人気ブログランキング |

来場御礼 荻曽根の家

3/23、24に、「荻曽根の家」のオープンハウスがありました。
b0349892_18152367.jpg
撮影:アンドウッド


多くの方に来場していただき、とても嬉しかったです(^^)

オープンハウスの来場者は、打合せ中や設計中のお客様がメインでしたが、OBさんがご家族を連れてきてくれたり、同業者が来てくれたりと、とても充実した二日間でした☆

喋り疲れたのと、多くの人とお話しできて嬉しかったのとで、晩酌で少し飲み過ぎました💦

ブログとフェイスブックのみの告知でしたが、新規の方のご予約も数組あり、本当に嬉しい限りです。

オープンハウスにご協力いただいた、オーナーに感謝です。
オーナーのIさん、本当にありがとうございます!


b0349892_17575070.jpg
そして今日は住学番外編で、同業者、プロの方々にみていただきました!

「年度末で、そんなに来てもらえないじゃないかなぁ~」

と思っていたら、時間外も合わせて20名近くの方に来ていただけました。

とても忙しい時期なはずなのに、ありがたいです。
せっかく来ていただいたので、何かのお役に立てれば良いのですが^_^;
私自身としては、いろいろと意見を聞けたり、施工方法や材料に関しても情報をもらったりと、とても勉強になりました☆

番外編の少し前に、フローリングを提供していただいたアンドウッドの遠藤さんが来てくれました。

その時に撮った写真がとても素晴らしく、
「使っても良いですよ!」
と言っていただけたので、遠慮なく掲載させていただきます(^^)
b0349892_18154268.jpg
フローリングはウォールナットです。
b0349892_18153225.jpg
2階の寝室の小窓から。

b0349892_18155190.jpg
ダイニングテーブルとイスはISANAさんからお借りしました☆
とても味のあるダイニングテーブルです。
こちらから話す前に、来場者からテーブルと家具に関して質問されたりして、注目を浴びていました。
b0349892_18154629.jpg
椅子はとても軽く、座り心地が良かったです(^^)
テーブルも椅子も本当に大好評でした☆

もちろん、建物も大好評(^^)


オーナーのIさん、
施工のAg-工務店さん、
現場の皆様方、
来場者の皆さま、
住学の皆さま
ありがとうございましたm(_ _)m

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2019-03-26 18:39 | 新築・改築 | Comments(0)

今週末に住学第5回目があります。

その前に、8月からの参加できた住学番外編の振り返りを。
いまさら感がありますが(^_^;)

見学した順に掲載します☆

狭小住宅のエキスパート、ネイティブディメンションズさん。
b0349892_11150291.jpg
b0349892_11151160.jpg
b0349892_11151612.jpg
住学第二回目で鈴木さんの狭小住宅への愛のこもったレクチャーを聞いていたので、より深く体感させてもらった気がします。

家は小さいのに、見所がありすぎて、困ってしまいました。
造りこみとディテールへの追求が半端なかったです。

そして何より、狭小住宅の中に心地良い場所がたくさんあって、
「小さな限られた空間の中でここまでやれるのか」
とため息をついてしまいました。

ネイティブディメンションズの鈴木さんは住学の立ち上げメンバーです。
他にも建築士会や専門学校の先生など、多方面で活躍されています。
小さな住まいへの溢れんばかりの熱情だけにとどまらず、その他のことまでいっさい手を抜かず、どうしてそこまで出来るのか!?
もはや鉄人ですね。

狭小住宅の鉄人!



