加藤淳一級建築士事務所の日記

junarch.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:リノベーション・リフォーム( 54 )


2018年 03月 24日

堀之内の家 内装工事完了

リノベーションの「堀之内の家」、内装工事が完了しました☆
b0349892_07424065.jpg
↑クリーニング中の写真です。

和室二間と縁側を一体にして、広々とした明るい空間になりました。
天井の高さがリノベーション前より少し低くなっていますが、小屋裏を表したり、開口部を工夫することによって、居心地の良い空間になっています。

↓ビフォーの写真↓
b0349892_07473384.jpg
↑ビフォーの写真↑
リノベーション前の写真です。
和室二間と右側が縁側です。

b0349892_07584998.jpg
既存の建具も表具と障子を張り替えて再利用しました。


外観もリニューアル。
b0349892_07424073.jpg

傷んでいた外壁とセメント瓦を剥がし、耐力壁を張って、耐震性を高めています。
これから外構工事が始まります☆

オープンハウスは開かないのですが、ご興味のある方はご案内しますので、ぜひお声がけください。

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

[PR]

by jun-arch | 2018-03-24 08:04 | リノベーション・リフォーム | Comments(0)
2018年 02月 24日

セメント瓦からガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え

堀之内の家リノベーション工事。
やっと屋根の葺き替え工事が出来ました☆

劣化していたセメント瓦を剥がし、屋根の下地をやり替えてから、ガルバリウム鋼板の屋根に葺き替えています。
屋根の重量が軽くなる為、耐震性が上がります。
b0349892_06565230.jpg
昨年から工事が始まったのですが、なかなか天候に恵まれず、工期終盤でやっと施工出来ました。

b0349892_06565868.jpg
b0349892_06565665.jpg
内部の木工事はほぼ終了。
これから内装工事が始まります☆


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

[PR]

by jun-arch | 2018-02-24 07:05 | リノベーション・リフォーム | Comments(0)
2018年 02月 03日

木工事終盤 堀之内の家

堀之内の家、リノベーション工事。
木工事が終盤です。
b0349892_17044550.jpg
和室二間と廊下を一体的な空間にしています。
天井は高すぎず、低すぎず、程よく落ち着く感じでまとめています。
b0349892_17051247.jpg
急勾配だった階段を解体し、ゆったりと上れるように新設しました。

外部工事が悪天候によって大幅に遅れていますが、内部は順調に進んでいます(^_^;)

細かな家具や造作工事の後に内装工事に入ります☆



□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

[PR]

by jun-arch | 2018-02-03 17:12 | リノベーション・リフォーム | Comments(0)
2017年 12月 26日

小屋梁を空間のアクセントに

堀之内の家、木工事が進んでいます。
天井の下地も出来て、室内の雰囲気がだいぶ分かるようになってきました。
b0349892_06515698.jpg
天井は高すぎず、低すぎず、程よく落ち着く感じでまとめました。
そして既存の小屋梁を一部を、空間のアクセントにします♪
丸太の小屋梁をみせられるのは、リノベーション工事ならではです。
b0349892_06525855.jpg
図面をみて考え込んでいるのは、Ag-工務店の皆川大工。
まだ若いですが、ここ数年、難しい仕事を任され、メキメキ腕を上げています☆
皆川大工による「堀之内の家」、居心地の良い家になりそうです(^^)

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

[PR]

by jun-arch | 2017-12-26 07:06 | リノベーション・リフォーム | Comments(0)
2017年 10月 02日

リノベーション工事の醍醐味

堀之内の家、リノベーション工事がスタートしました!

b0349892_08580974.jpg
耐震診断時に床下や天井裏にもぐって、昔ながらの土壁があることを確認して、土壁の耐震性も考慮に入れたうえで耐震計画を立てていました。

でも解体してみてびっくり( ゚Д゚)

もぐりこめなくて、チェックできなかったところに土壁がありませんでした💦
急いで土壁が入っていない壁をチェックし、耐震の再計算をしました。
結果としては、耐震計画を一部変更することで、なんとかなりそうです。

ひとまず、ひと安心(^^)

