人気ブログランキング |

設計する際、その敷地の持っている特色や個性などをどのように引き出し、有効活用するかを重点的に考えています。


昨年にお引き渡しした東中島の家の例です。

お引き渡しから1年経って、お邪魔した時の写真です↓
b0349892_08351047.jpg
窓からみえる植栽が良い感じです(^^)
お子さんの洋服もおそろいで可愛いです☆
実は、窓から見える緑は、自分の家ではなく、お隣さんのお庭なんです。

b0349892_09402137.jpg

敷地調査時の写真。
西側の建物と建物の合間に、燐家の庭がありました。

b0349892_08350438.jpg
ご提案時のコンセプト図

植栽は生活に彩りを与えてくれます。
また、ストレスや疲れなどを解消してくれる効果もあり、癒しになります(^^)
西側なので、西日が心配ですが、その植栽が日差しを遮ってくれるので心配なし。
7、8月は太陽高度が高いので、植栽の上から日差しが入るため、その時期だけは、カーテン必須です💦
または、グリーンカーテンをしても良いかも。

b0349892_08365267.jpg
b0349892_08371228.jpg
その庭が見えるところをタタミスペースにしました。
個室ではありませんが、ほんの少し囲まれているようにして、ほっと落ち着けるスペースにしてます。
自分の家の庭のようですが、もちろん、お手入れは隣家の方がしてくれます(^^)


↓その他の敷地の有効活用として、ランドリールーム↓
b0349892_08375126.jpg
キッチン脇にランドリールームを設けました。
東側の建物と建物の隙間から、光と風が通るので、とても快適です☆
もちろん、キッチンの脇なので、家事効率もバッチリ👍
b0349892_09220264.jpg
家事導線に回遊性もつくり、暮らしやすい間取りになりました。


↓そして敷地全体の有効活用↓
b0349892_09245968.jpg
道路側の間口に比べ、奥に細長い長方形の土地でした。
ハウスメーカーの企画プランだと、南側や北側に敷地を持て余してしまう感じです。

前面の道路の交通量も多かったので、道路に対して、少し奥まったようにするため、カーポートの向きを道路に対して平行にしました。
南側の庭に囲み感が出て、プライベート性が増します。

b0349892_09360397.jpg
カーポートの既製品感も目隠しの木塀により、ほんの少し和らぎました。


東中島の家、Daily Lives Niigataさんに取り上げていただきました。

Daily Lives Niigata 取材記事「いつまでも居たくなる。それは目に見えない心地良さがあるから」(←クリック)


新築時のオープンハウスでは分からない、実際の暮らしぶりが良く分かるので、ぜひ読んでみてください。


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2019-10-07 09:34 | コラム | Comments(0)

竣工写真 東中島の家

東中島の家、竣工写真です。

b0349892_15531871.jpg
白色の三角屋根に板張りがアクセントになっています。

b0349892_15532538.jpg
南側(道路側)からの採光がメインだったので、カーポートを目隠し代りにしています。
道路まで距離があり、庭とカーポートが道路までのクッションの役割も兼ねているので、幼いお子さんも安全に遊べます(^^)


b0349892_15534374.jpg
隣地に立派なお庭があったので、借景に。
畳スペースにして、ちょっと奥行きを持たせています。
そのことにより、籠り感がでて、同じ空間にいながらも、ほっと落ち着ける居場所になっています。



b0349892_15535849.jpg
キッチンからのリビングダイニングをみる。
窓越しに庭とカーポートが見えます。
木塀で囲っているため、道路からの視線も気になりません。


b0349892_15540706.jpg
奥様こだわりのヘリンボーン(^^)


b0349892_15541572.jpg
ヘリンボーンのテイストに合わせて、玄関からの引戸にチェッカーガラスを使っています☆


b0349892_15542915.jpg
2Fホールの収納。


b0349892_15543586.jpg
2Fホールの廻り込んだところに、ちょっと隠れられる感じの小さな書斎があります。
家族みんなで使います(^^)



b0349892_15550771.jpg
二人姉妹は、共用の収納でつながっています。


b0349892_15551137.jpg
反対から。
共用の収納にエアコンも設置され、子ども部屋を二部屋共、同時に冷暖房☆


b0349892_15555299.jpg
この子ども部屋からの借景☆
開口部は、可能な範囲で、建物と建物の間や抜け感のあるところを狙って配置します☆


b0349892_15560780.jpg
玄関スペース。
正面の下足入れと、奥にも下足棚があり、家族の豊富な100足近くある靴量をカバー☆


b0349892_15533302.jpg
夜景☆

ぐるぐる廻れる家事導線や、おしゃれな洗面カウンター、などなど他にも色々と設計の工夫なんかもあったのですが、今回はここまで。
(というか私のカメラの腕が悪く、良い写真が撮れませんでした^_^;)

住み始めて、少し落ち着いたころ、また撮影させて頂こうと思います。




□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2018-07-25 16:16 | 新築・改築 | Comments(0)

7月8日(日)に、東中島の家で一日限りのオープンハウスを行いました!
ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました!