弥彦の二村建築さん。

最初に見せていただいたのが、連合設計社市ヶ谷建築事務所の設計のモデルハウスです。

前職の時に、とある設計教室に1年間通わせていただきました。
その時に、連合設計社の、今は亡き吉田佳二氏にお教授いただきました。
5回しかない設計講座でしたが、今思い返すと設計の基本から叩き直されたような気がします。
その吉田佳二氏が率いていた連合設計社の設計。
感慨深かったです。

そしてとても素晴らしかった。
b0349892_11181217.jpg
b0349892_11163624.jpg
b0349892_11162366.jpg

このモデルハウスでは、カフェも開いているようです。
お茶を飲みにまたお伺いたいと思います。

この他、二村建築さんの敷地内にあるモデルハウスや事務所やイベントスペースなどなど、見学させていただきました。
そのうちの一つは、なんと今年のグッドデザイン賞を受賞していました!
立派な加工工場もあり、なおかつ大工の育成にも力を入れていました。
設計から職人育成まで、総合力の威力のようなものを感じました💦


フラワーホーム、藤田社長の自邸です。
設計は、住宅作家の伊礼智さん。

b0349892_13461791.jpg
b0349892_13455813.jpg
b0349892_13461084.jpg
住学の皆さん、見まくる、測りまくる、撮りまくる(^^)
b0349892_13460501.jpg
b0349892_13461386.jpg

もう言うことなし。。。
究極の建築を見せつけられた感じでした。。。
もう凄すぎて、どこをどう説明していいのやら。。。

というわけで、説明は他の方に譲ります💦
この時一緒に見学していた方々のブログをどうぞ!

エスネルデザインさんのブログ

山川建築事務所さんのブログ

伊礼智さんは、新潟にも講演に何度か来られています。

そのセミナーでの印象に残った言葉です。
・過剰ではなく、実用的なデザイン。斬新さではなく、居心地の良さを心掛ける。
・建てる予定の敷地に行ったとき、敷地の中で、気持ちの良い場所を見つける。
・断面に無駄のない家。
・良い景色だけ残して開口を絞る。光のデザインが出来る。
・遠くが見えるところに開口部を設ける。良い景色が取れるようにチャレンジする。
・開口部近傍に心地良さが宿る。デザインの可能性はまだまだある。
・性能の先の心地良さとは、住まい手の五感に応える総合的な設計の中にある。

あらためて読み返すと、その言葉がそのまま建築として表れた印象です。
落ち込みを通り越して、逆に勇気づけられました。


最後にソレイロリアデザインさん。
まだ作業中にもかかわらず、代表の五十嵐さんに案内していただき、丁寧に説明していただきました。
b0349892_13472119.jpg

b0349892_13472679.jpg
b0349892_13473084.jpg
室内の壁、全面モイス貼り💦
サトウ工務店さん直伝の施工方法とのことでした。
五十嵐さんが、サトウ工務店さんへ、直接教えてもらいに行ったそうです。
その探求心たるや!
そして同業者に惜しげもなく、ノウハウを教えてしまうサトウ工務店、佐藤さんの懐の深いところといったら!

その五十嵐さん渾身の住宅!
素材、ディテール、空間などなど、こだわりが詰まった住まいでした。
一見、静かで自然に近い立地条件かと思いきや、なんと準防火地域でした。
それでも、自然素材の良さを活かした外観や、サッシのガラスを網入りガラスに使用しないなど、さまざまな工夫や努力により、実現していました。
室内の雰囲気や、照明器具などオシャレで、センスが光っていました。
とても心地良く、そして住みやすそうな間取りで、実際の生活が始まってからの生活風景が見てみたいなぁ、と思いました。


住学番外編、勉強になります!
今回は全国に名の響いている建築家の仕事を2軒もみることが出来、感無量です。

同業者の実績をみて、落ち込んだり、凹んだりしますが、だんだんと打たれ強くなってきた気がします^_^;
それぞれの強みなども分かり、逆に自分のやりたいことや特色なども見えてきます。


やれること、やるべきことはたくさんあり、一つ一つの仕事に丁寧に携わっていけたらな、と思いました。


その他、住学番外編に関してのブログもどうぞ!

ネイティブディメンションズさんのブログ

ソレイロリアデザインさんのブログ

石田伸一建築事務所さんのぶろく

もっと他にもあるかも💦


今週末の、住学第5回目、楽しみです(^^)


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2018-10-24 09:30 | 建物探訪 | Comments(0)

住学4回目で、スピーカーの一人として、参加させていただきました。
b0349892_11305643.jpg

b0349892_11305854.jpg
撮影:ネイティブディメンションズの鈴木さん


住学4回目の様子など、ネイティブディメンションズの鈴木さんと、エスネルデザインの村松さんのブログで詳しく紹介してあるので、そちらをどうぞ!
(9/12に石田伸一建築事務所の石田さんからも紹介していただきました!)