リノベーションやリフォーム工事はいくら調査しても、いざ壊してみないと分からないことがあります。
設計や耐震の構造計算以外にも、経験値、アイデアや職人の技術などなど、新築工事よりも建築の総合力のようなものが問われます。

とても大変ですが、それをどうクリアして、安心・安全な家にするか。

リノベーション工事の醍醐味です☆



□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

[PR]

by jun-arch | 2017-10-02 09:23 | リノベーション・リフォーム | Comments(0)
2017年 07月 26日

2期目の工事  文京町の家

文京町の家、2期目の工事も大詰めです。
b0349892_10142976.jpg

b0349892_10143276.jpg
こちらは工事開始前の写真。


b0349892_10143148.jpg

奥側の1期目の工事部分を残して、店舗部分を解体。

b0349892_10183594.jpg

道路側は、強烈な西日が当たるので、窓は少なめに。

b0349892_10142708.jpg
ポーチと車庫を兼ねて、玄関前に屋根をつくりました。
雨や雪を気にせず、車から中に入れます(^^)

b0349892_10200702.jpg
道路側は吹付け仕上げです。

良い感じになりそうです☆

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

[PR]

by jun-arch | 2017-07-26 10:29 | リノベーション・リフォーム | Comments(0)
2017年 06月 10日

文京町の家 ビフォーアフターその1

文京町の家、リノベーション工事が半分ほど終わりました。
工事はまだ途中ですが、竣工した部分に住み始めるためクリーニングしました。
写真を撮ってきたので少しだけアップします☆


宴会場で使われていたお座敷を、住居にリノベーションしています。
大事な思い出を残すように、可能なかぎり、ありのまま、残すように心掛けて設計しました。

↓↓↓アフター↓↓↓
b0349892_17061834.jpg
↑↑↑アフター↑↑↑


↓↓↓ビフォ―↓↓↓
b0349892_17425564.jpg
↑↑↑ビフォ―↑↑↑


↓↓↓アフター↓↓↓
b0349892_17070688.jpg
↑↑↑アフター↑↑↑


↓↓↓アフター↓↓↓
b0349892_17072130.jpg
↑↑↑アフター↑↑↑


↓↓↓ビフォ―↓↓↓
b0349892_17422865.jpg
↑↑↑ビフォ―↑↑↑


↓↓↓アフター↓↓↓
b0349892_17082366.jpg
↑↑↑アフター↑↑↑

特徴的な欄間をそのまま残し、高かった天井を少しだけ低くしています。
もともとあった建具も襖を貼替え、リユースしました。


↓↓↓ビフォ―↓↓↓
b0349892_17435944.jpg
↑↑↑ビフォ―↑↑↑


↓↓↓アフター↓↓↓
b0349892_17092549.jpg
↑↑↑アフター↑↑↑

床の間の落とし掛けをそのまま残しました。
欄間の障子戸、建具も、補修して再利用しています☆


↓↓↓アフター↓↓↓
b0349892_17093904.jpg
↑↑↑アフター↑↑↑

書院も破損していたところをリペアし、障子もリフレッシュ(^^)


↓↓↓ビフォ―↓↓↓

b0349892_17095390.jpg
↑↑↑ビフォ―↑↑↑

↓↓↓リノベ中↓↓↓
b0349892_17100253.jpg
↑↑↑リノベ中↑↑↑


外観、外構共にまだ工事途中ですが、こんな感じです。

8月頃に残り半分も完成予定です。
また写真をアップしたいと思います☆



□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

[PR]

by jun-arch | 2017-06-10 17:57 | リノベーション・リフォーム | Comments(0)
2017年 05月 23日

足場解体 文京町の家

フルリノベーションの文京町の家、足場が解体されました。

b0349892_14464252.jpg
庭にウッドデッキを新設しました。




b0349892_14465954.jpg
内部の木工事がほぼ終了し、仕上げ工事が始まっています。

b0349892_14464756.jpg

工事はもう少し、と思いきや、実はまだまだ続きます^_^;

工事写真は道路から見て奥の建物です。
道路側に建物が半分くらい残っていて、オーナーは今そこに住んでいます。
奥の建物のリノベーションが完了したら、道路側の建物から引越してきます。
それからやっとまだ手の付けられていない道路側の建物に着手です。

