人気ブログランキング |

竣工写真 金沢町の家2

金沢町の家2の竣工写真です。

竣工写真 金沢町の家2_b0349892_17493281.jpg
ロフトから、リビングダイニングを見下ろす



竣工写真 金沢町の家2_b0349892_17495534.jpg
リビングダイニングから菜園をみる



竣工写真 金沢町の家2_b0349892_17512148.jpg
ウッドデッキと菜園



竣工写真 金沢町の家2_b0349892_17505453.jpg
ウッドデッキに菜園で採れた柿が吊るしてありました(^^)



竣工写真 金沢町の家2_b0349892_17531328.jpg
ロフトまで抜け感のあるリビングダイニング



竣工写真 金沢町の家2_b0349892_17501074.jpg
壁紙は和紙張りです。
和紙の柔らかな風合いに、ふんわりとした光が差し込んでいます。


竣工写真 金沢町の家2_b0349892_17511704.jpg
キッチンから菜園をみる
キッチンに大きな窓を設け、ここからも菜園を目で愉しみます。


竣工写真 金沢町の家2_b0349892_17533209.jpg
玄関の手摺



竣工写真 金沢町の家2_b0349892_17534214.jpg
握りやすいです(^^)



竣工写真 金沢町の家2_b0349892_17535006.jpg
玄関ホール
左はトイレの前室。奥はサニタリーです。


竣工写真 金沢町の家2_b0349892_17535751.jpg
洗面台は造作です。
陶器はTOTOのSK7。
実験用流しなのですが、とてもシンプルで、シンクの幅も広く使いやすいです。
水洗金物はリクシルのSF-16-13。
レバーが可愛らしく、コップを掛けたりできます。


竣工写真 金沢町の家2_b0349892_08402480.jpg
玄関から、キッチンをみる
玄関→玄関収納→キッチンへの家事導線があり、回遊性があります。


竣工写真 金沢町の家2_b0349892_08403267.jpg
←キッチン 玄関→
大容量の玄関収納です。靴や、その他の収納棚も充実しています。


竣工写真 金沢町の家2_b0349892_17520869.jpg
菜園から建物をみる
菜園側からみると、とても小さな建物にみえますが、内部は広がり感があります☆

写真:Daily Lives Niigata


金沢町の家2のオーナーは50代のご夫婦です。
とても落ち着いた雰囲気の住まいになりました☆

オーナーは、現在、他県に住まわれていますが、ここに本格的に住み始めるのは1年後くらいになりそうです。
そのため、まだ家具などが入っていません。

実際に住み始めてから、住まいの様子なども、ご紹介できたらと思っています。


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2019-11-29 08:46 | 新築・改築 | Comments(0)

奈良三郷町の家、写真家の星野裕也さんに撮影していただきました。

竣工写真 奈良三郷町の家_b0349892_08143464.jpg
写真は北庭のウッドデッキ

竣工写真 奈良三郷町の家_b0349892_08150289.jpg
道路側からのファサード
木塀の場所が南庭。
奈良三郷町の家は、居間から南庭と北庭が愉しめるプランになっています。

竣工写真 奈良三郷町の家_b0349892_08344821.jpg
提案時のプラン


竣工写真 奈良三郷町の家_b0349892_08162060.jpg
居間
←左が北庭 右が南庭→


竣工写真 奈良三郷町の家_b0349892_08252813.jpg
居間から北庭をみる


竣工写真 奈良三郷町の家_b0349892_08164344.jpg
居間と吹抜
右側にちらりと見えるのが南庭。
吹抜上部の採光により、階段から放射状に陰影ができます。

竣工写真 奈良三郷町の家_b0349892_08170360.jpg
階段か1階の居間と、中二階をみる
竣工写真 奈良三郷町の家_b0349892_09171088.jpg
居間からも、中二階からも北庭が愉しめます


竣工写真 奈良三郷町の家_b0349892_08173282.jpg
中二階から
南からの採光


竣工写真 奈良三郷町の家_b0349892_08180916.jpg
中二階から2階をみる
正面のニッチの壁はなんとオーナーの制作したヘリンボーン!
大工さんに上手に設えてもらいました。



