人気ブログランキング |

先週末、関屋下川原の家オーナーのご厚意により、オープンハウスを行いました。
b0349892_09224078.jpg
オーナーから、
「私たちも何軒かオープンハウスを見せていただいてイメージ出来たことろもあるので、他の方にも実物を見て参考になるところがあれば嬉しいです」
と、ありがたいお言葉をいただきました(涙

一生住み続ける家を造るのに、HPや写真だけでは、不安になったり、悩みも多くなりますよね💦
私たちはモデルハウスを持っていないので、協力していただて本当に感謝です。



来場者によって表現は違いますが、

「内部がナチュラルな感じで統一されていて雰囲気がとても良いし、明るい」

「外観が延べ床面積の割に大きく見える」

というような感想が多かったです。



今まで、「ブラックの外壁が良い」

と言っていたお客様が、関屋下川原の家を見て、

「ホワイトの外観、良いですね!ブラックは止めて、ホワイトにしようかな、、、」

と本気で悩まれていました。
b0349892_09523528.jpg
(施工中の外観写真)


他にも、LDKの広がり感、床下エアコン、収納力、キッチンの広さ、食洗器やサニタリー等々、反響がとても良かったです。
b0349892_09182327.jpg
オーナーこだわりのマリメッコのシェード☆

今回、全体的にとてもシンプルにまとまっているので、マリメッコのシェードが際立ちました(^^)
「我が家にも!」と、私が聞いただけでもリクエストが3件ほどありました。


という感じで、オープンハウスを23日と24日の午後に行ったのですが、とてもとても大好評でした(^^)


駐車場の関係で予約制だったのですが、同業者の方も合わせて、20組弱の来場がありました☆
貴重な連休にも関わらず、ご来場いただいた皆様、大変ありがとうございますm(_ _)m

Ag-工務店さんに施工をお願いしている別の設計事務所の方も観に来られて、

「何でもっと告知しないんですか?もったいない!」

と言われました^_^;

というわけで、もしご興味のある方はご連絡ください☆
ご案内します。
同業者の方でももちろんOKです。
場所は新潟高校のすぐ近くです。
今週末にお引き渡ししてしまうので、平日限定になってしまいますが、、、

お気軽にご連絡くださいね☆

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2018-09-25 09:55 | 新築・改築 | Comments(0)

足場解体と足場組立

関屋下川原の家、足場が解体されました☆
施工は、Ag-工務店さん。
b0349892_22043764.jpg
スッキリとしたファサードです。
出来るだけ、シンプルで飽きの来ない外観デザインを心掛けています。


b0349892_22044025.jpg
内部もシンプルです。
とても明るく、広がり感のある住まいになりました。

b0349892_22044227.jpg

階段の上からの光が、良い感じで入ってきます。

9/23(日)と24(月)に、加藤淳一級建築士事務所、AG -工務店で検討中のお客様限定のオープンハウスを行います。

まだお声がけ頂いていない方でも、事前にお問い合わせ頂ければ大丈夫です。
お気軽にご連絡ください(^^)

同業の方もOKですので、ご興味のある方はぜひ☆


b0349892_22044527.jpg
続いて、関屋大川前の文京田中建設さんとのコラボワークス。
こちらも足場が解体されました☆


b0349892_22044758.jpg
内部も着々と進んでいます。
工事は少し遅れ気味で、10月中旬頃、オープンハウスを行うそうです。
狭小地に建つ、子育て世帯の住まいです。
ご興味のある方は、ぜひご連絡ください。

b0349892_22185500.jpg
Ag-工務店さんの増築工事。
この前、打合せでお伺いしたら、こちらも足場が解体されていました☆
内部はまだ工事中でしたが、少しずつ完成に近づいているようです(^^)

関屋下川原の家のオーナーから、
「足場が解体されると、一気に進んだ感がありますよね」
と言われました。

確かにそうですね^ ^

この仕事を始めてけっこう経ちますが、いまだに足場が解体されるのをワクワクしながら待っています。



b0349892_22044900.jpg
最後に上大川前通の家。

前の3物件と逆に足場が組み上がりました(^^)

