人気ブログランキング |

読売新聞の東京本社から連絡があり、
「ホームページで掲載してた書斎のあるお宅を取材させて欲しい」
と連絡がありました。

読売新聞に掲載されました_b0349892_08185615.jpg
取材を受けたのは、燕市水道町の家

読売新聞に掲載されました_b0349892_08170654.jpg
読売新聞 8月10日(月)朝刊 12面より

個室ではなく、部屋の一角に書斎スペースを設ける、という切り口に記事です。
押入を書斎スペースにするなど、他の事例も面白いので、写真をクリックして読んでみてください。
私のコメントも取り上げられています(^^)

コロナのため、電話取材のみでした。
電話取材のため、写真提供も依頼されました。
紙面の都合上、私の名前での提供になっていますが、撮影はDaily Lives Niigataの鈴木さん です。

読売新聞に取り上げていただき、とても光栄です。
記者さんにどの地域に配布されるかを聞いたら「東日本です」とのことでした。
東日本というと北海道からどの辺くらいまでかな?とちょっと良く分からなかったですが、他県でも配られている、とのことで嬉しさひとしおでした。

記者さんがみつけたホームページの記事はこちら
「在宅ワークを成功に導く鍵。それはワークスペースの設計にあり。」


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2020-08-12 08:42 | 水道町の家 燕市 | Comments(0)

在宅ワークを成功に導く鍵。それはワークスペースの設計にあり。_b0349892_09314991.jpg
今年に入り世界中に感染が広がった新型コロナウイルスの影響で、私たちの生活に変化が迫られました。

外出の自粛や、学校の休校、飲食店をはじめとした店舗の休業要請、そしてオフィスで働く人には在宅ワークが推奨されるようになりました。

3~5月のうちにZOOMなどのビデオ通話を利用した「オンライン会議」が急速に一般化するなど、職種にもよりますが、通勤をしなくてもオフィス業務が遂行できることが証明された数カ月であったように思います。

しかし、誰もが快適に家で仕事ができるようになったわけではありません。ここに来て、自宅内に集中して仕事ができる環境を整えることの重要性が炙り出されました。

家族が居るリビングやダイニングでは、オンライン会議はもちろん、集中して仕事をすること自体が難しく、特に小さな子どもと同じ空間に居る場合は仕事が全くはかどらないばかりか、ストレスも大きくなり家族関係も悪化しかねません。

コロナ禍の中で「自宅に集中できるワークスペースがあったらいいのになあ…」と思った人は多いのではないでしょうか?

今回、そんなコロナ禍の最中の3月に家が完成し、整ったワークスペースでスムーズに在宅ワークを始められた燕市のK様邸を訪問し、インタビューさせて頂きました。。。つづきはこちら

つづきは、加藤淳一級建築士事務所ホームページの特集へどうぞ!
在宅ワークを成功に導く鍵。それはワークスペースの設計にあり。_b0349892_09261629.jpg
在宅ワークを成功に導く鍵。それはワークスペースの設計にあり。_b0349892_09322408.jpg
書斎スペース


在宅ワークを成功に導く鍵。それはワークスペースの設計にあり。_b0349892_09314776.jpg
書斎スペースの窓から見える弥彦山


在宅ワークを成功に導く鍵。それはワークスペースの設計にあり。_b0349892_09320266.jpg
キッチンダイニングとのつながり


在宅ワークを成功に導く鍵。それはワークスペースの設計にあり。_b0349892_09315550.jpg
断面図スケッチ


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2020-05-22 09:41 | 水道町の家 燕市 | Comments(0)

新型コロナ、大変ですね💦
早く終息することを切に願います。

テレワーク、リモートワークなどという言葉を頻繁に聞くようになりました。
もちろん、在宅勤務が出来ない職種や業種があります。
可能な人は、首都圏やコロナの感染者数が増えている地域など、在宅での仕事を余儀なくされている状況にあります。