多くのお褒めの言葉をいただき、嬉しかったです(^^)
その誉め言葉を、夕方に来られたオーナーのO様にお伝えしました☆


b0349892_06221429.jpg
現在、打合せ中のお客様や、土地が決まったら設計を始めるお客様にお声がけしたところ、予約が一杯になってしまい、ブログ以外では告知していませんでした。

「えっ!?オープンハウスしてたの?見たかった!!」

という方がいらしたら、7月13日(金)まででしたら見れますので、お気軽にご連絡ください。
同業者の方も、ご興味がありましたらぜひ!

今回、ヘリンボーンを納入していただいたアンドウッドの遠藤さんも来場してくれて、おまけに写真も撮っていただきました(^^)
b0349892_08165716.jpg
b0349892_08252488.jpg
撮影:アンドウッド


遠藤さんの木材への愛が感じられる写真です(^^)
 →ヘリンボーンについての記事
Ag-工務店の渡部さんが、施工の技術を遠藤さんから絶賛されていて照れていました。



オープンハウスに快く応じていただいたオーナーのO様、
施工のAg-工務店の皆さま、
ご来場いただいた皆様、
本当にありがとうございました!


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2018-07-10 08:29 | 新築・改築 | Comments(0)

7月2日の午後、住学番外編がありました。

b0349892_11450345.jpg
↑タトウノイエ サトウ工務店


1軒目に、加藤淳 一級建築士事務所で設計した「東中島の家」を見学。
光栄です(^^)
b0349892_11451303.jpg
番外編の連絡メンバーをみると10人位だったのですが、実際に30人くらい居てびっくりしました💦

まだ作業中だったのと、エアコンも未施工だったので、違った意味で熱気ムンムンでした。。。


2軒目が、住学主催者のサトウ工務店さんの「タトウノイエ」

参加者全員、ノックアウト!
という感じのビックインパクトでした^_^;
いつも通りというか、今回はさらに○○(?)というか、何とも言葉がありません。。。

何人かの方のブログにもその雰囲気が伝わってくるかと。


〇石田伸一さんのブログ

エスネルデザインさんのブログ

光栄なことに、東中島の家のことも書いていただいております(^^)


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2018-07-06 12:07 | 建物探訪 | Comments(0)

こだわりのヘリンボーン

東中島の家、竣工に向け工事が進んでいます。

b0349892_16554165.jpg
ヘリンボーンの腰壁。
オーナーから最初に相談をいただいた時から、「ヘリンボーンを使いたい」とご要望がありました。
検討を重ねた結果、キッチンの腰壁とニッチの壁に使用しました。
ヘリンボーンの材料は沼垂テラスにあるアンドウッドさんから。

木のことなら偏執的なまでの知識と実行力のあるアンドウッドの遠藤さんから、ヘリンボーンの張り方、仕上げ方のアドバイスをいただきました☆
アンドウッドさんのホームページ内にある木材調達記は、読み物としてもとても面白いので、ぜひぜひ覗いてみてください(^^)
アンドウッド木材調達記(←クリック)

アンドウッドの遠藤さんは、木に関することだけでなく、話もとても面白いので、ホームページをみて興味をもったら、ぜひ沼垂テラスへ訪問してみてください。
b0349892_16523757.jpg
造り付の家具を造作中。
もう一息です。
b0349892_16554869.jpg
足場も解体されました☆
これから外構工事が始まります。

●●●オープンハウスのお知らせ●●●
オーナー様のご厚意により、オープンハウスを行います☆
駐車スペースに限りがある為、予約制になりますが、お気軽にご連絡ください。

〇日時:7月8日(日) 10:00~17:00
〇場所:東新潟駅近く(ご予約頂いた方に、詳しい住所をお知らせします)


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2018-06-19 17:23 | 新築・改築 | Comments(0)

