人気ブログランキング |

文京田中建設さんとのコラボワークスです。

敷地面積21坪⁉
子育て世帯、4人家族の住まいです☆
b0349892_12153598.jpg
運よく隣の土地が空いていたので、そこにレッカー車を設置。
工事が大変そうです💦
b0349892_12162763.jpg
b0349892_12151816.jpg
敷地は21坪ですが、車2台停めます!(ギリギリですが💦)
b0349892_12152222.jpg
2階リビングで、屋根勾配を利用した広々とした空間です☆
狭小地でも広がり感のある空間になりそうです(^^)

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2018-06-30 12:23 | 新築・改築 | Comments(0)


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2018-06-26 16:19 | プロフィール | Comments(0)

住まいの学校「住学」、第3回に参加してきました。

b0349892_10203379.jpg
座学、1限目がエスネルデザインの村松さん。
テーマは「世界の建築・世界の暮らし」
1年以上かけて、世界を巡ってきた村松さんの視点からのプレゼンテーション。
教科書でみるような名建築、観光名所や個人の住宅などなど。
村松さんの観察や感じたことをメインに展開していきます。
20代で、これだけの体験をしていて羨ましいかぎり。
事務所を立ち上げたばかりですが、これからの活動がとても楽しみです☆
いくつか感じることや印象に残るところがあり、設計に取り入れていけたら、と思いました。

b0349892_10203282.jpg
2限目が市川住建の市川さん。
大工の地位向上と、仕事の面白さを伝えるために「新潟八輝会」を立ち上げて行動している人です。
新潟のイベントでは引っ張りだこの様子で、その取り組みなどを中心に紹介してもらいました。
学校に講師としても呼ばれているそうです。
自分の仕事ぶりや誇りを子ども達に見せて、大工に限らず自分なりの楽しい仕事に就いてほしい、と語っていました。
そして、大工さんは「黙して語らず腕を魅せる!」という感じだと思いますが、市川さんはそのイメージを覆すほど話がうまい!
見習わなくては💦
b0349892_10203391.jpg
次回予告を、オーガニックスタジオの小林さん。
テンポと勢いのある強烈なプレゼンテーション(^^)
お互いの前職で同僚だったので、小林さんのことは良く知っているのですが、生来のホスピタリティー精神に加え、場数を踏んでいる様子で勢いが増していました☆

この後は、恒例の飲み会。
どんどん人数が増え、楽しさが増しています。
新潟の建築業界が変わっていく兆しを感じました☆

そして次回、私も15分程お話しさせていただくことになりました^_^;
短い時間で何を伝えられるか分かりませんが、頑張ります。
次回は、会場も本当の学校になるそうで、今からちょって緊張しています💦


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2018-06-25 11:09 | 日々雑感 | Comments(0)

新潟の住宅雑誌、ハウジング新潟SUMICA江南の家が紹介されました。

b0349892_15351752.jpg

b0349892_15351461.jpg
女性目線で建てた家、というトピックで紹介されています。
大人の事情で、事務所名は出ていないのですが、書店で見かけたら手に取ってみてください(^^)

b0349892_15351289.jpg
表紙は、この前見学させてもらった某I住宅さんの物件かな?

表紙の物件などなど、同業者でも「おっ」と唸るような物件が多数掲載されていました☆
500円、とワンコインのわりには価格以上のお買い得感があると思います(^^)

家づくりを考えられているかたはぜひ見てみてください。


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2018-06-22 15:48 | 経年変化する木のいえ 生活風景 | Comments(0)

こだわりのヘリンボーン

東中島の家、竣工に向け工事が進んでいます。

b0349892_16554165.jpg
ヘリンボーンの腰壁。
オーナーから最初に相談をいただいた時から、「ヘリンボーンを使いたい」とご要望がありました。
検討を重ねた結果、キッチンの腰壁とニッチの壁に使用しました。
ヘリンボーンの材料は沼垂テラスにあるアンドウッドさんから。

木のことなら偏執的なまでの知識と実行力のあるアンドウッドの遠藤さんから、ヘリンボーンの張り方、仕上げ方のアドバイスをいただきました☆
アンドウッドさんのホームページ内にある木材調達記は、読み物としてもとても面白いので、ぜひぜひ覗いてみてください(^^)
アンドウッド木材調達記(←クリック)

アンドウッドの遠藤さんは、木に関することだけでなく、話もとても面白いので、ホームページをみて興味をもったら、ぜひ沼垂テラスへ訪問してみてください。
b0349892_16523757.jpg
造り付の家具を造作中。
もう一息です。
b0349892_16554869.jpg
足場も解体されました☆
これから外構工事が始まります。

●●●オープンハウスのお知らせ●●●
オーナー様のご厚意により、オープンハウスを行います☆
駐車スペースに限りがある為、予約制になりますが、お気軽にご連絡ください。

〇日時:7月8日(日) 10:00~17:00
〇場所:東新潟駅近く(ご予約頂いた方に、詳しい住所をお知らせします)


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2018-06-19 17:23 | 新築・改築 | Comments(0)

べた基礎を採用した理由

新潟市中央区の関屋下川原の家、基礎工事が完了しました☆
b0349892_09444979.jpg
以前のブログに、布基礎か?べた基礎か?どちらが良いか?と記事を書きました。

結論としては、木造住宅の場合は「布基礎が良い」と書いていたのですが、関屋下川原の家は「べた基礎」です。

「えっ?!書いてることとやっていることが違うじゃんっ!!」
と思いますよね⁈

ちょっと待ってください。
べた基礎を採用したのには理由があるのです。

それは、今回の物件が床下エアコンによる暖房計画だからです。

床下エアコンとは、簡単に言うと、基礎内に送風するようにエアコンを設け、床下から家を温める方式です。

布基礎のように、立上り(基礎の壁のようなもの)が多くなると、温まりづらい場所が増えてしまいます。

べた基礎の場合は、地中梁にすることによって、基礎の立上りを減らすことが出来るため、基礎内の温度ムラを少なくすることが出来るのです。

b0349892_10055775.jpg
↑ちょっと分かりづらいかも知れませんが、深く掘り下げているところが地中梁です。


また、コンクリートの蓄熱効果も期待できます。

私のブログより、床下エアコンについて詳しく書いているものが多いので、気になる方は検索してみてくださいね☆


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2018-06-13 10:13 | 新築・改築 | Comments(0)

東中島の家、工事が少し遅れ気味ですが、良い感じで進んでいます。

b0349892_11212052.jpg
外部ももう少し。
三角屋根のシンプルな外観になります☆

来週には足場が解体される予定です。
楽しみです(^^)


b0349892_11212406.jpg
壁、天井の内装の下張りなどは終了し、造作の家具や棚の工事中です。

b0349892_11212990.jpg
ホッとするような居心地の良い空間を意識しながら、設計や監理を行っています。
もちろん品質もチェック。
職人さんたちに腕を奮ってもらいながら、居心地の良い空間づくりを進めていきます☆

7月8日(日)にオープンハウス予定です。
駐車スペースが限られてしまうため予約制になりますが、ご興味ある方はぜひお声がけください(^^)


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2018-06-06 11:32 | 新築・改築 | Comments(0)