人気ブログランキング |

設計者の拘りとして、木目風、タイル調といった○○風、○○調の疑似的な素材を出来るだけ使わないようにしています。
しかし、建売住宅やハウスメーカーなど、そんな疑似的な製品で全て構成されている印象です。

 外壁はレンガ調
 玄関ドアは木目
 フローリングもまた木目
 キッチンやお風呂などの住宅設備機器が、これまた木目だったり、石目調だったり。。。

○○、○○調ばかりで日本の住まいが仕上げられています。

日本ではそういった製品で溢れかえっています。
建材メーカーなど、高い技術力や資本力を使って、如何に本物に似せるかというプリント技術に精を出しているように見えます^_^;

最近では樹脂サッシまで、外部内部共に木目調の商品を出しています。
そんなことに時間や技術力を使うのなら、高性能サッシをもっとコストダウンして、世界から遅れをとっている日本の住宅の断熱性能向上のため、もっと尽力してほしい、、、なんて思ってしまいます。

なぜ、設計者として、○○風、○○調を使いたくはないのか?
それは次の3つが大きな理由です。


 1.素材を素材のまま使いたい

 2.住むほどに味が出てくる住まいにするため

 3.メーカーの都合で廃盤になる



1.素材を素材のまま使いたい

○○風、○○調でつくられた建物は、写真としては綺麗に見えるかもしれません。
例えてみると、安価に作られた装飾的なラブホテルのような美しさ、のいう感じです。
また、今の日本の街並みもそういった外壁で作られたものになっています。

○○風、○○調といった疑似的な、嘘で表面を取り繕ったもので、住まいをつくっても、本当の居心地の良さや快適と感じられる空間にはならないし、日本の街並みも美しくなっていかないと思っています。


2.住むほどに味が出てくる住まいにするため

プリントされたもので作られた家は、出来た時が一番綺麗です。
しかし、所詮はプリントなので、時間が経てば傷ついたり、劣化してみすぼらしくなっていきます。
自然の素材であれば、経年変化により、味わいが出てきます。
フローリングなど、汚れ過ぎたら、表面を0.5㎜ほど削れば新品同様です。
プリントが貼られたフローリングは、表面が剥がれれば、それでお終いです。

3.メーカーの都合で廃盤になる

リフォームなどで、外壁を部分的に張り替えていて、色だけ似せているのを見たことはありませんか?
それはメーカーが、メーカーの都合で、商品の入れ替えを頻繁に行っているからです。
もし新築後10年ほどして、外壁が部分的に傷んだ時、同じものを発注しようとしても、同じ柄や色合いがないのが普通です。
そのため、柄が似たような外壁材を張って、塗装屋さんが苦労して、似たような色に調合して、塗装しています。
でも、つぎはぎになっているのは一目瞭然です。
住む人にとっては何十年も住み続けなければいけないのに、メーカーの都合で、つぎはぎのような家になるなんて、不条理なことだと感じています。

と偉そうなことを書いていますが、加藤淳 一級建築士事務所が、すべて素材のままで建築を作っているわけではありません。
例えば、自然素材だけで住まいを造ろうとしても、どうしてもコストが高くなってしまいます。
合板や突板だったり、場合によっては既製品なども使ったりしています。
合板や突板であれば、表面に本物の木が貼られているので、経年変化で味がでてきます。
木目を活かすような塗装をすることにより、様々な表情も見せてくれます。

その他の建材や外壁材なども市場に流通してている、普遍性の高いもの、そして出来るだけシンプルなものを多用しています。


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2019-07-02 10:09 | コラム | Comments(0)

今年の4月のお引き渡しした木崎の家に、Ag-工務店の渡部さんとメンテナンスと点検に行って来ました。
住んでからも造り続ける 木崎の家_b0349892_07433333.jpg
ご主人が、お引き渡し後に施工した玄関ポーチ☆
大谷石と、白いスロープ。
味のある使い込まれた大谷石が、白いスロープと白い目地によって引き立たせてられています。
大谷石の優しい素材感がたまりません。

