人気ブログランキング |

タグ:建物探訪 ( 27 ) タグの人気記事

再訪 奈良の慈光院

奈良の慈光院に再訪しました。

奈良三郷町の家から、車で約20分。
オーナーご夫妻と写真家の星野裕也さんと行って来ました。


b0349892_06303003.jpg
写真に写っているのはTご夫妻。

ご主人は背が高いので、普通に歩いていると、鴨居に頭がぶつかります💦
でもこの昔の民家のようなスケール感が、慈光院の魅力だと思います☆



b0349892_06312877.jpg
山門


b0349892_06305496.jpg
書院広間
障子がすべて取り外されていました。
とても蒸し暑かったのですが、ここは風が抜けて、とても気持ちが良かったです。


b0349892_08530245.jpg
広縁
室内と外部との中間領域。



b0349892_06315798.jpg
本堂


b0349892_06321004.jpg
本堂前の庭園
こちら側の庭園は、建物に囲まれ、書院広間側の庭園とは趣向が変わっています。


b0349892_06364387.jpg
左が本堂。右が茶室。
どの角度からみても、目を愉しませてくれます。


b0349892_06330791.jpg
本堂から書院広間をみる


b0349892_06345885.jpg
書院広間側の庭園もみえます。
本堂→本堂側の庭→書院広間→書院広間側の庭
という奥行き感が凄い。

書院広間側の庭が別世界のような感じがして、少し不思議な感覚です。


b0349892_06352085.jpg
陰影のある庭園風景の切り取り方もGOOD☆


b0349892_06352458.jpg
切り取り方と漆で塗られた木枠により絵画のようにみえます。


b0349892_06353636.jpg
建具で奥側と仕切られていますが、建具の上が空いていて、視線は奥へと導かれます。
ここにも奥行き感があります。
垂木の反復による連続性も、視線の誘導と奥行き感を手助けしています。
ここで終わるのではなく、永遠に奥があるような、広がりを感じさせる演出です。


b0349892_06375159.jpg
昭和の時代につくられた広間。
ここも落ち着く空間でした。


b0349892_06354909.jpg

小さな丸太をつかった遊び心のある縁側。
いつか真似してみたい(^^)


b0349892_06371206.jpg
ところどころの設えも良いです☆


本当に見所満載。
2回目だけど、また深く味わえました。

以前のブログ記事
「人間的なスケール感 奈良の慈光院」(←クリック)

先日、新潟で住宅作家、伊礼智さんの講演会がありました。
伊礼智さんが、哲学者、野矢茂樹さんの言葉を紹介していました。

「設計って外部をいかに採り入れるかでしょ?」

慈光院に限らず、「良い建物だなぁ~」と感じ入ってしまうところは、建物本体だけではなく、外部とのつながりをとても大切にしているように思います。

慈光院のような素晴らしい建物をたくさん観て、外部との関係、人間的なスケール感や居心地の良さを体に沁み込ませ、自分の中で熟成させて、住まいづくりに活かしていきたいと思います。



□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2019-07-22 09:49 | 建物探訪 | Comments(0)

3月末に徳島県の上勝町へ家族で行って来ました。

徳島県上勝町は、過疎化が進む人口1500名くらいの小さな町ですが、葉っぱビジネスで有名な街です。
映画にもなりました。「人生、いろどり」

ゼロ・ウェイスト(ゴミゼロ)運動でも注目されています。
徳島・上勝町「ゼロ・ウェイスト運動」の記事(←クリック 上勝町の取り組みが良く分かる記事です)
旅行も兼ねて、「家族の社会見学」的な感じで、新潟から徳島まで行って来ました(^^)

上勝町に、建築家、中村拓志氏が設計した建物がありました。
b0349892_15151448.jpg
b0349892_15154166.jpg
民家を解体した時のサッシを再利用しています。


b0349892_15150633.jpg
b0349892_15151851.jpg
b0349892_15545508.jpg
道路から反対側。
BBQやキャンプなど出来ます。

b0349892_15554759.jpg
お洒落で開放的過ぎる水廻り💦


b0349892_15413050.jpg
b0349892_15413859.jpg
空きビンのシャンデリア!

b0349892_15520690.jpg
古い家具などがディスプレイ棚になっています。

b0349892_15521710.jpg
ガラリのある扉の中に、壁掛けエアコンが仕込まれています。

b0349892_15435593.jpg
b0349892_15440055.jpg
古新聞の上に印字している内装。
カッコイイ!