竣工写真 奈良三郷町の家_b0349892_08264692.jpg
寝室
奈良三郷町の家は、緩やかな傾斜地の中腹にあり、寝室からは南東への抜け感のある景色がありました。
あえて南側に窓を設けず、景色の良い、東面に設けています。
窓の外側にみえるのは、木製の布団干し。


竣工写真 奈良三郷町の家_b0349892_08270902.jpg
サニタリー
窓から、北庭のウッドデッキに出られます。
洗面化粧台は定番の造作。
物干しのバーをステンレスではなく、ホームセンターで売っている黒竹を使いました(^^)
安価でとても丈夫です☆
雰囲気もGood。
自宅でも、もう6年も使っているのですが、まったく問題なしです☆



竣工写真 奈良三郷町の家_b0349892_08265948.jpg
階段も造作
階段やフローリングなど、内部の木部はオーナー自ら塗装しました☆


竣工写真 奈良三郷町の家_b0349892_08272378.jpg
ポーチの斜め壁
斜めの理由については、下記記事から。
「斜め壁の理由」←クリック(過去のブログです)

竣工写真 奈良三郷町の家_b0349892_08273587.jpg
ポーチの床はシンプルにモルタルの刷毛引き仕上げ

竣工写真 奈良三郷町の家_b0349892_08274987.jpg
日が沈むころの外観写真

竣工写真 奈良三郷町の家_b0349892_08275953.jpg
北庭の夕景



□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2019-08-29 09:20 | 新築・改築 | Comments(0)

竣工写真 荻曽根の家

4月に竣工した新潟市江南区「荻曽根の家」の竣工写真です。

竣工写真 荻曽根の家_b0349892_06324149.jpg
道路側のファサード、外観。
白いシンプルな板張りの下屋が外観のアクセントになっています。

竣工写真 荻曽根の家_b0349892_06331952.jpg
竣工写真 荻曽根の家_b0349892_06342317.jpg
竣工写真 荻曽根の家_b0349892_08352511.jpg
程よい開放感のあるLDK

オーナーから、大きな吹抜空間のご要望がありました。

2階の天井までの吹抜にすると、敷地条件から2階の諸室を確保することができませんでした。

そのため、
1階の床を少し下げて、
2階の一部の床を少し上げて、
どーんっとした大空間ではなく、天井高さを抑えた程よい吹抜空間をつくっています。

吹抜空間の程よい高さ、広がり感の感じられるプラン、光の入り方や材質などなど、
上品な感じにまとまりました。

道路と敷地のレベル差は約40㎝でした。
そうすると道路から床面までの高さの差が約1mになってしまい、通常ですと、ポーチに何段も階段を作ります。
ここではそれをせずに、家の中で上がるようにして敷地高低差の問題を解消しました。

下がっている床面は道路面に合わせ、
上がっているところは、敷地の高さに合わせています。

段差の部分に腰掛けたり、
下がった部分に座ったり、
段差に凭れ掛かったり、
と思い思いの居場所をつくりました。

この段差は、居心地の良い居場所をつくる仕掛けのような役割も果たしています。
竣工写真 荻曽根の家_b0349892_08454976.jpg
吹抜の上に小さな窓があるのですが、寝室と2階ホールにつながっています。
冬の暖気を上げたり、通風したりするためのものです。


竣工写真 荻曽根の家_b0349892_06361851.jpg
和室からLDKをみる
「LDKの段差部分に籠か何かで子どもの玩具なんかも置けたら良いね」
とオーナーと打合せしながら詰めていきました。

竣工写真 荻曽根の家_b0349892_08372910.jpg
左側が自然光、右側が間接照明を付けた写真です。


竣工写真 荻曽根の家_b0349892_06364884.jpg
ダイニングからウッドデッキをみる

この敷地で、唯一光が入り、景色の良い場所にウッドデッキを設けました。
屋根があり、木塀で囲っているので、第二のリビングのような雰囲気もあります。
憧れだけでウッドデッキをつくっても、使われていないケースを良く見ます。
荻曽根の家では、日常的に、気軽に使われるウッドデッキになるように工夫しました。