左官職人のご主人が、引き渡し後にコツコツを外構工事をしています。
住んでからも造り続ける 木崎の家_b0349892_07192987.jpg
いろいろと試行錯誤して、最後に白いスロープになった、とのこと。
最近、仕上がったようです。
手仕事の跡が見えて、とても良い感じでした☆

住んでからも造り続ける 木崎の家_b0349892_07193277.jpg
これから、南側の庭を工事して、最後に道路側のコンクリート土間を打つ予定、とのこと。
土間仕上げもアレコレと考えているようで、まだまだ先になりそうです。
でも、このアレコレと考えるのも、ものづくりをしている人にとっては、楽しい時間なんですよね(^^)

住んでからもつくり続ける、ってとても贅沢な愉しみだと思います。

最近お引き渡ししたオーナーから、「これで家づくりが終わりなんですね。ちょっと寂しいです」とメールをいただきました。
家づくりには、オーナーも作り手もパワーが必要です。
大変なぶん、少しづつ出来ていく我が家を見ると、喜びと楽しみが倍増するのかもしれません。

ハーフビルドやDIYの要素を家づくりに取り入れると、その楽しさを持続できます(^^)
私も、新築時に家具類を出来るだけ作らずに、生活に合わせて、いろいろとDIYしてきました。
自分でつくると、愛着も湧きます☆
失敗も多いですが、それも愛嬌となって、我が家への愛着が増すのです。
また同時に、もの作りの大変さを知り、綺麗に仕上げてくれる職人さんを心の底から尊敬してしまいます。

ちょっと生活に不便なところがありますが、未完であることは、アレコレ考えたり、出来た時の喜びを何度も味わえたり、と生活に彩りを与えてくれる気がします。

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2018-10-08 10:50 | 木崎の家 新潟市北区 | Comments(0)

堀之内の家、ビフォーアフターの続きです。
堀之内の家リノベーション ビフォーアフター2_b0349892_10101497.jpg

台所を、和室にしました。


↓↓↓ビフォ―↓↓↓
堀之内の家リノベーション ビフォーアフター2_b0349892_09085635.jpg
↑↑↑ビフォ―↑↑↑


↓↓↓アフター↓↓↓
堀之内の家リノベーション ビフォーアフター2_b0349892_09090858.jpg
↑↑↑アフター↑↑↑

↓↓↓ビフォ―↓↓↓
堀之内の家リノベーション ビフォーアフター2_b0349892_09092088.jpg
↑↑↑ビフォ―↑↑↑

↓↓↓アフター↓↓↓
堀之内の家リノベーション ビフォーアフター2_b0349892_09090334.jpg
↑↑↑アフター↑↑↑
新しい和室は、ダイニングキッチンの脇にあります。
明るいダイニングキッチンと居間に比べて、西日の当たる和室は、開口部を小さくして、落ち着きのある空間にしています。


2階の和室を洋室に変更。
↓↓↓ビフォ―↓↓↓
堀之内の家リノベーション ビフォーアフター2_b0349892_09102088.jpg
↑↑↑ビフォ―↑↑↑

↓↓↓アフター↓↓↓
堀之内の家リノベーション ビフォーアフター2_b0349892_09102796.jpg
↑↑↑アフター↑↑↑
押入の襖戸を再利用し、壁と同じ和紙に張り替えています。

最後に外観を。

↓↓↓ビフォ―↓↓↓
堀之内の家リノベーション ビフォーアフター2_b0349892_09572820.jpg
↑↑↑ビフォ―↑↑↑

↓↓↓アフター↓↓↓
堀之内の家リノベーション ビフォーアフター2_b0349892_09573421.jpg
↑↑↑アフター↑↑↑
外壁を剥がし、耐力壁を増やしています。
屋根をセメント瓦葺きからガルバリウム鋼板葺きに変更し、耐震性もアップしています。
今回は、新潟市の耐震改修の補助事業を利用させていただきました。
2年前の耐震診断から始まり、ここまで来ました。