b0349892_15463971.jpg
朽ちた一輪車がサインになっています。

b0349892_15495426.jpg
タイルも端材の再利用、とのこと。

b0349892_15505271.jpg
全体写真。
とても好ましいスケール感でした(^^)

b0349892_15470635.jpg
食事も美味しかった(^^)


クラフトビールが飲めて、食事やBBQを提供し、そのビール醸造も行なっている小さな施設です。

解体した建物のサッシの再利用、空き瓶のシャンデリア、古家具をのディスプレイ棚などなど。

ゼロ・ウェイスト運動を体現するかのような建築でした。

再利用にも関わらず、それがインパクトにも、味のある空間にもなっていました。



□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2019-04-22 16:00 | 建物探訪 | Comments(0)

奈良の慈光院 に行ってきました。

JR大和路線、大和小泉駅から歩いて15分ほどの小高い丘の上に、慈光院があります。
拝観料を払うと、まず初めに書院に案内され、抹茶が振舞われます。

その時の景色がこちらです!
b0349892_06120573.jpg
どうですか?

良いですよねっ!?

もう一枚!
b0349892_06142047.jpg
書院に通され、赤い毛氈の上に座り、庭を眺めていると、徐々に落ち着いて心が静まってきました。
b0349892_06161081.jpg
振舞われた抹茶をゆっくりと飲むと、それまで気がつかなかった風の音や鳥のさえずりなどが聴こえてきます。

とても心地良い空間です。


寺院にしては、珍しく昔の一般住宅のモジュールを使っていました。
空間を仕切る建具の鴨居下端で、5尺7寸。
約173センチです。
普通に歩くと、頭が擦れます💦
b0349892_06351435.jpg
鴨居の下を通るとき、少し頭を下げ無ければいけないので、低すぎると感じる人が多いかもしれません。
でも昔の日本人は背が低かったので、ちょうど良い寸法だったのだと思います。

天井の高さは、8尺。
約2.4mです。

一般住宅の天井高さで、寺院にしては珍しい低さです。
おそらく、他の寺院の天井高さは12尺、3.6mくらいが多いのではないでしょうか。

慈光院の鴨居の低さや天井高さは、個人的に好きなスケール感です。

これこそ、
「日本人のヒューマンスケール!」
という感じがします(^^)

流石に、自分の設計で住む人の身長より、建具の高さや天井を低くすることはありませんが💦


和室は畳に座った時の「居心地の良さ」が重要だと思っています。

和室に限らず、部屋ごとにその「居心地の良さ」は異なります。

例えば、
 居間ではソファに座った時、
 ダイニングでは椅子に座った時、
 書斎では、机に向った時、
などなど。

和室でもどの部屋でも、天井は無理に高くすることも、低くし過ぎることもなく、
「居心地の良さ」から決めれば良いと考えて設計しています。

ただし、ただ単純に天井を低くするだけでは、圧迫感のある空間になってしまうため、開口部の取り方や天井高さのメリハリ、視線の抜け方などなど、設計の工夫が必須条件です☆

身体的なスケール感の際立つ、慈光院。
見所満載でした☆
b0349892_06251176.jpg
b0349892_06260003.jpg
外部のような、内部のような、中間領域の縁側。
低い軒の高さにより、風景が切り取られ、視線は庭へと導かれます。
とても心地良い空間です。


奈良の慈光院(←慈光院のHP 私の写真より、もっと素敵な写真がみれます)

奈良市から少し離れていますが、おススメです!



□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2019-02-27 08:42 | 建物探訪 | Comments(0)

ラコリーナ 近江八幡

先月ですが、近江八幡のラコリーナへ行って来ました。
建築家、藤森照信さんの設計です。
b0349892_10585861.jpg
独自の世界観☆

b0349892_10585987.jpg
左官と自然木とランドスケープとの調和が素晴らしい。
大きい建物ですが、身体的なスケール感も良かったです。


b0349892_10590052.jpg
ベンチに座っての景色。
b0349892_11262779.jpg
軒先と雨樋。
屋根の芝から雨が滴っています。



b0349892_10585976.jpg
エントランスの納まり、素材、左上の手形。。。
もう施設に入る前からテンションが上がります(^_^;)