竣工写真 荻曽根の家_b0349892_06351651.jpg
2階寝室の小上り
小上りのところの開口は、LDKとつながっています。
冬のLDKの暖気を上げたり、通風したり、家族の気配を感じたり。

竣工写真 荻曽根の家_b0349892_06355215.jpg
小上りから
天井の高さが抑えられ、程良い空間です(^^)

竣工写真 荻曽根の家_b0349892_08405665.jpg
竣工写真 荻曽根の家_b0349892_08410038.jpg
写真はDaily Lives Niigata の鈴木さんです☆


この見学会で、建築関連の仕事をしている目の肥えた方に、
「写真の印象よりも、実際の方が良いですね!とても落ち着く雰囲気です」
と言われました。
同じようなことを、他の来場者からも言っていただきました。

私が撮った写真を使ってブログで告知していたので、
「私の写真の腕が悪いのかな💦」と思わないでもないのですが、とても嬉しいお言葉でした(^^)

スタイリッシュだから、
インパクトがあるから、
流行っているから、
というのではなく、10年、20年先も飽きの来ない、居心地の良い空間になれば良いな、と考えています。
突き詰めいった結果、スタイリッシュだったりしてしまうことはありますが、、、

なんとなく、肩の力が抜ける、
なんとなく、落ち着く、
なんとなく、居心地が良い、
というような住まいが出来たら良いな、というような気持ちで設計しています。

でもこの「なんとなく」というのが、とても難しい💦
計算だけでは出来ないし、ましてや机に向かっているだけでも生まれません。

ある建築家が、
「自分でみたもの以上のものは設計できない」
というようなことを言っていました。

良い建物をたくさんみて体感し、日々研鑽を積んで、より良い住まいを造っていきたいと思っています。


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2019-06-18 09:35 | 新築・改築 | Comments(2)

上大川前通の家、竣工写真です。

竣工写真 上大川前通の家_b0349892_10221797.jpg
上大川前通の家は、3世代が住む都市型住宅です。

「住宅密集地の限られた敷地内で、居心地の良いスペースを如何につくるか」

をコンセプトに設計を進めました。

1Fには家族全員のLDKと親世帯の部屋があり、2階は子世帯専用です。
子世帯のお子さんも大学へ進学しているので、家族全員がそれぞれのライフスタイルで生活しています。

そのため、それぞれの居場所(居心地の良い場所)を如何に設けるか、ということに主眼をおいてプランニングしました。
竣工写真 上大川前通の家_b0349892_10324568.jpg
2階の子世帯用のリビングです。
屋根勾配をそのまま天井にして開放感のある空間にしています。

ソファを置いて寛げるスペースにしました。
階段下にお手持ちのデスクを置く予定で、それに合わせて、照明やLAN配線をしてあります。
右奥の明るいところが、南西側に面した物干しスペースです。

フローリングは沼垂テラスのアンドウッドさんのバーチです。
無垢の積層フローリングで、バーチ材が表面に使われています。
表面の無垢材の下地に合板を使っている製品も多いのですが、アンドウッドさんの特徴として、その下地材にも拘りを持っています。
いろいろと試行錯誤した結果、現在ではユーカリとポプラの無垢材を繊維方向に直行するように張り合わせている、とのことでした。
床暖房にも対応しているので、無垢材でありながら、高い機能性も備えられたフローリングです☆

「関屋下川原の家」の床と同じなのですが、加藤淳一級建築士事務所の定番フローリングになりそうです。

竣工写真 上大川前通の家_b0349892_10363352.jpg

洗濯物を干して、窓を開けて出掛けられるように、床はFRP防水にしました。
外側には、布団も干せるバーを設けています。
洗濯用のパイプ掛けをアレンジして、パイプを増やしたり、位置を変えられるように工夫してあります。
2階居間にも近接しているので、冬場の乾燥対策にもバッチリで、洗濯物もよく乾きます。
一石二鳥☆


階段を上がるとロフトになっています。
竣工写真 上大川前通の家_b0349892_10395939.jpg
ロフト収納。
3世代分の持ち物をタップリ収納出来ます☆