コロナ終息後、また元に戻るとは思うのですが、
「意外と家でも仕事できるじゃん!」
と、自宅で作業したり、ZOOMやスカイプなどを使って打合せしたり、と会社に行かなくても仕事が出来ること気づく人が多いのではないでしょうか。
廻りからの影響も少ないので作業効率が上がることがあるかもしれません。
今までの働き方から大きな変化になると思います。
それに伴い、テレワーク、リモートワークに適した住まいづくりの需要も高くなってくるように思いました。


先月お引き渡しした「吹抜でつながるタテとヨコに広がる住まい」は、設計段階から、テレワーク・在宅勤務を視野に入れていました。
アフターコロナの住まいづくり 書斎・スタディコーナー_b0349892_08164936.jpg
水道町の家の書斎


アフターコロナの住まいづくり 書斎・スタディコーナー_b0349892_07473730.jpg
キッチンダイニングの吹抜を介して、書斎につながっています。
アフターコロナの住まいづくり 書斎・スタディコーナー_b0349892_09291426.jpg
ダイニング側から書斎をみる

アフターコロナの住まいづくり 書斎・スタディコーナー_b0349892_09305182.jpg
書斎の窓から、キッチンダイニングを見下ろす

冬は暖気が2階に上がるので、書斎は暖房要らずです。
夏は、立体的な風の動きにより、気持ちよく過ごせます。



アフターコロナの住まいづくり 書斎・スタディコーナー_b0349892_08240057.jpg
書斎とつながった、西日の当たる物干しスペース。
書斎の奥側に物干しスペースを設け、そこにエアコンも設置したので、猛暑日も快適に仕事が出来ます。


アフターコロナの住まいづくり 書斎・スタディコーナー_b0349892_08251769.jpg
仕事モードのON-OFF扉の開閉により可能です。
 扉を閉める→仕事開始!
 扉を開ける→息抜きっ!!

というような感じで。


アフターコロナの住まいづくり 書斎・スタディコーナー_b0349892_08231177.jpg
書斎の窓からみえる弥彦山
写真:Daily Lives Niigata
息抜き、といえば、窓からの眺めが重要です。
弥彦山や隣地の樹木もみえて、リラックス効果抜群。(羨ましい。。。私もここで仕事したい。。。)


実際にテレワークをしてみて、作業効率が良くなることを実感した人も多いのではないでしょうか。
家族や自分の時間も増え、ワークバランスが良くなり、より充実した生活を過ごせるようになるかもしれません。
良い面がある一方、息抜きや趣味など、さまざまな誘惑に打ち勝つ精神力も重要かもしれませんね。。。
子どもが小さいと、寝てるとき以外は生産性が著しく低くなるし。。。

というわけで、次回のブログでは、子どもを見ながらのスタディスペースに関しての事例を幾つかご紹介したいと思います。

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2020-04-14 08:59 | 水道町の家 燕市 | Comments(0)

3月15日から21日まで燕市水道町にてオープンハウスを開催します!
ご協力いただいたオーナーのK様に感謝ですm(_ _)m
吹抜でつながるタテとヨコに広がる住まい オープンハウスの見どころ_b0349892_14325571.jpg

オープンハウスに来られる方に、より興味を持っていただけるように、この住まいのコンセプトなどなどご紹介したいと思います。

吹抜でつながるタテとヨコに広がる住まい オープンハウスの見どころ_b0349892_07455492.jpg

オーナーとの出会いは、2017年の春頃。

ちょうど3年前。

K様は県外で生活していて、2~3年後を目途に実家のすぐ近くに戻ってきたいという思いがありました。


当事務所を知ってもらったキッカケは、2015年に竣工した江南の家のオーナーからの紹介でした。


実際に暮らしているオーナーからの紹介は、自分の住んでいる住まいに満足してくれている証拠です。

紹介していただいても実際に設計することになるか分かりません。

でも、とても嬉しくて、

「この仕事をしていて本当に良かった!」

と思える瞬間です。


紹介してもらった日は嬉しくて、ついつい飲み過ぎてします💦

吹抜でつながるタテとヨコに広がる住まい オープンハウスの見どころ_b0349892_07455872.jpg
二年程かかって、ようやく要望の叶う土地がみつかりました☆

