人気ブログランキング |

タグ:加藤淳一級建築士事務所の住宅7原則 ( 2 ) タグの人気記事

立体的に空間を繋ぐ

加藤淳一級建築士事務所の住宅7原則➁

「立体的に空間を繋ぐ」

立体的に空間を繋ぐ_b0349892_21340078.jpg
多くの家で1階と2階は分断されています。

かと言って安易に吹き抜けを設けると、冬に快適さを損ねる可能性があります。

そこで、1階と2階をずらして繋ぐ提案をしています。

これにより、1階にいながら2階の家族の気配が感じられ、開放感もアップ。

建具を閉じれば暖房効率も問題なし。

立体で考えると、家の可能性は広がっていきます。



立体的なつながり方はさまざまです。

 ①子ども部屋とつながる
 ➁スキップフロアでつながる
 ③小吹抜でつながる
 ④リビング階段でつながる
 ⑤テレワークでもつながる

以上、5つに分けて、事例を幾つかご紹介します。

①子ども部屋とつながる
立体的に空間を繋ぐ_b0349892_22124545.jpg
江南区の家
ダイニングの上に子ども部屋があり、小窓で繋がっています。
立体的に空間を繋ぐ_b0349892_21341707.jpg
キッチンから、
「ご飯だよー」
とか、
「早く起きなさーい!」
などと、気軽に声が掛けられます。
逆に子ども部屋からも、
「お腹減ったー!」
などと、家族のコミュニケーションがとれます。



➁スキップフロアでつながる

立体的に空間を繋ぐ_b0349892_21342896.jpg
中山の家
スキップフロア形式の住まい。
立体的に空間を繋ぐ_b0349892_21353976.jpg
2階の床をほんの少しずらすことにより、1階とのつながりを設けています。
子どもが小さい時は落下防止を設けておきます。
中山の家


立体的に空間を繋ぐ_b0349892_21364694.jpg
喜多町の家 2階ホール
2階ホールの下に玄関があります。

立体的に空間を繋ぐ_b0349892_21363759.jpg
玄関の天井をほんの少し低くして、その上に、2階のホールを設けています。
2階ホールにはスタディコーナーがあり、キッチンとつながっています。
喜多町の家


立体的に空間を繋ぐ_b0349892_21385024.jpg
五十嵐の家03

土地形状を活かした、スキップフロア形式の住まい。
1階、中2階、2階と3つの床レベルで成り立っています。
立体的に空間を繋ぐ_b0349892_21392638.jpg
断面図です。
中二階を中心に少し下がると1階の玄関や寝室。
少し上がると個室があります。
五十嵐の家03



③小吹抜でつながる
立体的に空間を繋ぐ_b0349892_22212422.jpg
三仏生の家
リビングの一角に小さな吹抜があります。


立体的に空間を繋ぐ_b0349892_22214689.jpg
その吹抜は、2階ホールとつながっています。

立体的に空間を繋ぐ_b0349892_22215864.jpg
2階ホール
小上がりになっているのが書斎。
左側に子ども部屋。
1階と繋がっています。
三仏生の家


立体的に空間を繋ぐ_b0349892_08292269.jpg
姥ケ山の家
小吹抜が2階廊下とつながっています。
立体的に空間を繋ぐ_b0349892_08292523.jpg
2階廊下から
1階と繋がっている横に細長い窓

立体的に空間を繋ぐ_b0349892_08301778.jpg
横に細長い小窓からの見下ろし

立体的に空間を繋ぐ_b0349892_06324978.jpg
コンセプト図です。
下屋部分の天井を少し高くして、2階と繋がっています。
姥ケ山の家


立体的に空間を繋ぐ_b0349892_22132387.jpg
荻曽根の家
1階の一部をダウンフロアにして、2階の床の一部を少し上げて、開放感を演出しています。
立体的に空間を繋ぐ_b0349892_06305818.jpg
コンセプト図
立体的に空間を繋ぐ_b0349892_22143832.jpg
2階の寝室と、2階ホールと1階がつながっています。
荻曽根の家




④リビング階段でつながる
立体的に空間を繋ぐ_b0349892_08374550.jpg
奈良三郷町の家
木製のリビング階段が空間のアクセントにもなっています。
立体的に空間を繋ぐ_b0349892_08375574.jpg
2階の踊り場を低くしています。
低い場所の天井高さは約2m。
低いところと高いところの天井高さのギャップにより、開放感を高めています。
床に直接座る場所の天井を低くしてあり、吹抜がありながらも、落ち着く場所になっています。

立体的に空間を繋ぐ_b0349892_08380620.jpg
踊り場は2階の床から少し下がっています。
立体的に空間を繋ぐ_b0349892_08395021.jpg
階段の踊り場。
踊り場は少し広くなっていて、客間にもなっています。
立体的に空間を繋ぐ_b0349892_08495822.jpg
断面図
階段の踊り場を低くして、1階から2階への連続性をスムーズにしています。
奈良三郷町の家



⑤テレワークでもつながる
最後にキッチンダイニングとつながる書斎と子ども部屋
立体的に空間を繋ぐ_b0349892_22252525.jpg
水道町の家  書斎
テレワークに最適な空間です。