〇ネイティブディメンションズ 鈴木さんのブログ

〇エスネルデザイン 村松さんのブログ
「住学第4回目開催!」過去最高のちゃんぶるー!

(9/12 追記)
〇株式会社石田伸一建築事務所

スピーカーは4人。

〇元編集者の鈴木亮平さん
「メディアに取り上げられるための情報発信のコツ」

〇オーガニックスタジオ新潟の小林紘大さん
「賃貸集合住宅グリーンホームズの暮らし」

〇アンドウッドの遠藤大樹さん
「次世代のためにシェアできるフローリングの提言」

そして、加藤淳一級建築士事務所の加藤淳

私のお題は、
「新潟で住宅設計者として生きる」

b0349892_10525521.jpg
新潟で活躍されている実務者が多い住学で、偉そうに話すこともできず(^_^;)、あくまで、「自分の場合」という感じでお話しさせていただきました。

また、どんな仕事でも共通していると思うのですが、一つのことを継続していくことには、自分で「楽しい」と思えることをトコトンやることが大事かな、と思っています。
そうすることによって、だんだんと自分の事務所のカラーというか、スタイルが確立していくような気がします。
b0349892_11522458.jpg

そこで、私が楽しみながら空間づくりをしていることを紹介しました。
時間が限られているため、自分が楽しんで設計しているいくつかのポイントのうち、二つの要素に絞りこんでいます。

 1.包み込まれているような空間
 2.光の採り入れ方と外部とのつながり

その二つの要素に絞って、どのような体験をして、どのような建物に影響を受けたか、いくつか紹介しました。
枚数が多いため、何枚かスライドをピックアップします。
b0349892_11114905.jpg
b0349892_11174610.jpg

モンゴルのゲル。



b0349892_11123574.jpg
b0349892_11134966.jpg

b0349892_11140153.jpg
スウェーデン、ストックホルムのスカンセンに実物展示してあるスウェーデンの伝統的な住居。



b0349892_11124767.jpg
b0349892_11125125.jpg
b0349892_11145211.jpg
b0349892_11131034.jpg
フィンランド、アルバ・アアルトの建物。
などなど。


そして、この後に加藤淳一級建築士事務所の設計を紹介しました☆
しかし、アアルトのあとに自分の設計を紹介するなんて、あまりにも厚顔無恥というか何というか。。。💦

そして、その設計物件に関しては、次回のブログで紹介したいと思います☆

住学で話した話したことが聞きたい、という方がいらしたら、いつでも事務所にお越しください。
スライドをお見せしながら、お話ししたいと思います(^^)

実際、経歴の中で、モンゴルのことを入れたのですが、時間がなくて割愛してしまいました💦
この後、何人かの方から、「モンゴルの事が一番聞きたかった!」と言われました(^_^;)
でも、モンゴルについて話し出すと、それだけで終わってしまいそうだったので。。。

モンゴルの話も出来ます!
事務所まで気軽に聞きに来てくださいね☆

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2018-09-11 12:03 | プロフィール | Comments(0)

住学番外編。
7月は盛りだくさんでした。

「大地の芸術祭2018」に出展される「香港ハウス」を事前見学させていただきました。
b0349892_15305950.jpg
基本設計は、香港の建築家です。
実施設計は、今回案内していただいた大平政志さん(大平木工 )さん。
環境やコスト面から、大幅な変更を余儀なくされ、建築家の了解のもと、大平さんが基本設計からアレンジしまくったそうです。
もとの図面を見せてもらったのですが、プランがかなり変わっていて、大平さんの苦労が伺えました。

b0349892_15310303.jpg
裏側のデザインも一切手を抜いていません。

b0349892_15312148.jpg
とても効果的なテラスのスリット。
これも大平さんのアイデア、とのこと。
外部、内部まで、ディテール、仕上げ、雰囲気、どれをとっても素晴らしかったです。
大平さんの建築に対する情熱をひしひしと感じられる建物でした。