吹抜でつながるタテとヨコに広がる住まい オープンハウスの見どころ_b0349892_07472447.jpg
その敷地は3面が道路に隣接しています。
交通量も少なめです。
道路には消雪パイプもあり、雪を捨てるのにちょうど良い側溝もありました。
敷地面積にも余裕があり、庭と一体となった住まいが実現できます。

この住まいを特色付けたオーナーのご要望を紹介します。
吹抜でつながるタテとヨコに広がる住まい オープンハウスの見どころ_b0349892_07472718.jpg
暮らしやすく、時とともに味が出る家。


吹抜でつながるタテとヨコに広がる住まい オープンハウスの見どころ_b0349892_07473197.jpg
どの部屋からも採光と風通しが良い家です。


59坪の敷地(最近、30~40坪くらいの敷地の設計が多く、とても広く感じます)を有効に活用し、尚且つK様にとって最適な住まいになるように考えました。

吹抜でつながるタテとヨコに広がる住まい オープンハウスの見どころ_b0349892_07473476.jpg
↑主なコンセプトです↑

吹抜でつながるタテとヨコに広がる住まい オープンハウスの見どころ_b0349892_07473730.jpg
キッチンダイニングを屋根勾配なりに吹き抜けにしています。
そこに、子ども部屋と、テレワークするご主人の書斎の小窓があります。
家族の気配を感じながら、それぞれの居場所がつながっています。


吹抜でつながるタテとヨコに広がる住まい オープンハウスの見どころ_b0349892_07474032.jpg
庭を一ヶ所に広くとるのではなく、スペースを分けて、どこからでも愉しめるようにプランを考えました。
また、木塀や駐車スペースにより、道路側からの視線を遮り、外と繋がりながらも、プライバシー性を高めるように工夫しました。


吹抜でつながるタテとヨコに広がる住まい オープンハウスの見どころ_b0349892_07474759.jpg


吹抜でつながるタテとヨコに広がる住まい オープンハウスの見どころ_b0349892_07475639.jpg
吹抜でつながるタテとヨコに広がる住まい オープンハウスの見どころ_b0349892_14335815.jpg

平面的にも立体的にも風が流れるようにしています。

吹抜でつながるタテとヨコに広がる住まい オープンハウスの見どころ_b0349892_07480045.jpg
3つ目のみどころ。
弥彦山が見えます!
弥彦山が窓にかっちりとはまりました(^^)
ガスタンクがちょっと邪魔ですが💦
6月頃からは、緑が生い茂り、少しガスタンクが気にならなくなります。


そしてその他の見どころもご紹介します☆
吹抜でつながるタテとヨコに広がる住まい オープンハウスの見どころ_b0349892_07480465.jpg
ぐるぐる廻れる家事導線♪
吹抜でつながるタテとヨコに広がる住まい オープンハウスの見どころ_b0349892_14341841.jpg


吹抜でつながるタテとヨコに広がる住まい オープンハウスの見どころ_b0349892_07480743.jpg
吹抜でつながるタテとヨコに広がる住まい オープンハウスの見どころ_b0349892_14344226.jpg

キッチンの脇にあり、外干し、中干し、収納が出来るサニタリー。
家事もする私の、主婦目線のプランニングはいつも好評をいただいております(^^)

吹抜でつながるタテとヨコに広がる住まい オープンハウスの見どころ_b0349892_07485727.jpg
吹抜でつながるタテとヨコに広がる住まい オープンハウスの見どころ_b0349892_14345781.jpg
玄関すぐ脇の別棟感のある和室。
落ち着きます☆