リノベーション工事の醍醐味として、もともとあったものの価値を見出すこと。
詳しくは、ホームページのコラム08「価値の再発見~リノベーションのすすめ~」を読んでみてください。

そんなリノベーションの醍醐味、という写真を何枚かご紹介します。

小屋裏で見えなかった小屋梁の一部を表しています。
堀之内の家リノベーション ビフォーアフター2_b0349892_09105465.jpg

↓↓↓ビフォ―↓↓↓
堀之内の家リノベーション ビフォーアフター2_b0349892_09282870.jpg
↑ビフォー↑
リノベーション前の小屋裏写真です。

樹皮がついたまま小屋梁として使われていたのですが、その樹皮の内側に虫喰い跡がありました。
その喰い跡がちょっと気持ち悪かったので、大工さんに削ってもらい、上の写真のような状態に。

削るのに「二日もかかった」と、大工のMさんに恨み節で言われました💦
Mさん、本当にほんっとうに、ありがとうございますm(_ _)m


堀之内の家でも、古い建具を再利用しています。
堀之内の家リノベーション ビフォーアフター2_b0349892_09145549.jpg

正面が、古い襖戸の再利用。右側が、新しい障子戸です。
新旧ならんでいるのに、違和感は少ないです。
良い素材を使かわれていたからでしょうね。
新しい建具も、経年変化によって味わいが出てくるのが楽しみです。
堀之内の家リノベーション ビフォーアフター2_b0349892_09111120.jpg
玄関奥の納戸に硝子戸を再利用しました。
堀之内の家リノベーション ビフォーアフター2_b0349892_09122040.jpg
昭和の香りがします(^^)

堀之内の家リノベーション ビフォーアフター2_b0349892_09120115.jpg
ポーチ脇のタイルも残しました。
こちらも昭和の香りが。。。

でも、お洒落なカフェなんかに使われていても、おかしくない感じです。
古いけど、ちょっと新しいような。
周回遅れなのに、トップにいるような⁉

せっかく、古くて良いものがあるのに、全て新調してしまっては、もったいない。
住んでいる人は意外と気が付かないようなものでも、他の人から見ると、その価値に気づいたりすることもあります。

安易に建て替えを考えている方も、リノベーションという選択肢を残しておいても良いかもしれません。
迷っている方は、ぜひ加藤淳 一級建築士事務所へ、お気軽にご相談ください。

リノベーションのメリットやデメリットなどなど、いろいろとお話しできると思います☆

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2018-05-14 10:10 | リノベーション・リフォーム | Comments(0)

昨年末、新潟のハウスメーカー、アサヒアレックスさんから設計依頼を頂きました。

アサヒアレックスグループ、フタバ建設の北入蔵モデルです。
コラボワークス 北入蔵モデルハウス_b0349892_00313665.jpg

コラボワークス 北入蔵モデルハウス_b0349892_00314487.jpg
アサヒアレックスさんから
「自然素材を使いながら、スッキリとしたデザイン性を持って設計してほしい」
という要望がありました。
今後、新たなブランドとして展開できるようなものを考えているようです。

加藤淳 一級建築士事務所では、その自然素材の要望に加え、ぐるぐる廻れる家事導線を提案しましまた。
なおかつコンパクトでありながらも、広がりや開放感を感じられるように様々な工夫を施しています。
コラボワークス 北入蔵モデルハウス_b0349892_00402571.jpg
初期のラフプランです。
約40坪の敷地を有効利用して計画しています。
延床面積は、約28坪ですが、その面積以上の広がり感や回遊性の面白さを体感できると思います。

その回遊性ですが、キッチンの周りだけでなく、
玄関←→SCL←→食品庫←→LDK
LDK←→サニタリー←→デッキ

などなど、家の中をぐるぐる廻れます☆


北入蔵モデルの広がり感を出すための、開口部を工夫しています。
南側の隣地は、現地点では空き地ですが、分譲地なので数ヶ月後には、確実に家が建ちます。
その家の裏側をみながら生活するのも面白くない、というかイヤなので、東南側、南西側に開口を絞っています。