でも到着がオープン前だったので、建物廻りを散策。
b0349892_10585942.jpg

街路灯に焼杉が貼ってあります。



b0349892_11004884.jpg
植栽に隠れるように喫煙所が。
秘密基地みたいです(^^)


b0349892_11011237.jpg
獣道のようなところが。
気になって、奥へ行くと、、、


スタッフ用の出入り口でしたΣ(・□・;)
まさしく秘密基地に入る感じ。
いろいろと徹底しています。


開店時間になり、入店。
内部ですが、撮影OKでした(^^)
b0349892_17201373.jpg
内部はさらにすごい(^_^;)



b0349892_17180172.jpg
b0349892_17175717.jpg
バームクーヘンのような什器デザイン。


b0349892_17175060.jpg
お菓子の型がディスプレイされていました。


b0349892_17174116.jpg
左官技術にもため息が出ます。

b0349892_17203266.jpg
建物を抜けると、さらに圧巻のランドスケープ!


b0349892_17181326.jpg
水田がランドスケープになってますΣ(・□・;)




b0349892_17182101.jpg
変わったオブジェも。
b0349892_17182488.jpg
小さな扉も開きました💦
妖精かちっちゃな妖怪でも住んでいそう。

b0349892_17182724.jpg
なんか側面から生えています💦



b0349892_17223383.jpg
まだまだ紹介したいところがあるのですが、この辺で止めておきます💦

近江八幡のラコリーナ、おススメです!
売っているバームクーヘンやお菓子類も、本当に美味しかったですよ(^^)
他にも、レストランやカフェなども併設されています。

家具、サイン、トイレや裏方までデザインが徹底されていて、本当に見どころ満載です。
建築やこのような世界観が好きな方は、少し余裕をもって訪問されることをお勧めします☆



□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2018-08-10 17:39 | 建物探訪 | Comments(0)

住学番外編。
7月は盛りだくさんでした。

「大地の芸術祭2018」に出展される「香港ハウス」を事前見学させていただきました。
b0349892_15305950.jpg
基本設計は、香港の建築家です。
実施設計は、今回案内していただいた大平政志さん(大平木工 )さん。
環境やコスト面から、大幅な変更を余儀なくされ、建築家の了解のもと、大平さんが基本設計からアレンジしまくったそうです。
もとの図面を見せてもらったのですが、プランがかなり変わっていて、大平さんの苦労が伺えました。

b0349892_15310303.jpg
裏側のデザインも一切手を抜いていません。

b0349892_15312148.jpg
とても効果的なテラスのスリット。
これも大平さんのアイデア、とのこと。
外部、内部まで、ディテール、仕上げ、雰囲気、どれをとっても素晴らしかったです。
大平さんの建築に対する情熱をひしひしと感じられる建物でした。

ちなみに右下に写っているのが大平さんです(^^)
物静かな物腰で、柔らかい人当りですが、建築への拘りと探求心はすごいです。

 →大平木工+大平政志建築設計事務所のホームページ

ホームページを覗いたら、4月の時点で、「2018年の新築・増築工事は予約満杯になりました。」との記載が。。。


b0349892_15312654.jpg
住学のみなさん、隅々まで熱心に見ていました☆
内部の写真をSNSなどに上げるのはNG、とのことで、外部のみです。



b0349892_15313056.jpg
移動中、手塚貴晴さんの「いこて」に立ち寄りました。
休館日で残念^_^;



b0349892_15313307.jpg
新潟県十日町で活動されているツナグdesignさんの新事務所に寄らせていただきました。
まだ工事中ですが、既存の曲がり梁など、強烈な個性を放っています。
すごい建物になりそうで楽しみです。
ツナグdesignさんのブログに工事のことなど詳しくでていますので、ぜひ見てみてください。

 → ツナグdesignさんのブログ

リノベーションにも関わらず、屋根をかけ替えたり、建物の性能面を大幅にアップしていたり、と完成が待ち遠しいです。



日を変えて、長岡の大恭建興さんの建物も見学させていただきました。
写真は、残念ながらNGだったのですが、
建物の性能面や床下エアコンなど、惜しげもなく、丁寧に説明していただきました。
b0349892_16592868.jpg
   ↑ブログ記事も面白いし、参考になります☆

素材感やデザインも秀逸で、勉強になることばかり。
今週末に長岡でオープンハウスがあるようです☆

続いて、柏崎市へ移動し、まんなみ設計室さんの建物へ。
b0349892_15313611.jpg


b0349892_15313961.jpg
中庭の住まいです。
周辺環境は完全にシャットアウト。
それによって、中庭に静謐さが漂っていました。

b0349892_15314193.jpg
キッチンから中庭をみた写真です。

まんなみ設計室さんの建物にもやられました(^^;