吹抜でつながるタテとヨコに広がる住まい オープンハウスの見どころ_b0349892_14353054.jpg
個性的な玄関スペース。
決して広くはないですが、機能的なシュークローク。
玄関に入って目の前の坪庭的な植栽も見どころです(^^)



吹抜でつながるタテとヨコに広がる住まい オープンハウスの見どころ_b0349892_07490513.jpg
2階へ上がる階段に窓が設けられなかったため、ダイニングから光を採りこむように工夫しました。

他にも設計事務所ならではの工夫など盛りだくさんです。
ぜひぜひ、見に来てください。

同業者や他社で家づくりを進めてい方も大歓迎です。
受付の際に、気軽に言ってくださいね。
コロナのこともあり、完全予約制ですので、事前にご連絡をお願い致します。


<吹抜でタテとヨコにひろがる住まい みどころ>
・吹抜を介して家族がつながる
・四季の移ろいが感じられる庭と一体感のある居間
・弥彦山が眺められる居心地の良い書斎


「吹抜でタテとヨコにひろがる住まい」
家族が集まるダイニングに吹抜があります。
その吹抜に面して、子ども部屋とご主人の書斎、どちらにも小窓がついています。
なんとなく家族の気配を感じながら、それぞれの居場所にいることが出来る住まいです。
また、庭と一体感のある広がり間取りが特徴です。
平面的な横の広がりに加え、立体的な縦の広がりがあります。
また、2階から弥彦山を望むことができます。

ゆっくり見学いただくために、事前予約をいただいた方のみのご案内となります。

<概要>
●日時 2020年3月
    ・15日(日) 10:00-17:00
    ・16日(月)~19日(木) 10:00-17:00(常駐していませんので必ず事前にご連絡をお願い致します)
    ・20日(金・祝) 10:00-17:00
    ・21日(土) 10:00-17:00
 ※22日(日)は開催していないので、ご注意ください。

●会場 燕市水道町
  (申し込みいただいた方に、地図をお送りします)

設計:加藤淳一級建築士事務所 

お客様の住まいをお借りしてのオープンハウスのため、下記点にご配慮いただきますよう、よろしくお願い致します。
 ※マスク着用でのご来場をお願い致します。
 ※発熱や風邪症状のある方はご遠慮くださいませ。

参加申込
※予約制となっておりますので、メール(←クリックするとメール機能が開きます)にてご連絡ください。
 kato@jun-arch.com
(フェイスブックやインスタグラムのメッセージ機能・問い合わせフォーム・電話でもOKです)
・お名前
・ご来場人数
・希望日
・希望時間(可能であれば、第2希望くらいまで。予約が一杯の場合、時間変更をお願いすることがあります)
・携帯電話番号(緊急連絡用)

※2日以内に返信がない場合は、受信不良の可能性がありますので、
お手数ですが、下記の連絡先まで、ご連絡をお願いします。
携帯電話(加藤):9:00~19:00
08058935617


■吹抜でつながるタテとヨコにひろがる住まい 仕様■

敷地面積:約59坪 第一種住居地域

耐震性能:等級3

断熱性能:Heat20のG1グレード

1F:19.2坪 2F:12.8坪 延べ床面積:32.0坪 (うち外収納は0.5坪)
吹抜:2.8坪
総施工面積:34.8坪

外壁:ドア:スニッカルペール木製断熱ドア サッシ:APW330 換気:第一種換気

床断熱:スタイロフォーム t90mm 壁:HGW t105mm 屋根:セルロースファイバー t250mm

キッチン:ウッドワン 浴室:TOTO(1.13坪) トイレ:TOTO 洗面化粧台:オリジナル

給湯:エコジョーズ 冷暖房:エアコン

換気:熱交換式の第1種換気システム

床:オークフローリング、桧フローリング 主な壁・天井:和紙張り

設計期間:2019年2月~2019年10月
施工期間:2019年10月~2020年3月 施工:株式会社 Ag-工務店

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2020-03-15 08:28 | 水道町の家 燕市 | Comments(0)