東南から南西へ、弧を描くような抜け感が、広がり感を演出しています。

コラボワークス 北入蔵モデルハウス_b0349892_00315530.jpg
外観はスッキリと。
ゴールデンウイーク後に外構工事が始まる予定です。

北入蔵モデルの設計コンセプトで木塀や植栽なども重要な要素の一つなので、どのように仕上がってくるか、とても楽しみです(^^)

コラボワークスでは、依頼していただいた工務店さんの特徴や要望を活かせるような提案を心掛けています。
ハウスメーカーからの依頼は初めてでした。
基本的な設計と構造計算のみの依頼で、設計監理は無かったですが、現場担当者がこちらの設計意図を理解しようと、何度か連絡があり、材料の選定や現場での打合せなど何回か出来ました。

アサヒアレックスグループのフタバ建設さんの工場には、豊富な木材があり、それらを見ながら、材料を決めたり、設計を詰める作業はとても楽しかったです(^^)
その素材感を活かせる設計を心掛けました。

外構工事はまだですが、ゴールデンウイーク中に建物を見学できるようです。
気になる方は、下記をチェックしてみてください。
完成見学会&現地即売会in三条市

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2018-04-29 12:10 | コラボワークス | Comments(0)

造り付けキッチン

加藤淳一級建築士事務所では、既製品の洗面台や建具、複合フローリングの床はあまり提案しません。
それらには、耐久性の高さや、クセのない安定した品質という利点がありますが、私は、家は住まい手の心を満たすものであるべきと考えているためです。
そのため、味わいや表情のある造作の家具や建具、無垢の床などを提案しています。

場合によっては、オリジナルの造り付けキッチンを提案することもあります。

コラボワークの「善久の家」のキッチンです。
料理が趣味でもあり、仕事でもある奥様の要望を叶えるには、既製品のキッチンで合うものはなく、造り付けをご提案しました。
造り付けキッチン_b0349892_09140672.jpg
ダイニングテーブルと一体となったキッチンです。

造り付けキッチン_b0349892_09142908.jpg
キッチンの背面もキッチンに合わせてデザインしています。

造り付けキッチン_b0349892_09143254.jpg
ロフトからキッチンダイニングをみる。

造り付けキッチン_b0349892_09143405.jpg
提案時のイメージパース。
この図をもとに、オーナーとキッチンの詳細を詰めていきました。 

キッチンの詳細とは、どんなものか?

その詳細の一部の例として、
・天板をステンレスにするか、人工大理石にするか?
・水栓金具、コンロやレンジフードの種類は?
・色や素材はどうするか?
・扉にするか、引き出しにするか?どんな金物にするか?
・キッチンとダイニングテーブルをフラットにするか、少し段差を設けるか?
などなど。

この他にも、まだまだあります。
キッチンで決めることは多岐にわたり、労力や経験が必要ですが、立体的な絵があると、そういった打合せもスムーズです(^^)

関屋大川前の家のキッチン。
造り付けキッチン_b0349892_09205778.jpg
こちらはL型のキッチンです。
キッチンの下はオープンにして、ごみ箱やキャスター付の棚などが置け、オーナーの使い勝手により自由にアレンジできます。
造り付けキッチン_b0349892_09211544.jpg
シンクの前と脇に棚を設けています。
造り付けキッチン_b0349892_09212069.jpg
ダイニングからキッチンをみる。
ダイニングからは、キッチンのごちゃっとした感じが見えないように工夫しました。
棚の裏にマガジンラックを設けいます。

中木戸の家
リノベーションのキッチン例です。

造り付けキッチン_b0349892_09264473.jpg

造り付けキッチン_b0349892_09264909.jpg
実はもともとあった、アパートによくあるようなセパレート式のキッチンを天板とシンクだけ新しくして再利用しています。