設計力、半端なかったです💦

滔々と、穏やかに、この建物について語る堀井さんが、建築を探求する修行僧のように見えました。。。

他の方のブログで詳しく紹介されているので、ぜひ見てみてください。

→株式会社石田伸一建築事務所さんのブログ

→ネイティブディメンションズさんのブログ



7月は盛りだくさんでした☆

良い建物も観ると、とても参考になり、勉強になります。
それぞれの個性が良く分かることによって、自分の追求する空間もみえてきたような気がしました。

住学番外編で得たものを栄養にして、この猛暑を乗り切りたいと思います(^^)


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2018-07-31 16:54 | 建物探訪 | Comments(0)

Good Job! センター香芝

奈良の友人から住宅の相談があり、行って来ました。


その時、その友人が勤めいている施設、Good Job! センター香芝にお邪魔しました☆
設計は、大西麻貴+百田有希 o+h / 一級建築士事務所
さまざまな素材の面がさまざまな角度で組み合わさって構成されたような建物でした。


Good Job! センター香芝は、障害のある人とともに、アート・デザイン・ビジネスの分野をこえ、社会に新しい仕事をつくりだすこと目指した施設です。
とても興味深い取り組みをしているので、ぜひホームページをみてみてください(^^)

ホームページ→Good Job! センター香芝

b0349892_08150023.jpg
b0349892_08150142.jpg
b0349892_08150147.jpg
b0349892_08150078.jpg
b0349892_08153618.jpg


b0349892_08153706.jpg
b0349892_08153649.jpg
b0349892_08160010.jpg
b0349892_08160008.jpg
b0349892_08160186.jpg
b0349892_08160126.jpg
b0349892_08162331.jpg
b0349892_08162457.jpg
b0349892_08162480.jpg
b0349892_08162436.jpg
b0349892_08164611.jpg
b0349892_08164677.jpg

建物を一つ挟んで、工房が主のかわいらしい建物もありました。

b0349892_08165782.jpg

b0349892_08165706.jpg

b0349892_08164676.jpg


建築時につくられた設計者がデザインした家具の他に、スタッフが作成した家具や棚も混在していました。
それがまったく違和感なく納まっていて、この建物の包容力みたいなものを感じさせました。
b0349892_08153611.jpg
スタッフが作成した棚


センター長の森下さんが、夕方の忙しい時にも関わらず、とても親切に説明していただきました。

土地取得の経緯、建築中のこと、施設を運用し始めてからの苦労などなど。
建物自体のコンセプトやつくり方など、様々な試みをしているため、いろいろと不具合のあるようですが、スタッフの建物に対しての愛情が感じられました(^^)

障害をもつ方との建物の関係、そして地域との関わり。
さまざまなこと考えさせられ、刺激を受けました。

これからしばらく、定期的に奈良に来ることになったので、併設されている喫茶店にまたお邪魔したいと思います☆

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2018-05-27 08:46 | 建物探訪 | Comments(0)

昨日、住学番外編があり、参加してきました☆

今回は、ハウスメーカーに属しながら、アトリエ事務所のような作品を次々に創り出している一世紀住宅さんの建物見学です。

b0349892_21495252.jpg
まず最初に、間口が狭く、奥に長い敷地特性を活かした、平屋の住まい。
各部屋それぞれが、庭を挟みながら有機的に連なっている感じです。
果物で例えてみれば、ブドウみたいな感じかな⁉

設計と現場監理は、建築への飽くなき拘りとディテールへの旺盛な探求心を持つ新進気鋭の渡辺さん。
渾身の設計でした。
住学参加者からは「変態」と呼ばれていましたが^_^;
「変態」というと誤解を招きそうですが、変態は変態でも建築の変態です(?)