立体的に空間を繋ぐ_b0349892_22265334.jpg
小窓から顔をだすと、
立体的に空間を繋ぐ_b0349892_22251084.jpg
下には、ダイニングキッチンが。
立体的に空間を繋ぐ_b0349892_08420137.jpg
吹抜にはもう一つ小窓があり、
立体的に空間を繋ぐ_b0349892_08423098.jpg
子ども部屋と繋がっています。

立体的に空間を繋ぐ_b0349892_08574074.jpg
立体的に空間を繋ぐ_b0349892_09171406.jpg
テレワークに関して、詳しくは特集記事をご覧ください。

特集記事:在宅ワークを成功に導く鍵。それはワークスペースの設計にあり


立体的な繋がりの注意点として、
・吹き抜けやスキップフロアなどに対応した、しっかりとした構造計算を行うこと。
・小さなお子様がいたり、遊びに来るような場合は、安全対策をすること。
です。

空間的な面白さや設計者自身の自己表現のための建築ではなく、
「命を守り、冬暖かく、夏涼しい快適な空間をつくるため」
という意識をシッカリもって設計しなくてはいけません。

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2020-07-10 09:24 | コラム | Comments(0)

外観はシンプルに


加藤淳一級建築士事務所の住宅7原則の一つ目。

「外観はシンプルに」

外観は極力シンプルであることを心がけています。

なるべく線をすっきりとさせることで、ノイズのない美しい外観がつくられ、どんな風景にもそっと溶け込みます。
アクセントに無垢材を使うことが多いですが、その素材感が生きるのも、全体がシンプルだからこそです。

植栽を際立たせる背景にもなります。


外観の施工例をご紹介します。
外観はシンプルに_b0349892_22275660.jpg
江南の家
シンプルな白い箱にスッと伸びた玄関庇。
目隠しという機能性とデザインを兼ねた木格子が特徴の住まいです。


外観はシンプルに_b0349892_22282234.jpg
中山の家
シンプルな道路側のファサード。
屋根形状に合わせ、内部はスキップフロアの住まいになっています。
人を招き入れるように、玄関は木で設えてあります。


外観はシンプルに_b0349892_22285739.jpg
三仏生の家
多雪地域のため、雪を分散して落すための屋根形状。
雪景色に黒い外壁が際立ちます。


外観はシンプルに_b0349892_22283291.jpg
五十嵐の家03
敷地形状とオーナーのライフスタイルから導かれたスキップフロアの住まい。
外観はシンプルに_b0349892_22401925.jpg

「五十嵐の家03」は、竣工して数年たち、車庫とテラスが増築されました。
ブログ記事→「時を経て叶った設計コンセプト


外観はシンプルに_b0349892_22313544.jpg
坂井砂山の家
親世帯の庭を分筆して建てらた子世帯の住まい。
自転車もおけるゆったりとしたエントランスポーチが特徴です。



外観はシンプルに_b0349892_08220517.jpg
北入蔵モデル
白壁、板壁とゆるやかに視線を遮る格子木塀の住まい。


外観はシンプルに_b0349892_22301105.jpg
白山浦の家
狭小地に建つ、3世代の住まい。
外観の印象と異なる内部空間の広がり感が特徴です。



外観はシンプルに_b0349892_22295948.jpg
白山浦の家」の道路と反対側もシンプルです。
こちら側が南側なので、耐力壁の壁からも採光しています。
新潟花火が見える場所に、大きな窓のあるサンルームスペースが特徴です。


外観はシンプルに_b0349892_22303523.jpg
東中島の家
三角屋根が特徴の住まい。
2階テラスやエントランスの木部がアクセントになっています。



外観はシンプルに_b0349892_22310036.jpg
彩野の家
南面の窓を大きく取りながらも、プライベート性の高い住まい。
白くシンプルな勾配屋根と、欠き取られたような奥まった部分のレッドシダーの板部が特徴です。


外観はシンプルに_b0349892_22310927.jpg
金沢町の家
木の箱に、白い箱がポンと乗ったようなファサード。
コの字型のプランになっていて、カーテンが無くても暮らせるプライベート性の高い中庭空間が特徴です。



外観はシンプルに_b0349892_22290662.jpg
山里のオフィス
倉庫をオフィスにしたリノベーションの計画。


外観はシンプルに_b0349892_22311978.jpg
さとう鍼灸接骨院
地域に愛される接骨院を目的につくられた白い三角屋根が特徴の建物です。
周辺の切妻屋根の街並みに呼応するように設計しました。


外観を設計する際、特に気を付けていること。

それは、建物の高さを出来るだけ抑え、耐震性を高めることです。

加藤淳一級建築士事務所に設計依頼あった物件はすべて、最高級の耐震等級3を標準にしています。
※等級3は、消防署や警察署など防災の拠点となる建物の耐震基準。

いくらスタイリッシュでカッコ良くても、命を守る建物の強度が低くては本末転倒です。

デザイン性が高く、尚且つ安心安全な住まいになるように設計しています。
ブログ記事→「耐震等級3のこだわり」

そして、建物の高さを低く抑えることにより、結果としてプロポーションが良くなり、美しい住まいになります。


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2020-07-03 08:51 | コラム | Comments(0)