ちなみに右下に写っているのが大平さんです(^^)
物静かな物腰で、柔らかい人当りですが、建築への拘りと探求心はすごいです。

 →大平木工+大平政志建築設計事務所のホームページ

ホームページを覗いたら、4月の時点で、「2018年の新築・増築工事は予約満杯になりました。」との記載が。。。


b0349892_15312654.jpg
住学のみなさん、隅々まで熱心に見ていました☆
内部の写真をSNSなどに上げるのはNG、とのことで、外部のみです。



b0349892_15313056.jpg
移動中、手塚貴晴さんの「いこて」に立ち寄りました。
休館日で残念^_^;



b0349892_15313307.jpg
新潟県十日町で活動されているツナグdesignさんの新事務所に寄らせていただきました。
まだ工事中ですが、既存の曲がり梁など、強烈な個性を放っています。
すごい建物になりそうで楽しみです。
ツナグdesignさんのブログに工事のことなど詳しくでていますので、ぜひ見てみてください。

 → ツナグdesignさんのブログ

リノベーションにも関わらず、屋根をかけ替えたり、建物の性能面を大幅にアップしていたり、と完成が待ち遠しいです。



日を変えて、長岡の大恭建興さんの建物も見学させていただきました。
写真は、残念ながらNGだったのですが、
建物の性能面や床下エアコンなど、惜しげもなく、丁寧に説明していただきました。
b0349892_16592868.jpg
   ↑ブログ記事も面白いし、参考になります☆

素材感やデザインも秀逸で、勉強になることばかり。
今週末に長岡でオープンハウスがあるようです☆

続いて、柏崎市へ移動し、まんなみ設計室さんの建物へ。
b0349892_15313611.jpg


b0349892_15313961.jpg
中庭の住まいです。
周辺環境は完全にシャットアウト。
それによって、中庭に静謐さが漂っていました。

b0349892_15314193.jpg
キッチンから中庭をみた写真です。

まんなみ設計室さんの建物にもやられました(^^;

設計力、半端なかったです💦

滔々と、穏やかに、この建物について語る堀井さんが、建築を探求する修行僧のように見えました。。。

他の方のブログで詳しく紹介されているので、ぜひ見てみてください。

→株式会社石田伸一建築事務所さんのブログ

→ネイティブディメンションズさんのブログ



7月は盛りだくさんでした☆

良い建物も観ると、とても参考になり、勉強になります。
それぞれの個性が良く分かることによって、自分の追求する空間もみえてきたような気がしました。

住学番外編で得たものを栄養にして、この猛暑を乗り切りたいと思います(^^)


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2018-07-31 16:54 | 建物探訪 | Comments(0)

7月2日の午後、住学番外編がありました。

b0349892_11450345.jpg
↑タトウノイエ サトウ工務店


1軒目に、加藤淳 一級建築士事務所で設計した「東中島の家」を見学。
光栄です(^^)
b0349892_11451303.jpg
番外編の連絡メンバーをみると10人位だったのですが、実際に30人くらい居てびっくりしました💦

まだ作業中だったのと、エアコンも未施工だったので、違った意味で熱気ムンムンでした。。。


2軒目が、住学主催者のサトウ工務店さんの「タトウノイエ」

参加者全員、ノックアウト!
という感じのビックインパクトでした^_^;
いつも通りというか、今回はさらに○○(?)というか、何とも言葉がありません。。。

何人かの方のブログにもその雰囲気が伝わってくるかと。


〇石田伸一さんのブログ

エスネルデザインさんのブログ

光栄なことに、東中島の家のことも書いていただいております(^^)


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2018-07-06 12:07 | 建物探訪 | Comments(0)