以前、新津の平屋も見せていただき、とても驚いたのですが、こちらの住まいも、そこに負けず劣らず素晴らしかった☆

b0349892_21503690.jpg
次に天野エルカール内の住まい。
スノーピークと提携して、企画された住宅展示会で、「アウトドアリビング」をコンセプトに設計された住まいです。
住宅展示会の中でも異彩を放っていました^_^;
イベント期間中も一番の入場者数を誇っている、とのこと。
納得です。

b0349892_21514527.jpg

各部屋からの眺望。
アウトドアリビングだけでなく、田園の借景、というのも贅沢ですね☆

建物の素晴らしさだけでなく、建物のコンセプトや石田さんの唱える「地材地建(ちざいちけん)」を体現した住まいです。
魚沼杉への並々ならぬ愛情と情熱を感じます☆
詳しくは石田さんのブログをみてみてください


この住学番外編で、以前から気になっていた工務店、サルキジーヌの大福さんとお知り合いになれました(^^)
同業者との交流。
住学の良いところです☆

「明日、事務所に行っていいですか?」
と聞いたところ、
「どうぞどうぞ!」
と快諾を頂いたので、厚かましいかな、と思いつつも、お言葉に甘えてさっそくお邪魔して来ました(^^)
b0349892_21523366.jpg
倉庫を自分たちの手で改築した、という事務所。
この佇まいをチラッと見ただけで、只者ではない期待感が膨らみます。
b0349892_22150129.jpg
事務所に入ると、その期待感以上☆

建築設計の枠に囚われず、さまざまなデザインに関して仕事を広めている、という代表の大福さん。
ついつい長居してしまい、色々をお話しを聞かせてもらいました。
ここに書ききれないほどの、さまざまな可能性や豊富な体験談などを面白おかしく聞かせていただきました(^^)

b0349892_22151226.jpg
サルキジーヌの大福さんとのツーショット写真(^^)

まだ立ち上げたばかりというのに、お客様や、スタッフになりたい、という人が群がり寄ってきているそうです。
大福さんと話していて、「なるほど」と思いました。

新手のごきぶりホイホイみたいです^_^;
一度入ると抜け出せない。。。

悪い意味ではなく、良い意味です💦

大福さんの人柄と、目指している方向性と独自のスタイルに、ただただ感じ入るばかりでした。
数年後には、新潟を代表するアーキテクトビルダーになっていると思います。


一世紀住宅の石田さんと渡部さんは新たな試みを始めようとしています。
また、まだ立ち上げたばかりなのに、存在感をしめしているサルキジーヌの大福さん。
住学の立ち上げメンバー、サトウ工務店の佐藤さんネイティブディメンションズの鈴木さん
第一回でお世話になったあかがわ建築設計室の赤川さん桐生建設の桐生さんなどなど、個性的な人材が新潟の住宅シーンを変革していこうとしています。

「競合」でなく「共存」をコンセプトに始まった住学。

とても勉強になり、刺激を受けているばかりですが、私もその一員になれるように、自分が持てる力を最大限発揮して、一つ一つ丁寧につくっていこう、と気持ちを新たにしました☆


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2018-04-25 23:06 | 建物探訪 | Comments(0)

里山住宅博 in 神戸

昨年末に、神戸で開催されていた里山住宅博に行って来ました。
意識の高い工務店の出店による住宅博です。

どの工務店もレベルが高くとても勉強になったのですが、建築家、堀部安嗣氏の住まいを紹介します。

b0349892_09133222.jpg
とても羨ましいロケーション。
一度は、こんな環境の建物を設計してみたいです。
b0349892_09131601.jpg
シンプルで、派手さはありませんが、建築家ならではの端正な佇まいでした。
b0349892_09133947.jpg
居心地良さそうな居間。

b0349892_09134229.jpg
寝室。
窓から見える景色も、窓の納まりもため息が出ます。

b0349892_09134800.jpg
キッチン脇の家事スペース。
窓から見える植栽にも気を配っています。

b0349892_09134919.jpg
サニタリーと浴室。
b0349892_09135672.jpg
浴室からの眺め。
船舶照明も良い感じです。
b0349892_09135082.jpg
廻り階段は5段。
テンポよく上がれるので、良いですね。
6段にすると、踏面が少し狭くて踏み外しそうだし、4段では少し大股で上がる感じになって少しテンポが悪くなる。
一段減らして5段にしただけで、とても上りやすくなります。

b0349892_09134979.jpg
照明も良い感じです。



堀部安嗣さんの建物は実物では初めて見たのですが、窓など開口部の納まりが秀逸で、とても勉強になりました。
空間の心地良さも抜群。
居心地良さ過ぎて、何時間でも居座れそうです(^^)