竣工写真 上大川前通の家_b0349892_10410486.jpg
2階の寝室。
エアコンの室外機をエアコンの取付面に設置できなかったため、ダクトスペースを設けています。
メンテナンスを考慮して、取り外せるようにしていて、尚且つ部屋のちょっとしたアクセントにもなっています。

竣工写真 上大川前通の家_b0349892_10432017.jpg
家族全員の共用のLDKです。
床はオーク材。
黒い節や木目が、良い表情を出しています。
こちらもアンドウッドさんのフローリングです。

竣工写真 上大川前通の家_b0349892_10565211.jpg
ダイニングスペース。
家具はISANAさんのオーダー家具です。
キッチンカウンターに合わせて、デザインしていただきました。

竣工写真 上大川前通の家_b0349892_10582504.jpg
ダイニングテーブルの椅子もISANAさんのオリジナル商品です。
家具が良いと空間も引き立ちます(^^)

竣工写真 上大川前通の家_b0349892_11000780.jpg

カウンターの一部をパソコンスペースにしています。
家族全員と空間を共有しながら、趣味のスペースも。

他にも良い写真が多いので、近日中にホームページにも写真をアップしたいと思います☆

写真:Daily Lives Niigata
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2019-01-14 11:19 | 新築・改築 | Comments(0)

関屋下川原の家、竣工写真です。
竣工写真 関屋下川原の家_b0349892_09284835.jpg
関屋下川原の家は、長方形になりがちなLDKを雁行させることにより、実面積以上の広がりを感じさせる住まいです。
竣工写真 関屋下川原の家_b0349892_09431050.jpg
LDKのコンセプト図です。
視線の距離が延びるため、広がり感が出ます。



竣工写真 関屋下川原の家_b0349892_10123804.jpg

さらに、ダイニングに小さな吹抜を設けました。
一部を小さな吹抜にして、視線の抜け感をつくっています。
水平方向に加え、立体方向での広がり感も加えています。

竣工写真 関屋下川原の家_b0349892_09291795.jpg
竣工写真 関屋下川原の家_b0349892_09292439.jpg
テーブルを置く、ダイニングスペースです。
プランを雁行させたことにより、コーナーの部分が出来ます。
そこが、すわりが良い、というか、空間の溜まりになって何となく落ち着く居場所になります。

居心地の良さを出すために、コーナー部分は、あえて開かない窓(FIX窓)にして、既製品のサッシを使いませんでした。
サッシの枠材が無いので、スッキリとした窓廻りです。
壁のシナ合板が、床のバーチフローリングと調和していています。

竣工写真 関屋下川原の家_b0349892_09294690.jpg
玄関。
奥にシューズクロークがあります。
引違い扉で、隠せる収納です。


竣工写真 関屋下川原の家_b0349892_09295181.jpg
扉の上と下が空いていて、シューズクロークに湿気が籠らないようにしています。
空けているのは、玄関側から光を採り入れる理由もあります。
一石二鳥(^^)

竣工写真 関屋下川原の家_b0349892_09295737.jpg
階段スペース。
2階からの自然光が良い感じで降りてきます。
デザインとは呼べないかもしれませんが、こういうの何気ないものを大事にしていきたいなぁ、と考えて設計しています。

竣工写真 関屋下川原の家_b0349892_09300767.jpg
ロフトの書斎スペース。
個人的にこういう場所、大好きです(^^)
テーブルは、施工のAg-工務店 さんからの、オーナーへのプレゼント。

竣工写真 関屋下川原の家_b0349892_09304012.jpg

竣工写真 関屋下川原の家_b0349892_09304672.jpg
日が沈む頃の写真です。
とても暖かみのある空間になりました☆


竣工写真 関屋下川原の家_b0349892_09310008.jpg
奥様こだわりのマリメッコのカーテンシェード☆
オープンハウスでも大好評でした。


竣工写真 関屋下川原の家_b0349892_10014424.jpg
外観の写真。
スッキリとシンプルな外観です。

内部もナチュラルな色調で統一されていて、とても明るい空間になりました。
その色調と、小さな吹抜により、2階よりも暗くなりがちな1階が、とても明るい空間になりました。

