人気ブログランキング |

設計する際、限られた空間の中で如何に広がり感を出すか色々と工夫しています。

その一例で、先週撮影させていただいた関屋下川原の家の例を挙げます。
b0349892_09065215.jpg
↑設計コンセプト↑

どのように広がり感を出すことが出来るか、図にしてみました。

関屋下川原の家での大きなポイントとしては、
「空間の容積を変えずに、如何に広がり感を出せるか」
という点です。

 一つのボリュームを二つに分けます
    ↓ ↓ ↓
 そのボリュームをずらします平面的な広がり
    ↓ ↓ ↓
 ③小さな吹抜を付け加えます(立体的な広がり



b0349892_09431050.jpg
コセンプト図の②を平面的に書いた図です。
ピンクと青をずらすことにより、視線が延びて、奥行を感じられるようになります。

b0349892_09064984.jpg
③そして、小さな吹抜を付け加えます。
ただ付け加えると、その分、部屋の容積が増えてしまいます。
ですが、天井をほんの少し低くすることにより、もとの容積のままです。

天井がほんの少し低くなっていますが、小さな吹抜があることにより、天井高さのメリハリが出て、広がり感を出す効果が増しています。




b0349892_09064218.jpg
奥のキッチン側からの写真
b0349892_09062979.jpg

対角側の玄関を入ってからの写真

視線が対角に延びて、広がり感を感じませんか?
少し低めの天井高さも、開口部(サッシ)の高さを天井に合わせることにより、気になりません。
そして小さな吹抜が、天井高さのギャップと視線の抜けをつくり、広がり感を演出しています。

b0349892_09063399.jpg
小さな吹抜(写真:Daily Lives Niigata)

b0349892_09063783.jpg
LDK全体(写真:Daily Lives Niigata)

広がり感の演出に関しては、つねに工夫しているので、決まったカタチを決めている訳ではなく、物件ごとに変わります。
敷地条件、オーナーのライフスタイルやコストなどなど。
当然のことながら、条件が異なれば、設計も変わってくるのです。

広がり感を演出する他の例も、ホームページのコラムもどうぞ。
 吹抜に頼らず、開放的な空間をつくるには(←クリック)
 小屋裏の有効利用~開放的な空間~(←クリック)



□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2019-09-25 10:01 | コラム | Comments(0)

昨年の夏頃にお引き渡した関屋下川原の家に、Ag-工務店の渡部さんと撮影でお伺いしました。


b0349892_10022047.jpg


b0349892_10025152.jpg
長男のたいちゃんが元気よくお出迎えしてくれました(^^)

b0349892_10051640.jpg
たいちゃん、モデルにもなってくれました☆



b0349892_10023298.jpg
キッチン
撮影にお伺いしたにも関わらず、オーナーから美味しいコーヒーを頂いちゃいました💦
モデルにもなってもらって、K様、本当にありがとうございます!


b0349892_10031354.jpg
玄関からLDKに入る
家族が入ると本当に空間が活きてきます(^^)


b0349892_10030118.jpg
リビングスペース


b0349892_10032965.jpg
ダイニングと小さな吹抜。
ダイニングテーブルはコーナー部分にあります。
溜まりが出来て、落ち着くスペースです。
小さな吹抜の小窓から光が入り、白壁に反射して吹抜全体が明るくなり、ダイニングが気持ちの良い空間になります。

b0349892_10034198.jpg
ダイニングとキッチン

b0349892_10032199.jpg
ダイニングから


b0349892_10041299.jpg
3畳のサニタリースペース
浴室の脱衣室も兼ねています。
LDKに接して、サニタリーがあります。
冬は引戸を開けたままにして、浴室や洗濯物の湿気を、過乾燥になりがちなLDKに呼び込みます。
洗濯物も乾いて一石二鳥(^^)

b0349892_10035742.jpg
LDKのファミリークローク
サニタリーの横にあります。
洗う→干す→仕舞う
の家事がラクラクです(^^)
b0349892_11065786.jpg

b0349892_10045209.jpg
2階ホールにある本棚
ちょっとしたスペースに本棚を設けました。
有効利用されていました☆


b0349892_10050242.jpg
小屋裏の書斎と納戸も良い感じに使われていました☆

撮影はDaily Lives Niigata鈴木さん

フローリングも定期的にメンテナンスされていて、とても綺麗でした。
ご主人が掃除や換気扇のお手入れなどのTODOリストを作成し、奥様と二人で協力してこなしているとお聞きしました。

K様の施主力、高すぎですっ💦

住まいに愛着をもっている様子が伝わってきて、とても嬉しくなりました。
お引き渡ししてから、生まれた赤ちゃんも、長男のたいちゃんもすくすくと育っていました。
「かとうさん、かとうさん」と話しかけてくれて癒されました(^^)

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2019-09-18 11:07 | 経年変化する木のいえ 生活風景 | Comments(2)

五十嵐の家04。

新潟市西区の五十嵐地域にはご縁があるようで、もう4棟目になりました(^^)
b0349892_11343405.jpg
南面に雑木林があり、最高のシチュエーションです☆
b0349892_11343566.jpg
南面の雑木林もそうですが、五十嵐の家04では、ルーフテラスから日本海をみることが出来ます!
佐渡島までバッチリ見えるんです(^^)


加藤淳一級建築士事務所では、綿密な敷地調査を行い、その敷地が持つポテンシャルを最大限に引き出せるような提案を心掛けています。

五十嵐の家04では、南の雑木林と、屋根からの景色でした。
オーナーのご要望を満たすのはもちろんのこと、ライフスタイルの変化や敷地条件の制約、コスト等々、様々な要素を検討します。
それらの要素のうち、敷地がもつ諸条件の重要度はもっとも高いです。

ハウスメーカーの規格住宅であれば、どの敷地にもあうようなプランが用意されています。
この敷地であれば、このプラン、
この予算であれば、こっちのデザイン、
という感じで。。。

既存のプランから「選ぶ」のでなく、一からつくり上げていく。
家は「買うもの」ではなく「造るもの」です。

坪あたり、何十万もする土地を、多くの人がローンを組んで購入します。
親から譲り受けたり、建て直したりして、土地にかかる費用が少なく済む場合もありますが、土地の価値に変わりはありません。

その土地、その敷地の持つポテンシャルを最大限に引き出すのが、住宅設計者の使命であり、また醍醐味だとも考えています。
そしてその場所に住む人のライフスタイルに合った最適な住まいを模索し、提供していきたいです。


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2019-09-10 11:59 | 新築・改築 | Comments(0)

ホームページの更新

奈良三郷町の家をHPにアップしました☆

写真家、星野裕也さんの写真をブログよりも多く掲載したので、ぜひご覧下さい(^^)

加藤淳一級建築士事務所HP WORKS/新築 奈良三郷町の家(←クリック)
b0349892_11143144.jpg

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2019-09-03 11:18 | プロフィール | Comments(0)