空間全体はもちろん、細部や機能性まで、まったく非の打ちどころがないほど。
精魂込めて設計されているのが良く分かります。
里山住宅博は少し行きづらい場所にあり、天気も悪く、しかも風邪気味だったのですが、この建物をみて、テンションが上がり、風邪がふっ飛びました(^^)

私も、もっともっと頑張らなくては、と思いを強くしました。

こういった良い建物をたくさんインプットして、より良い住まいを提供していきたいと思います。


----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

by jun-arch | 2017-01-27 09:48 | 建物探訪 | Comments(0)

村上散策

家族で村上へ行って来ました。

家内以外は初めての村上散策。

味匠喜っ川
吉永小百合さんのポスターにも出ていた老舗塩引き鮭屋さん。

ちょうどTVの撮影をしていて、オバマ大統領の物まねをする、お笑いのノッチさんがいました(^^)
残念ながらノッチの写真はありません^_^;


b0349892_05341067.jpg
b0349892_05341084.jpg
吊るされた鮭は圧巻☆
b0349892_05341188.jpg
道路側が店舗で、こちらも良い感じです。
b0349892_05340931.jpg
階段箪笥。


b0349892_05340912.jpg
道路沿いに鮭が吊るしてある店も。


中級武士の屋敷です。
b0349892_05331378.jpg
b0349892_05330516.jpg
北面の茅葺屋根が苔むしていまいした。


b0349892_05330553.jpg


b0349892_05331326.jpg
南側の庭と縁側
b0349892_05330457.jpg
b0349892_05331486.jpg
縁側の端がR状に☆
b0349892_05330475.jpg
部屋から庭をみる。

中から庭をみる
庭から家をみる
庭を身近に感じる

庭と一体的な住まいをどんどん提案したいと思います☆
b0349892_05330789.jpg





b0349892_05330695.jpg
厠。
とても良い佇まい。
b0349892_05330611.jpg
土着的な素材で作られて、好ましいデザインです☆


----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

by jun-arch | 2016-11-18 05:57 | 建物探訪 | Comments(0)

新潟建築士会の研修で、カールベンクス&アソシエイツさんにお邪魔しました。
カールベンクスさんは、ドイツ生まれの建築デザイナーです。
日本の古民家に魅了され、今は新潟県十日町市で活躍されています。
カールベンクスさんのプロフィール
b0349892_06143325.jpg
写真中央がカールベンクスさん。



b0349892_06145964.jpg
1階がレストランの澁い(しぶい)。
2階がカールベンクス&アソシエイツの事務所。



b0349892_06144494.jpg
日本の古民家の改修ですが、色遣いや西洋風のディテールにより、独特の雰囲気でした。


b0349892_06145492.jpg
フランス料理のレストラン。
ランチをいただきました 。
とても美味しかったです(^^)

b0349892_06151459.jpg
レストランから2階のカールベンクスさんの事務所へ

b0349892_06153778.jpg
ここで仕事したら気持ち良さそうです☆

b0349892_06153860.jpg
水廻りも味があります。

b0349892_06153775.jpg
事務所の様子

b0349892_06153933.jpg
古材を使ってデザインされた机
b0349892_06183993.jpg
仕口を主役にしたようなデザイン。

b0349892_06153904.jpg
ショールーム的なスペースもありました。

b0349892_06184140.jpg
事務所の打合せテーブル

b0349892_06184104.jpg
古材を利用したカウンター

b0349892_06184052.jpg
建具もリ・ユース。
カールベンクスさんは移築の仕事が多く、その時に使わなかった建具を再利用しています。
b0349892_06184080.jpg
吹抜
b0349892_06184081.jpg
吹抜手摺のデザイン
b0349892_06183973.jpg
油絵に枠を付けて収納の建具に。


古くても、本物の素材であれば、少し手を加えることにより、生き返ります。
カールベンクスさんは、さらに独自に感性を加えて、新たな価値を生み出している、と思いました。

現在の住宅は、新建材を多用します。
木かと思ったら、木の柄をプリントしたものだったり、レンガの壁かな、と思ったらレンガ柄のサイディングだったり。
そのような素材は、出来た時が一番きれいです。でもできた時が綺麗さのピークで、あとは汚れてみすぼらしくなっていくだけ。

新建材ではなく、本物の素材であれば、時間が経つほどに味が出てきてます。
少し古臭くなっても、少し手を加えることにより、劇的に生まれ変わるのです。





----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----

加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

by jun-arch | 2016-11-14 08:55 | 建物探訪 | Comments(0)