また、ここが一番大事なのですが、関屋下川原の家では、耐震性MAXの等級3と、高い省エネ性能を基本として設計されています。

いくら住み心地が良くても、肝心の構造と省エネ性能がシッカリしてなければ意味がありませんっ!
加藤淳一級建築士事務所では、その耐震性と省エネ性能を担保した上で、暮らしやすさや居心地の良さを追求してます。


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □


by jun-arch | 2018-10-04 10:13 | 新築・改築 | Comments(0)

竣工写真 北入蔵モデルハウス_b0349892_06215677.jpg
アサヒアレックスさんとのコラボワークス。
新潟県三条市の北入蔵モデルハウスです。

先日、竣工写真を撮りに行って来ました。


竣工写真 北入蔵モデルハウス_b0349892_06223859.jpg
道路側、外観。


竣工写真 北入蔵モデルハウス_b0349892_06223459.jpg
道路側の庭の他に、敷地奥にプライベート性の高い庭があります。

竣工写真 北入蔵モデルハウス_b0349892_06224478.jpg
室内から見た、南東側の庭
竣工写真 北入蔵モデルハウス_b0349892_06243252.jpg
キッチンから。

竣工写真 北入蔵モデルハウス_b0349892_06233582.jpg
キッチンから見た南西側(敷地奥)の庭。

竣工写真 北入蔵モデルハウス_b0349892_06235482.jpg
南西側の庭は、サニタリーともつながっていて、中干しも外干しも出来ます。
ウッドデッキを介して、LDKとの回遊性もあり、使い勝手が良いです(^^)

竣工写真 北入蔵モデルハウス_b0349892_06430535.jpg
こちらがそのプラン。
ぐるぐると廻れる回遊性に富んだプランになりました☆

3つの回遊性があります。
①赤色:玄関←→シューズクローク←→食品庫←→キッチン
②青色:LDK←→ウッドデッキ←→サニタリー←→階段
③緑色:キッチン周り

竣工写真 北入蔵モデルハウス_b0349892_06441217.jpg
ちょっとピンボケ写真(^_^;)
玄関から、シューズクローク、食品庫が見えます。
食品庫から左へ行くと、キッチンです。

竣工写真 北入蔵モデルハウス_b0349892_07033826.jpg
竣工写真 北入蔵モデルハウス_b0349892_07075090.jpg
キッチン周りもぐるぐる廻れます☆


竣工写真 北入蔵モデルハウス_b0349892_06452576.jpg
南西側に庭がありますが、夏季の西日は直接入らないようにしています。

竣工写真 北入蔵モデルハウス_b0349892_06435848.jpg
居間のスリットから南西側の庭がみえます。


ハウスメーカーでは珍しく、自然素材を多用した住まいです。
床板や梁材は無垢の杉です。
竣工写真 北入蔵モデルハウス_b0349892_06445328.jpg

竣工写真 北入蔵モデルハウス_b0349892_07012842.jpg
特に打合せをしていなかったのですが、玄関框が浮造りになっていました。

効率性が求められる住まいづくりの現場において、こういう大工さんのひと手間をみると嬉しくなります(^^)

竣工写真 北入蔵モデルハウス_b0349892_06461631.jpg
階段はヒノキの無垢板☆


竣工写真 北入蔵モデルハウス_b0349892_06463099.jpg
庭を囲う横格子も杉材です。
ウッドロングエコが塗装されていて、良い感じでした(^^)

ハウスメーカーさんとのコラボワークスは初めてでした。
メーカーさんの基本仕様を取り入れながらも、良い意味でハウスメーカーらしくない建物になったと思います。

庭が出来上がってからは初めて行ったのですが、やっぱり庭がある住まいは良いですね。
暮らしに彩りを添えてくれます(^^)



□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2018-08-06 07:14 | 新築・改築 | Comments(0)

竣工写真 東中島の家

東中島の家、竣工写真です。

竣工写真 東中島の家_b0349892_15531871.jpg
白色の三角屋根に板張りがアクセントになっています。

竣工写真 東中島の家_b0349892_15532538.jpg
南側(道路側)からの採光がメインだったので、カーポートを目隠し代りにしています。
道路まで距離があり、庭とカーポートが道路までのクッションの役割も兼ねているので、幼いお子さんも安全に遊べます(^^)