住みながらの工事は、工期が何期かに分かれるのが、特徴というか、大変でもあり、やりがいもあるところですね(^^)

完成は早くて7月末ころになりそうです☆

----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2017-05-23 15:02 | リノベーション・リフォーム | Comments(0)
2017年 05月 11日

文京町の家 リノベ・価値の再発見

1~2年程前から手掛けていたリノベーション物件が、今年中に3物件ほど着工する予定です。

諸事情により、着工が今年に集まってしまったのですが、設計期間が長い分、色々と考えることが出来ました。

その一軒目が、文京町の家です。

使われていなかったお座敷を、主たる生活空間にリノベーションします。
生活形態により、広かった座敷を分割して間取りをガラリと変える必要がありました。
残せる要素を出来るだけ残して、なおかつ今の生活に合った空間になるように意識しました。


b0349892_23031267.jpg
残すのは、欄間、建具や床の間の落とし掛けなど。


b0349892_23031921.jpg
書院の建具や欄間も補修して残します。
昭和レトロな照明や小物なども再利用します。リユースです(^^)
その他にも、本来の用途と異なるものにしたり、古いものと新しいものが合わさったりして、いろいろと工夫しています。

文京町の家のお座敷は、建築当時の大工の腕と粋の気持ちがひしひしと伝わってくる空間でした。
その大工がもし生きていて、リノベーション後を見てガッカリするようなものにしたくない、と強く思いながら設計しました。

リノベーション工事で意識していることは、その建物の価値を再発見して、活かすことです。

建物の価値とは、職人の技術であったり、家族の思い出だったり、さまざまです。
一例として、1年ほど前に竣工した天野の家をご紹介します。


b0349892_23074038.jpg
b0349892_08362126.jpg
写真:星野裕也

本来、廃棄するはずの減築部分の小屋梁を、居間の補強材として再利用しました。
今まで、家族の命を守ってきて、人目に触れなかった構造材を、生活の中心に持ち込みました。
そうすることで、空間に力強さが生まれました。

今では、オーナーがこの空間に愛着をもって、始めての来客にも自慢するほどに。

オーナーがより快適に暮らせるように、建物の耐震性や断熱性を向上させるのは、当然のこと。
オーナーの思い出や、建築当時に関係した人々の思いや努力に対して素直に向き合い、より良い空間になるような提案をしていきたいと思います。

オーナーの要望をただ聞くだけの、御用聞きのような仕事ではなく、建築を生業としているものとして、突き詰めて考え、より価値のある仕事にしていきたいと思います。


----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2017-05-11 08:42 | リノベーション・リフォーム | Comments(0)
2017年 03月 27日

リノベーション工事開始

一年以上前から設計していたリノベーション工事が始まりました!
休業していた食堂の宴会用のお座敷を、快適な住まいにリノベーションします。

b0349892_17320772.jpg
そのお座敷です。

雪見障子から庭を眺めることが出来、とても良い雰囲気です。
腕の良い大工が丹精込めたお座敷の造りで、とても大切に使われていました。

この雰囲気に負けないくらいのリノベーションが出来るのか⁉

今回の重要なテーマの一つでもあります。

プレッシャーを感じながらも、雰囲気のある空間づくりを目指して設計しました。
間取りも変更し、特徴的な部分を残しつつ、一年かけてオーナーと打合せしてきました☆


b0349892_17320542.jpg
いざ解体開始!

壊す部分、残す部分は、解体前日までに、テープを色分けして指示しておきました。

リノベーションやリフォームでは解体してみて気づくことが多いです。
床下や天井裏をいくら調べても、調査しきれないことがしばしば。

今回も、建築時の図面はなく、予想していたところに、柱や梁がなく、大急ぎで構造計算をし直して、対処しました^_^;
その場その場での対処も必要になり、経験や知識も大切です。


b0349892_17320279.jpg
検討時の模型。

夏頃に竣工予定です☆

----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2017-03-27 17:59 | リノベーション・リフォーム | Comments(0)