノベーション ビフォーアフター2_b0349892_09145549.jpg

正面が、古い襖戸の再利用。右側が、新しい障子戸です。
新旧ならんでいるのに、違和感は少ないです。
良い素材を使かわれていたからでしょうね。
新しい建具も、経年変化によって味わいが出てくるのが楽しみです。
堀之内の家リノベーション ビフォーアフター2_b0349892_09111120.jpg
玄関奥の納戸に硝子戸を再利用しました。
堀之内の家リノベーション ビフォーアフター2_b0349892_09122040.jpg
昭和の香りがします(^^)

堀之内の家リノベーション ビフォーアフター2_b0349892_09120115.jpg
ポーチ脇のタイルも残しました。
こちらも昭和の香りが。。。

でも、お洒落なカフェなんかに使われていても、おかしくない感じです。
古いけど、ちょっと新しいような。
周回遅れなのに、トップにいるような⁉

せっかく、古くて良いものがあるのに、全て新調してしまっては、もったいない。
住んでいる人は意外と気が付かないようなものでも、他の人から見ると、その価値に気づいたりすることもあります。

安易に建て替えを考えている方も、リノベーションという選択肢を残しておいても良いかもしれません。
迷っている方は、ぜひ加藤淳 一級建築士事務所へ、お気軽にご相談ください。

リノベーションのメリットやデメリットなどなど、いろいろとお話しできると思います☆

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2018-05-14 10:10 | リノベーション・リフォーム | Comments(0)

耐震診断の醍醐味

耐震診断の醍醐味の一つとして、時を超えて、その職人と合っているかのような錯覚を味わえることです。

耐震診断では、現地で半日くらいかけて入念に調査します。
そのあいだ、部屋の中の造作や職人の技に感心させられることがよくあります。

ですが、それ以上に感動する場合があります。
それは、人の目につかない小屋裏や床下に潜ったときです。
職人のその住宅に対する「思い」のようなものが伝わってくるような気がするのです。

なぜなら、床下や小屋裏は、普段はお客様の目に触れないところ。
一生、目にする機会がないかも知れません。

職人としては、手を抜こうと思えばいくらでも手が抜けるわけです。
実際、木材や電気配線の切れ端があったり、ひどい建物では、たばこの吸い殻があったりしたこともあります。

耐震診断の醍醐味_b0349892_08241695.jpg

耐震診断の醍醐味_b0349892_08241190.jpg
写真は、耐震診断時の小屋裏写真です。
構造材も当時のものとしては安心感があり、埃は溜まっていますが、とてもきれいな小屋裏でした。

職人の真面目さが伝わってきます。
そういった仕事に触れると、私が造ったわけではないに、嬉しいような、誇らしいような気分でになり、不思議な幸福感を包まれながら帰路につけます。



----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

by jun-arch | 2016-02-01 08:54 | リノベーション・リフォーム | Comments(0)

耐震診断

新潟市から耐震診断の依頼があり、現地調査に行ってきました。

周辺環境に始まり、外部の劣化具合や基礎のクラック、床や柱の傾き等々、綿密に調査します。
天井裏や床下にも潜り、目に見えないところまで調べるので、半日近くかかることもあります。
耐震診断_b0349892_17495169.jpg
写真は二階ホールのシンプルな照明。

耐震診断しながらも、こんな雰囲気も残したリノベーションが出来たらいいなぁ、と思いました。
リノベーションにはさまざな可能性があります。


----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

タグ:
by jun-arch | 2015-11-11 17:57 | リノベーション・リフォーム | Comments(0)

新潟市江南区、リノベーションの提案パースです。

子育てが終わり、生活の適正規模に合わせて減築します。
天野の家 減築リノベーション_b0349892_06240857.jpg
天野の家 減築リノベーション_b0349892_06240663.jpg
5月に耐震診断して、新潟市の補助金制度を利用することに。

新潟市で採用されている構造計算ソフトを利用して、約4ヶ月かけて耐震設計や申請業務を行い、今月その申請が通りました☆

これから実施設計を詰め、来月の着工に向けて頑張ります。



----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

by jun-arch | 2015-10-21 07:00 | リノベーション・リフォーム | Comments(0)

昨年、新潟市の耐震診断士の講習を受けました。
リノベーションの依頼を受けているオーナーに耐震診断を提案し、補助金制度を利用して、耐震診断することになりました。

耐震診断 築40年の木造住宅_c0365045_06185533.jpg
基礎のクラックの亀裂幅をクラックスケールで確認。
耐震診断 築40年の木造住宅_c0365045_06185542.jpg
蟻害状況の確認。
耐震診断 築40年の木造住宅_c0365045_06185571.jpg
小屋裏に入って、火打梁や筋交等、構造材の確認しました。
うっかり足を置く位置を間違えると、天井を突き抜けてしまうことに。
これがけっこうハードです。

この他にも、床や柱の傾きや床下等、さまざまな調査をして、現状の耐震性を検査します。


----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

タグ:
by jun-arch | 2015-05-06 07:00 | リノベーション・リフォーム