人気ブログランキング |

奈良の慈光院 に行ってきました。

JR大和路線、大和小泉駅から歩いて15分ほどの小高い丘の上に、慈光院があります。
拝観料を払うと、まず初めに書院に案内され、抹茶が振舞われます。

その時の景色がこちらです!
b0349892_06120573.jpg
どうですか?

良いですよねっ!?

もう一枚!
b0349892_06142047.jpg
書院に通され、赤い毛氈の上に座り、庭を眺めていると、徐々に落ち着いて心が静まってきました。
b0349892_06161081.jpg
振舞われた抹茶をゆっくりと飲むと、それまで気がつかなかった風の音や鳥のさえずりなどが聴こえてきます。

とても心地良い空間です。


寺院にしては、珍しく昔の一般住宅のモジュールを使っていました。
空間を仕切る建具の鴨居下端で、5尺7寸。
約173センチです。
普通に歩くと、頭が擦れます💦
b0349892_06351435.jpg
鴨居の下を通るとき、少し頭を下げ無ければいけないので、低すぎると感じる人が多いかもしれません。
でも昔の日本人は背が低かったので、ちょうど良い寸法だったのだと思います。

天井の高さは、8尺。
約2.4mです。

一般住宅の天井高さで、寺院にしては珍しい低さです。
おそらく、他の寺院の天井高さは12尺、3.6mくらいが多いのではないでしょうか。

慈光院の鴨居の低さや天井高さは、個人的に好きなスケール感です。

これこそ、
「日本人のヒューマンスケール!」
という感じがします(^^)

流石に、自分の設計で住む人の身長より、建具の高さや天井を低くすることはありませんが💦


和室は畳に座った時の「居心地の良さ」が重要だと思っています。

和室に限らず、部屋ごとにその「居心地の良さ」は異なります。

例えば、
 居間ではソファに座った時、
 ダイニングでは椅子に座った時、
 書斎では、机に向った時、
などなど。

和室でもどの部屋でも、天井は無理に高くすることも、低くし過ぎることもなく、
「居心地の良さ」から決めれば良いと考えて設計しています。

ただし、ただ単純に天井を低くするだけでは、圧迫感のある空間になってしまうため、開口部の取り方や天井高さのメリハリ、視線の抜け方などなど、設計の工夫が必須条件です☆

身体的なスケール感の際立つ、慈光院。
見所満載でした☆
b0349892_06251176.jpg
b0349892_06260003.jpg
外部のような、内部のような、中間領域の縁側。
低い軒の高さにより、風景が切り取られ、視線は庭へと導かれます。
とても心地良い空間です。


奈良の慈光院(←慈光院のHP 私の写真より、もっと素敵な写真がみれます)

奈良市から少し離れていますが、おススメです!



□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2019-02-27 08:42 | 建物探訪 | Comments(0)

荻曽根の家、木工事が9割ほど、終了しました。
b0349892_11473977.jpg
居間の床が少し下がっていて、天井が少し上がっています。
程よい開放感です(^^)
b0349892_11271740.jpg
2階の寝室。
小上りになっているのが、居間の少し天井が上がっている部分です。

予定より少し遅れています💦
スキップフロアになっているため、いつもより手間がかかっているようです^_^;

Ag-工務店さんも丁寧に施工を進めてくれているので、オーナーのご了解のもと、現場の施工精度優先で進んでいます。

オーナーのご厚意により、Ag-工務店さん 主催のオープンハウスを行うことになりました☆
3月23日(土)、24(日)に行う予定です。
場所は、新潟市江南区の亀田総合運動公園の近くです。

詳細が分かりましたら、またご案内しますね♪


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2019-02-18 11:50 | 新築・改築 | Comments(0)

先日、Daily Lives Niigata鈴木亮平さんにインタビューしていただきました。

あらためて質問されることにより、独立してからの仕事をしっかりと振り返ることが出来ました。


そして、事務所を立上げ当初に考えていた、

「加藤淳一級建築士事務所へ依頼される方へ、どのようなものを提供することが出来るだろうか?」

ということを改めて考え直す良いキッカケになりました。


まだ少しモヤモヤっと考えていますが、なんとなく言葉にすると、

「日々の暮らしの視点」から、「生活することの本当の豊かさ」みたいなものを感じられる住まいづくり

という感じです。

「日々の暮らしの視点」、というのは、毎日家事と育児に追われている私にピッタリな感じ。
(主婦目線の家事導線には定評があります☆ 身を持って実践しているので)

「生活することの本当の豊かさ」というと抽象的ですよね💦
人それぞれですし^_^;
これは原点のようなもので、当たり前のことかも知れません。

でも、その思いをシッカリと心の重心に置いて、設計を突き詰めて考えれば考えるほど、住まい手にとってより良い住まいになっていくような気がしています。


そして、追求していくには、やっぱり加藤淳一級建築士事務所だけでは無理です。

Ag-工務店の渡部さんをはじめ、一緒にお仕事をさせてもらっている工務店、職人さんや業者さんなど、多くの方々との関わりによって、実現できるのだと思いました。


多くのご縁により、とても充実した日々を過ごさせていただいていますが、今後も一つ一つの仕事に、誠意と向上心をもって取り組んでいきたいと思います!


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2019-02-12 15:50 | プロフィール | Comments(0)

事務所の改修工事ですが、少しずつ進んでいます。
外部の格子材の取付がほぼ終了しました☆
b0349892_09545313.jpg
b0349892_09582715.jpg
外観ビフォー写真
だいぶ印象が変わりました(^^)
b0349892_10002743.jpg
軒天材に以前の事務所のフローリング材を再利用しました。

b0349892_10001913.jpg
一枚一枚を良く見ると、傷があったり、色が褪せていたり、ちょっと汚いですが、全体としてはなかなか良い雰囲気になりました。
左側のグレー色の横格子は、以前の事務所に使っていた格子材です。
b0349892_10070643.jpg
以前の事務所の写真です。
すでに懐かしい^_^;
この床材を、軒天材に再利用しました。
b0349892_10065316.jpg
格子材も再利用
最初はホワイト色を塗ったのですが、3年間風雨にさらされ、グレー色になっています。

b0349892_10344051.jpg
移転前の事務所で3年間、仕事をしていました。

たったの3年、
かもしれませんが、それでも加藤淳 一級建築士事務所の歴史の一部です。

その歴史の一部を残し、3年間の記憶のようなものも引継ぎたいな、と考えて再利用しています。


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2019-02-04 10:12 | リノベーション・リフォーム | Comments(0)