住まいの学校「住学」、第3回に参加してきました。

b0349892_10203379.jpg
座学、1限目がエスネルデザインの村松さん。
テーマは「世界の建築・世界の暮らし」
1年以上かけて、世界を巡ってきた村松さんの視点からのプレゼンテーション。
教科書でみるような名建築、観光名所や個人の住宅などなど。
村松さんの観察や感じたことをメインに展開していきます。
20代で、これだけの体験をしていて羨ましいかぎり。
事務所を立ち上げたばかりですが、これからの活動がとても楽しみです☆
いくつか感じることや印象に残るところがあり、設計に取り入れていけたら、と思いました。

b0349892_10203282.jpg
2限目が市川住建の市川さん。
大工の地位向上と、仕事の面白さを伝えるために「新潟八輝会」を立ち上げて行動している人です。
新潟のイベントでは引っ張りだこの様子で、その取り組みなどを中心に紹介してもらいました。
学校に講師としても呼ばれているそうです。
自分の仕事ぶりや誇りを子ども達に見せて、大工に限らず自分なりの楽しい仕事に就いてほしい、と語っていました。
そして、大工さんは「黙して語らず腕を魅せる!」という感じだと思いますが、市川さんはそのイメージを覆すほど話がうまい!
見習わなくては💦
b0349892_10203391.jpg
次回予告を、オーガニックスタジオの小林さん。
テンポと勢いのある強烈なプレゼンテーション(^^)
お互いの前職で同僚だったので、小林さんのことは良く知っているのですが、生来のホスピタリティー精神に加え、場数を踏んでいる様子で勢いが増していました☆

この後は、恒例の飲み会。
どんどん人数が増え、楽しさが増しています。
新潟の建築業界が変わっていく兆しを感じました☆

そして次回、私も15分程お話しさせていただくことになりました^_^;
短い時間で何を伝えられるか分かりませんが、頑張ります。
次回は、会場も本当の学校になるそうで、今からちょって緊張しています💦


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2018-06-25 11:09 | 日々雑感 | Comments(0)

住まいの学校「住学」

先週末に第二回があり、参加してきました☆
b0349892_09184190.jpg
今回は、主となられたお二人の講座でした。

一人目はネイティブディメンションズの鈴木さん。
タイトルは、
「小さな住まいで豊かに暮らす」

鈴木さんは、新潟で狭小住宅をメインに仕事をされている、稀有な建築家です。
なぜ狭小住宅をやるのか、という経緯の説明や、実作である「ミニストック」と名付けられた狭小住宅、約8棟を紹介してもらいました。
一番驚いたのは、紹介されたネタの豊富さ。
膨大な写真を次々と系統別にテンポよく紹介していきます。
「こんなにあって8棟だけ⁉」
と思うほどの物量でした💦
鈴木さんの一棟一棟に対する密度や拘りが半端ないです。。。
もしかしたら、鈴木さん設計の住宅一棟で、普通の家の10軒くらいのネタが詰まっているかもしれません^_^;
しかも狭小住宅で⁉

まいりましたm(_ _)m


二人目はサトウ工務店の佐藤さん。
タイトルは、
「構造を知るとプランが自由に」

構造に関することを、一般の人でも分かりやすい内容で説明されていていました。
佐藤さんの物件はいくつか見せていただき、また飲み会などで、家づくりや構造の話などお聞きしていたのですが、この講座によって、今まで聞いていたことが、1本の筋になって頭の中に落し込まれた感じがしました。
構造だけでなく、省エネ性能や太陽の入り方、外部からの視線、内部から外部への視線などのシミュレーションも、自分の手法を惜しみなく紹介されていて脱帽です^_^;

佐藤さんは工務店をされていますが、そんじょそこらの設計事務所のレベルを遙か超えています。
それもそのはず、他県で建築のプロ向けの講演に呼ばれたり、全国紙でも取り扱われたり、と注目度が高まっています。
会うたびに刺激を受けていますが、今回も再認識させられました。

懇親会も同業者の方と話す、とても楽しい会でした。
今回は、なんと鈴木さんの紹介したスライドにも住まわれているお客様も数組参加されてました。
お客様とも、施工を請けている工務店さんとも話せたのですが、鈴木さんへの愛が感じられて、とても羨ましく感じました(^^)
この仕事の醍醐味ですね。

次回も楽しみです☆


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2018-04-17 10:04 | 日々雑感 | Comments(0)