地盤改良や、基礎工事では、しばらく平面的な作業が続きます。(杭は地盤深くまで施工するので、平面的とは言えませんが、地中に埋まっていてみえないので)

工事が始まって、1ヶ月くらいは、立体にならず、平面的な作業ばかりです。

でも足場が組み立てられると、とたんに建物のボリューム感が分かるので、これはこれで、ちょっと感動してしまうのです。

上棟時には、その感動はさらに倍!という感じです^ ^


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2018-09-18 22:36 | 新築・改築 | Comments(0)

住学4回目で、スピーカーの一人として、参加させていただきました。
b0349892_11305643.jpg

b0349892_11305854.jpg
撮影:ネイティブディメンションズの鈴木さん


住学4回目の様子など、ネイティブディメンションズの鈴木さんと、エスネルデザインの村松さんのブログで詳しく紹介してあるので、そちらをどうぞ!
(9/12に石田伸一建築事務所の石田さんからも紹介していただきました!)

〇ネイティブディメンションズ 鈴木さんのブログ

〇エスネルデザイン 村松さんのブログ
「住学第4回目開催!」過去最高のちゃんぶるー!

(9/12 追記)
〇株式会社石田伸一建築事務所

スピーカーは4人。

〇元編集者の鈴木亮平さん
「メディアに取り上げられるための情報発信のコツ」

〇オーガニックスタジオ新潟の小林紘大さん
「賃貸集合住宅グリーンホームズの暮らし」

〇アンドウッドの遠藤大樹さん
「次世代のためにシェアできるフローリングの提言」

そして、加藤淳一級建築士事務所の加藤淳

私のお題は、
「新潟で住宅設計者として生きる」

b0349892_10525521.jpg
新潟で活躍されている実務者が多い住学で、偉そうに話すこともできず(^_^;)、あくまで、「自分の場合」という感じでお話しさせていただきました。

また、どんな仕事でも共通していると思うのですが、一つのことを継続していくことには、自分で「楽しい」と思えることをトコトンやることが大事かな、と思っています。
そうすることによって、だんだんと自分の事務所のカラーというか、スタイルが確立していくような気がします。
b0349892_11522458.jpg

そこで、私が楽しみながら空間づくりをしていることを紹介しました。
時間が限られているため、自分が楽しんで設計しているいくつかのポイントのうち、二つの要素に絞りこんでいます。

 1.包み込まれているような空間
 2.光の採り入れ方と外部とのつながり

その二つの要素に絞って、どのような体験をして、どのような建物に影響を受けたか、いくつか紹介しました。
枚数が多いため、何枚かスライドをピックアップします。
b0349892_11114905.jpg
b0349892_11174610.jpg

モンゴルのゲル。



b0349892_11123574.jpg
b0349892_11134966.jpg

b0349892_11140153.jpg
スウェーデン、ストックホルムのスカンセンに実物展示してあるスウェーデンの伝統的な住居。



b0349892_11124767.jpg
b0349892_11125125.jpg
b0349892_11145211.jpg
b0349892_11131034.jpg
フィンランド、アルバ・アアルトの建物。
などなど。


そして、この後に加藤淳一級建築士事務所の設計を紹介しました☆
しかし、アアルトのあとに自分の設計を紹介するなんて、あまりにも厚顔無恥というか何というか。。。💦

そして、その設計物件に関しては、次回のブログで紹介したいと思います☆

住学で話した話したことが聞きたい、という方がいらしたら、いつでも事務所にお越しください。
スライドをお見せしながら、お話ししたいと思います(^^)

実際、経歴の中で、モンゴルのことを入れたのですが、時間がなくて割愛してしまいました💦
この後、何人かの方から、「モンゴルの事が一番聞きたかった!」と言われました(^_^;)
でも、モンゴルについて話し出すと、それだけで終わってしまいそうだったので。。。

モンゴルの話も出来ます!
事務所まで気軽に聞きに来てくださいね☆

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2018-09-11 12:03 | プロフィール | Comments(0)