扉も再利用し、内部の仕上げ材に使った材料を張り付け、インテリアとしても統一感を出しています☆


さて、造り付けのキッチンのコストですが、素材、コンロやレンジフードの種類により、既製品のキッチンより安く出来ることもあります。
それでも、ショールームへ行って、既製品のキッチンを見ると、痒い所に手が届く感じで、使い勝手やメンテナンス性が良さそうだなぁ、とつい感心してしまいます。

既製品のキッチンも悪くない。
けれど、自分仕様のキッチンの方が愛着が持てるし、やっぱり好きだなぁ、とも思っています(^^)



----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

by jun-arch | 2017-02-08 10:01 | コラム | Comments(0)

坂井砂山の家、内部のタイル張り工事です。

リビング壁一面を収納を含めた一体的な家具のような雰囲気にするため、TVの裏面にセラミックタイルを張りました。

タイル張り 坂井砂山の家_b0349892_16261091.jpg
タイル張り 坂井砂山の家_b0349892_16241982.jpg
窓の右側の壁一面がそうです。

床の養生を今すぐ剥がして全体を見てみたい衝動に駆られます^_^;

タイル張り 坂井砂山の家_b0349892_16264957.jpg
キッチンも同じような雰囲気にトータルコーディネイトしています。
既製品のシステムキッチンですが、キッチンの天板がセラミック製でした。
そこで、コンロ側の壁もキッチンの天板に合わせて、セラミック製のタイルにしました。
タイル張り 坂井砂山の家_b0349892_16331307.jpg
コンロ側の壁がセラミック製のタイルです。キッチンとタイルのメーカーが違ったので、雰囲気が合うか、少し心配だったのですが、このために誂えたかのようにピッタリ合いました(^^)

写真では分かりづらいのですが、質感がとても良いです。
コンロ側の壁はキッチンパネルが一般的ですが、タイル張りにして良かったです。

タイル張り 坂井砂山の家_b0349892_16242446.jpg
ベテランのタイル職人が、寸法を合わせながら、綺麗に張り上げていきます。
タイル張り 坂井砂山の家_b0349892_16272065.jpg
洗面所のタイルはこんな感じに。
清潔感が出て良い感じです。

タイルや壁一面の色を変えたりするのが流行っているように思いますが、全体的な雰囲気を損なわず、うまくまとめるのは、意外に難しかったりします。

坂井砂山の家では、タイルにオーナーの拘りもあり、サンプルだけではなく、実際にイメージの湧く資料をつくって、オーナーと何度も打合せした。

全体的にうまくまとまって少しホッとしています☆

12月23日の一日のみ、工務店さんがオープンハウスを行います。
大々的には広告をうたないようなので、ご興味のある方はぜひご連絡ください。

よろしくお願い致します。


by jun-arch | 2016-12-15 16:50 | 阪井砂山の家 新潟市西区 | Comments(0)

壁や天井に、よく和紙張りをおススメしています。
和紙の自然な風合いが好きだからです。
素朴な素材感が、何とも言えない優しい空間にしてくれます。

そして何よりもコストパフォーマンスが良いです。
和紙の種類や、和紙張りが慣れた職人さんであれば、ビニルクロス相当のコストで施工できます。

リビングや寝室には、予算に少し余裕があれば、漆喰や珪藻土塗りもおススメしています。

主なデメリットは、汚れてもビニルクロスのように拭けないことでしょうか。
子どもに落書きされるとアウトです^_^;

私は自然の風合いが良い土佐和紙や福井の越前和紙をよく使っています。
土佐和紙は剥がせないので、十数年して、模様替えするときは、上に増し張りしていきます。


和紙張りのやさしい雰囲気_b0349892_15315595.jpg
写真提供:Daily Lives Niigata
和紙にもたくさん種類があり、産地や、漉くときに入れるスサによって、それぞれ表情が異なります。

和紙張りのやさしい雰囲気_b0349892_15315937.jpg
写真提供:Daily Lives Niigata
部屋の全体写真だと、その素材感が表せないのが残念なところです。