竣工写真 東中島の家_b0349892_15534374.jpg
隣地に立派なお庭があったので、借景に。
畳スペースにして、ちょっと奥行きを持たせています。
そのことにより、籠り感がでて、同じ空間にいながらも、ほっと落ち着ける居場所になっています。



竣工写真 東中島の家_b0349892_15535849.jpg
キッチンからのリビングダイニングをみる。
窓越しに庭とカーポートが見えます。
木塀で囲っているため、道路からの視線も気になりません。


竣工写真 東中島の家_b0349892_15540706.jpg
奥様こだわりのヘリンボーン(^^)


竣工写真 東中島の家_b0349892_15541572.jpg
ヘリンボーンのテイストに合わせて、玄関からの引戸にチェッカーガラスを使っています☆


竣工写真 東中島の家_b0349892_15542915.jpg
2Fホールの収納。


竣工写真 東中島の家_b0349892_15543586.jpg
2Fホールの廻り込んだところに、ちょっと隠れられる感じの小さな書斎があります。
家族みんなで使います(^^)



竣工写真 東中島の家_b0349892_15550771.jpg
二人姉妹は、共用の収納でつながっています。


竣工写真 東中島の家_b0349892_15551137.jpg
反対から。
共用の収納にエアコンも設置され、子ども部屋を二部屋共、同時に冷暖房☆


竣工写真 東中島の家_b0349892_15555299.jpg
この子ども部屋からの借景☆
開口部は、可能な範囲で、建物と建物の間や抜け感のあるところを狙って配置します☆


竣工写真 東中島の家_b0349892_15560780.jpg
玄関スペース。
正面の下足入れと、奥にも下足棚があり、家族の豊富な100足近くある靴量をカバー☆


竣工写真 東中島の家_b0349892_15533302.jpg
夜景☆

ぐるぐる廻れる家事導線や、おしゃれな洗面カウンター、などなど他にも色々と設計の工夫なんかもあったのですが、今回はここまで。
(というか私のカメラの腕が悪く、良い写真が撮れませんでした^_^;)

住み始めて、少し落ち着いたころ、また撮影させて頂こうと思います。




□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2018-07-25 16:16 | 新築・改築 | Comments(0)

白山浦の家、内部の竣工写真です。
内部竣工写真 白山浦の家_b0349892_06091027.jpg
サンルームと居間。

内部竣工写真 白山浦の家_b0349892_06112868.jpg
ダイニングからキッチン、吹抜をみる。

内部竣工写真 白山浦の家_b0349892_06120590.jpg
居間

内部竣工写真 白山浦の家_b0349892_06182955.jpg
新潟花火がみえるサンルーム。


内部竣工写真 白山浦の家_b0349892_06130339.jpg
玄関。

24坪の狭小地に5人家族の住まいが出来ました。
敷地に制限があっても、どんな小さな住宅でも、住まいは無限の可能性を秘めています。

最近、40坪くらいの敷地でも、とても広く感じられるようになりました(^^)



□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2017-07-11 06:32 | 新築・改築 | Comments(0)

Ag-工務店さんとのコラボワークス、白山浦の家。
竣工写真を撮影しました☆

敷地の間口は6.5m、奥行12m。
約24坪の狭小地に建っています。

白山浦の家 外観竣工写真_b0349892_22381150.jpg

道路と反対側の南面。
建築基準法を上回る耐震基準で計算しつつ、可能な範囲で、大きめに窓をとっています。

右上の大きな開口は、ダイニングと一体となったサンルームです。
この窓から、新潟花火が良く見えます☆

通行する人からは見られない裏側ですが、ヒューマンスケールで良い感じにまとまりました(^^)

白山浦の家 外観竣工写真_b0349892_22373414.jpg
こちらがメインのファサードです(^^)

白山浦の家 外観竣工写真_b0349892_22380353.jpg
道路側は北面であることと、プライバシーの確保から、窓は少な目になりました。
ガルバリウム鋼板と、ウッドシェイクの壁でシンプルにまとめています。

プランや諸条件、光の採り入れ方、風の抜け、構造や建物内の空間構成など、さまざまなことを突き詰めていくと、自然に外観のデザインも整ってきます。
奇をてらったデザインをしようと考えて設計しているわけではありません。

次回、内部の写真をアップしたいと思います!