燕市水道町にて、オーナーのご厚意でオープンハウスを開催します!
オープンハウスのお知らせ 15日は二棟同時開催!_b0349892_11041971.jpg

オープンハウス期間は、3月15日(日)から、21日(土)まで。
16日(月)から19日(木)までは、常駐していませんので、前日までに予約をお願い致します。

そして!
3月15日は、新潟市西区真砂でのオープンハウスも行っているので、
な、な、なんと!二棟同時開催です!!(15日のみ)
独立してから初めて💦

15日は、Ag-工務店の渡部さんが燕市水道町に、私は新潟市真砂のオープンハウスにいます。




<吹抜でタテとヨコにひろがる住まい みどころ>
・吹抜を介して家族がつながる
・四季の移ろいが感じられる庭と一体感のある居間
・弥彦山が眺められる居心地の良い書斎


「吹抜でタテとヨコにひろがる住まい」
家族が集まるダイニングに吹抜があります。
その吹抜に面して、子ども部屋とご主人の書斎、どちらにも小窓がついています。
なんとなく家族の気配を感じながら、それぞれの居場所にいることが出来る住まいです。
また、庭と一体感のある広がり間取りが特徴です。
平面的な横の広がりに加え、立体的な縦の広がりがあります。
また、2階から弥彦山を望むことができます。

ゆっくり見学いただくために、事前予約をいただいた方のみのご案内となります。

<概要>
●日時 2020年3月
    ・15日(日) 10:00-17:00
    ・16日(月)~19日(木) 10:00-17:00(常駐していませんので必ず事前にご連絡をお願い致します)
    ・20日(金・祝) 10:00-16:00
    ・21日(土) 10:00-17:00


●会場 燕市水道町
  (申し込みいただいた方に、地図をお送りします)

設計:加藤淳一級建築士事務所 

お客様の住まいをお借りしてのオープンハウスのため、下記点にご配慮いただきますよう、よろしくお願い致します。
 ※マスク着用でのご来場をお願い致します。
 ※発熱や風邪症状のある方はご遠慮くださいませ。

参加申込
※予約制となっておりますので、メール(←クリックするとメール機能が開きます)にてご連絡ください。
 kato@jun-arch.com
(フェイスブックやインスタグラムのメッセージ機能・問い合わせフォーム・電話でもOKです)
・お名前
・ご来場人数
・希望日
・希望時間(可能であれば、第2希望くらいまで。予約が一杯の場合、時間変更をお願いすることがあります)
・携帯電話番号(緊急連絡用)

※2日以内に返信がない場合は、受信不良の可能性がありますので、
お手数ですが、下記の連絡先まで、ご連絡をお願いします。
携帯電話(加藤):9:00~19:00
08058935617

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2020-03-09 10:52 | 水道町の家 燕市 | Comments(0)

燕市水道町にて、上棟式で餅まきを行いました☆

快晴で、ジャンバーを着ていると少し汗ばむ陽気でした(^^)

上棟式の餅まき 燕市水道町の家_b0349892_17030013.jpg
五色の旗
旗の布は、昔、上棟式の後に褌やオシメに使っていたそうです。

上棟式の餅まき 燕市水道町の家_b0349892_17044977.jpg

上棟式の餅まき 燕市水道町の家_b0349892_17044208.jpg

上棟式の餅まき 燕市水道町の家_b0349892_17051537.jpg
まき始めると大盛り上がり☆
老若男女、皆様楽しそうでしたよ(^^)

オーナーの親戚、友人や近所の子どもたちも集まり、とても賑やかで楽しい餅まきになりました☆

新潟に来て3度目の餅まきです。
年々、やる機会が減ってるようですが、なんだか楽しいし、ご近所へのご挨拶になるので、とても良いですね。

家族共有の良い思い出として残るんじゃないかなぁ、とも思いました。

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2019-12-02 17:26 | 水道町の家 燕市 | Comments(0)