東中島の家、工事が少し遅れ気味ですが、良い感じで進んでいます。

b0349892_11212052.jpg
外部ももう少し。
三角屋根のシンプルな外観になります☆

来週には足場が解体される予定です。
楽しみです(^^)


b0349892_11212406.jpg
壁、天井の内装の下張りなどは終了し、造作の家具や棚の工事中です。

b0349892_11212990.jpg
ホッとするような居心地の良い空間を意識しながら、設計や監理を行っています。
もちろん品質もチェック。
職人さんたちに腕を奮ってもらいながら、居心地の良い空間づくりを進めていきます☆

7月8日(日)にオープンハウス予定です。
駐車スペースが限られてしまうため予約制になりますが、ご興味ある方はぜひお声がけください(^^)


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2018-06-06 11:32 | 新築・改築 | Comments(0)

ブログのタイトルに関しては最後の方をお読みください。

東中島の家、基礎工事です。
b0349892_11340888.jpg
基礎工事の流れをおおまかに振り返ります。
b0349892_11341560.jpg
まずは、雪片しから。
ダンプ7台分の雪を場外に搬出しました。
2日間の作業量。
今年のような大雪は大変です💦

一部、置換工事(地盤補強の必要な弱いところに土を入れ替えること)が必要でしたが、新潟では珍しく、地盤改良工事をせずにすみました(^^)

b0349892_11334118.jpg
鉄筋検査時の写真です。
許容応力度計算により、場所によって鉄筋量や、基礎のベース巾が異なるため、一ヶ所ずつ、図面通りかどうか確認していきます。
基本のベース幅は600㎜にしていますが、写真の場所は、ベース巾が基本より150㎜広い、750㎜巾になっています。
理由は簡単で、荷重が多くかかるところほど、基礎巾が広くなるからです。
加藤淳一級建築士事務所では、許容応力度計算のソフトを使って基礎も計算しています。

b0349892_11334756.jpg
基礎のベースを打設後、型枠組み。
立上りの打設前に、基礎と土台を緊結するアンカーボルトのチェックを行います。

b0349892_11335538.jpg
立上りの打設が完了し、型枠を外し、基礎の内部に土をいれているところです。
この後、防湿コンクリートを打設して、基礎工事完了です☆

以上、基礎工事の大まかな振り返りでした(^^)
他にいろいろと細かな作業や検査やチェック項目などあるのですが、今回は割愛。




ここからが本題。

ブログのタイトル、
布基礎か?べた基礎か?どちらが良いか?

みなさんはどちらが良いと思いますか?

加藤淳一級建築士事務所では、木造住宅の場合、基礎はベタ基礎ではなく、布基礎を基本にしています。
東中島の家も布基礎です。

べた基礎信仰ともいうべき、べた基礎だったら安心、という風潮が、建築業界にはあります。
ハウスメーカーの宣伝力のせいか、一般の方にもそのような考えを持っている方が多いです。
同業者でもかなり多いです。

布基礎よりべた基礎の方が良い、というのは、木造住宅に関しては私は間違っていると思います。

理由は、大きく3つです。
・木造住宅と布基礎との相性が良いこと。
・べた基礎を採用することにより、プランニングの制約が大きくなること。
・布基礎の方が、コスト面で有利であること。

上記の3つは、日本の住宅の安全性を高めるための活動を続けている構造塾さんで教えてもらったことを、自分なりに解釈したものです💦

構造塾さんの下記ブログなどに、詳しく書いてありますので下記をクリックしてください。

構造や省エネ性能には必ず根拠があります。
あいまいな勘や世間の風潮にとらわれず、計算やシミュレーションを積み上げていって、安心、安全な家づくりをしていきたいと思います。


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2018-03-21 12:34 | 新築・改築 | Comments(0)

雪の中の地鎮祭

新潟市東区、東中島で工事が始まりました☆

2月に地鎮祭だったのですが、雪が凄かった💦

天候も不順だったため、地鎮祭は神社で行いました。
神社での地鎮祭は初めての経験です。

どのようにお祓いするか不思議だったのですが、「土地の真ん中の土を神社まで持ち込んで式を行う」と聞き納得しました。
神社はオーナーからの紹介で、東区にある火産霊(ひむすび)神社 です。
火を生む霊と書いて、ひむすび。
うーん、なかなか個性的です。
気になる方は、火産霊神社の神主様のブログをどうぞ。

神社での地鎮祭は、神主様による生の太鼓や笛なども入り、なかなか本格的な地鎮祭でした。
写真撮影はNGだったのですが、とても雰囲気が良い神社だったので、外観だけでも撮っておけば良かった…

地鎮祭後に、神主様と共に、現地まで行き、土地のお祓いをしていただきました。
b0349892_09533111.jpg
7月完工を目標に、工事が始まっています☆


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2018-03-10 10:30 | 新築・改築 | Comments(0)