□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2017-06-22 22:25 | 新築・改築 | Comments(0)

三仏生の家 竣工写真

三仏生(さんぶしょう)の家、内部の竣工写真を撮ってきました。
施工は住まいの町医者、渡部建築さん

3日ほど撮影日を設けていたのですが、残念ながら、どの日も雨模様でした^_^;
それでも内部は照明を付けなくても明るかったです☆


三仏生の家 竣工写真_b0349892_08342291.jpg
キッチンからリビングをみる
視線が、ウッドデッキ、畳コーナーや小吹抜に抜け、床面積以上の広がりを感じられるようにしています。


三仏生の家 竣工写真_b0349892_08342290.jpg
リビングと畳コーナー


三仏生の家 竣工写真_b0349892_08342280.jpg
リビングと畳コーナー


三仏生の家 竣工写真_b0349892_08342332.jpg
畳コーナーからリビングをみる
地窓から庭が見えます。


三仏生の家 竣工写真_b0349892_08342324.jpg
畳コーナー
奥に見えるのは、神棚と飾り棚です。壁の向こうに裏側に階段があります。
階段の裏側のデットスペースを、棚や収納で無駄なく使っています。


三仏生の家 竣工写真_b0349892_08345674.jpg
小吹抜と畳コーナー
3帖の畳コーナー。


三仏生の家 竣工写真_b0349892_08345531.jpg
小吹抜
2階ホールにつながっています。
小吹抜の上は書斎です。
小千谷は寒冷地なので、大きな吹抜を設けませんでした。
それでも開放感を出すために、小さな吹抜と畳スペースにより、リビングに広がりが感じられます。

三仏生の家 竣工写真_b0349892_08345671.jpg
リビングからキッチンをみる
カウンター壁は、フローリングに合わせて桐板を貼っています。

三仏生の家 竣工写真_b0349892_08345627.jpg
キッチン棚

飾り棚とポーチが見える窓が奥様のこだわり。
右側の食器棚は、ロールスクリーンで仕切ります。


三仏生の家 竣工写真_b0349892_08345601.jpg
階段
大工による加工。
既製品の階段が増えていますが、大工の手による階段は良いです(^^)


三仏生の家 竣工写真_b0349892_08353168.jpg
2Fホールから
階段を上ると書斎。下が小吹抜です。
小吹抜の上に小さな書斎があります。夏は、小吹抜の障子戸を開けると、1階から2階への風の流れがおこります。


三仏生の家 竣工写真_b0349892_08353156.jpg
書斎からの眺め
豊かな田園風景。


三仏生の家 竣工写真_b0349892_08353161.jpg
子ども室からの眺め
畑や板張りの農家、遠くに山並みが見えます。

三仏生の家 竣工写真_b0349892_08353129.jpg
サニタリー
脱室を広くして、洗濯干しが出来ます。衣類の収納も可。


三仏生の家 竣工写真_b0349892_08354806.jpg
洗面化粧台
奥様こだわりのオープンな洗面化粧台。
ご主人が設備の仕事をしていて、棚を貫通した配管にもこだわりが見えます(^^)


三仏生の家 竣工写真_b0349892_08354992.jpg
玄関

1階の床フローリングは桐板です。
壁紙は真っ白な土佐和紙。
全体的に白を基調としながら、柔らかなの木目をアクセントにより、シンプルで優しい雰囲気のインテリアになりました。
材種や色合いなど、オーナー、施工の渡部建築さんと打合せしながら、決定されていきました。



外観は内部のイメージとうって変わってブラックです。
内部は奥様、外部はご主人のこだわりがありました(^^)

外観写真は、また天気の良い時に☆

----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

by jun-arch | 2016-09-30 09:23 | 新築・改築 | Comments(0)