----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

by jun-arch | 2016-09-05 15:52 | 江南の家 新潟市江南区 | Comments(0)

キッチンの壁板と縁側

三仏生の家、大詰めです。

今回、キッチンの壁板は桐材です。

キッチンの壁板と縁側_b0349892_06315621.jpg
良い感じです(^^)
ワックスを塗るとまた違った雰囲気になってきます。
フローリングが桐なので、キッチンの壁も合わせました。

キッチンの壁板と縁側_b0349892_06315782.jpg
リビングに面した縁側を造作中。

キッチンの壁板と縁側_b0349892_06315791.jpg
雪が多い地域のため、縁側を通常より高さがあります。
その高さを利用して、縁側の下はタイヤや外道具などの収納スペースになります☆


----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

by jun-arch | 2016-08-22 06:46 | 三仏生の家 新潟県小千谷市 | Comments(0)

造り付けのキッチン

関屋の家の造り付けキッチンです。

キッチンとカップボードを内装に合わせて、デザインしました。
扉は、藁を圧縮したボードです。
水廻りなので、「藁は冒険かな」と思ったのですが、3年目の今もあまり変わりません。
造り付けのキッチン_b0349892_11560495.jpg
北東側からの安定した光を取り入れています。
家族全員が見渡せ、子どもも料理に参加しやすくしてあります。


造り付けのキッチン_b0349892_11560399.jpg
居間からキッチンをみる


造り付けのキッチン_b0349892_11560257.jpg
キッチンから居間とその奥の畳スペースをみる


造り付けのキッチン_b0349892_11560391.jpg
夕食時の雰囲気



----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

by jun-arch | 2015-11-19 12:03 | 関屋大川前の家 新潟市中央区 | Comments(0)

東京都町田市、住宅密集地に建つ二世帯住宅の内観写真です。

メンテナンスの重要性 11年目の二世帯住宅_b0349892_08422410.jpg
二世帯が集うリビング・ダイニング・キッチン


メンテナンスの重要性 11年目の二世帯住宅_b0349892_08423921.jpg
子世帯が使う2階ホール

メンテナンスの重要性 11年目の二世帯住宅_b0349892_08425694.jpg
開放感のある階段室

メンテナンスの重要性 11年目の二世帯住宅_b0349892_08431388.jpg
2階ホールから階段室をみる
メンテナンスの重要性 11年目の二世帯住宅_b0349892_08432847.jpg
子ども部屋
メンテナンスの重要性 11年目の二世帯住宅_b0349892_08475570.jpg
玄関

メンテナンスの重要性 11年目の二世帯住宅_b0349892_08435304.jpg
階段ホールからアプローチをみる。


内部の壁は構造の柱をあらわす真壁作りに、天井や屋根裏等、出来るだけ構造が隠れないようにしました。
それらの木材が経年変化し味わい深い色になっていて、白壁とのコントラストがなんとも言えません。
自分の家でもないのに、心が落ち着きます(^^)

Ia邸は私の姉が嫁いだ家なのですが、内部、外部ともに木製建具を多用していて、そのメンテナンスに立会いました。
自然素材ゆえのデメリットはこうしたメンテナンスにかかっています。
私が在籍していた芳賀沼製作はりゅうウッドスタジオはその重要性を私に教えてくれました。
そして今でも実践していて、10年を過ぎても、今回のように対応していただきました。

既製品を多用したつるつるピカピカの建物は建てた時が一番綺麗で、年が経つとただ古くなるだけ家と異なり、無垢の木を使った家は、年が経てば経つほど、味わい深くなっていきます。

デメリット以上の本当の生活の豊かさのようなものを再実感できた訪問でした(^^)

------家づくりをたのしむ、人生をたのしむ------
【子育てする木のいえ】加藤淳一級建築士事務所
(ホームページ:2015年2月本格始動)
---------------------------------------------


タグ:
by jun-arch | 2014-09-25 03:00 | 町田の家 東京都町田市