人気ブログランキング |

写真は、今月お引き渡しした秋葉区古田の住まい。
「畳リビングから二つの庭を愉しむ住まい」

古田の住まいは、ダイニングの一角にあるスタディーコーナーがあります。
ウィズコロナの生活 スタディコーナーと書斎_b0349892_06180350.jpg
ダイニングの一角にあるスタディコーナー

ウィズコロナの生活 スタディコーナーと書斎_b0349892_06294155.jpg


ウィズコロナの生活 スタディコーナーと書斎_b0349892_06230919.jpg
二人並んで、勉強したり、仕事したり。


ウィズコロナの生活 スタディコーナーと書斎_b0349892_06230273.jpg
左側がキッチン、右側が畳リビング


ウィズコロナの生活 スタディコーナーと書斎_b0349892_06231426.jpg
キッチンから

ダイニング脇に、大胆にスタディコーナーを設けた事例もあります。


全国で緊急事態宣言が出され、子ども達が通う小学校、中学校は木曜から休校です。
子ども達がいての、在宅での仕事であれば、このようなスタディコーナーは重宝しますね。
ウィズコロナの生活に必須アイテムになるかもしれません。
なかなか作業効率が上がらなかったり、全然仕事が出来なかったりしますが。。。

小学校高学年になれば、少し距離というか、集中できる場所の方が良いですね。
前々回のブログで、テレワークを考慮してつくられた書斎なんかどうでしょうか?


また、書斎に関してのコラムやブログなどもあるので、ぜひ見てみてください。



建築業界では、飲食店やイベント業界ほどではないのですが、大手ゼネコンの現場がストップするニュースも入ったりして、先行きの不透明感が増しています。
身近なことでも、キッチンなどの住宅設備機器のショールームが休館になったり、リフォーム現場の職人さんの入り方を制限したり、と影響が出始めています。
打合せもやりづらい状況なので、着工が遅れたり、工期が延びたりと影響が出始めそうです。

これから家づくりを考えている方は、「腰を据えて自分たちの家についてじっくり考える良い機会だ」とポジティブに考えられると良いですね。

加藤淳一級建築士事務所では、予約制での打合せなど、細々と続けておりますが、ビデオ通話による住宅相談なども対応していますので気軽にお問い合わせください。

暗い気持ちになり過ぎず、今出来ることを前向きに考え、実行していきましょう!


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2020-04-21 09:10 | 古田の家 新潟市秋葉区 | Comments(0)

3月最後のオープンハウスを開催します!
ご協力いただいたオーナーのH様、ありがとうございます!!
この後は、7月頃までオープンハウスがありませんので、ご都合がつく方はぜひ!

子育て世帯、4人家族の住まい。
延床面積は約28坪ですが、とても広がり感のある住まいになりました!
面積以上の広がりを感じていただけると思います☆
建物はコンパクトですが、今回もさまざまな工夫や見どころがありますのでぜひ(^^)
オープンハウス開催! 畳リビングから二つの庭を愉しむ住まい_b0349892_08262808.jpg
オープンハウス開催! 畳リビングから二つの庭を愉しむ住まい_b0349892_06125265.jpg

場所は新潟市古田。
オープンハウス開催! 畳リビングから二つの庭を愉しむ住まい_b0349892_06134054.jpg
敷地面積は約55坪。
午前中の採光に申し分のない土地です。
敷地面積も比較的広いので、オーナーの要望に寄り添いながら、プラスαのご提案が出来ると思いました。


オープンハウス開催! 畳リビングから二つの庭を愉しむ住まい_b0349892_06135084.jpg
今回の設計の元となったご要望の一つ。
「家族があつまる居場所をあたたかな雰囲気にしたい」

オープンハウス開催! 畳リビングから二つの庭を愉しむ住まい_b0349892_06135432.jpg
もう一つが、「家事のしやすい家」

設計を始める前に、当事務所で作成した「設計カルテ」というものに、現在の生活スタイルや新しい家への夢や思いなど、様々なことを書いてもらいます。
それをもとに、オーナーからじっくりとお話を聞いています。
その内容と敷地条件を考慮しながら、設計を進めていきます。

オープンハウス開催! 畳リビングから二つの庭を愉しむ住まい_b0349892_06135751.jpg
そこでご提案したのが、
・畳リビングから愉しめる二つの庭
・ダイニングに柔らかい印象をあたえる小さなR天井
・効率的な家事導線と、ぐるぐる廻れる回遊性


オープンハウス開催! 畳リビングから二つの庭を愉しむ住まい_b0349892_06142042.jpg
オープンハウス開催! 畳リビングから二つの庭を愉しむ住まい_b0349892_06143110.jpg
敷地が55坪と比較的余裕があったため、採光を確保する南側にミナミニワを、
そして奥側にプライベート性の高いキタニワを設けました。
畳リビングから愉しめますが、ダイニングキッチンからも良く見えるようにプランしています。
種類の異なる二つの庭を愉しめる住まいです。

オープンハウス開催! 畳リビングから二つの庭を愉しむ住まい_b0349892_06144076.jpg
屋根勾配を利用し、ダイニングキッチンの天井の一部を上げて、壁と天井の角をR状にしました。
真砂の家に比べ小さなRですが、天井がそれほど高くないので、程よい印象です(^^)
空間に柔らかな印象を与えてくれます。

オープンハウス開催! 畳リビングから二つの庭を愉しむ住まい_b0349892_06150407.jpg
あたたかな雰囲気のもう一つの要素として、自然素材です。

桐フローリングはAg-工務店さんの得意な素材。
Ag-工務店代表の渡部栄次さんのご自宅も桐フローリングです。

桐フローリングは、肌触りが良く、床暖房をつけているかと思うほど、冬は暖かく感じます。
夏は、さらっとした感触で、一年を通じて触り心地のよい素材です。

デメリットとしては、手の爪でも凹みやすいところ。
そのデメリットをネガティブにとらえるか、それも”味わい”と感じられるかは、オーナー次第です。

でも傷つきやすいとなると、やっぱりオーナーにとっては不安なものです。
そこで、Ag-工務店の自宅をオーナーのH様にみてもらいました。
オープンハウス開催! 畳リビングから二つの庭を愉しむ住まい_b0349892_08562007.jpg
↑Ag-工務店、渡部さんご自宅の桐フローリング(7年前に施工)↑

傷やシミのようなものが多少ありますが、逆にそれが味わいある風合いになっています。
(個人的な感想なので、違う印象を持つ方もいると思います)
オーナーのH様はこれをみて、想像していたよりも汚れなどが気にならなかたったようで、安心していました。
新品と7年物と、両方の桐フローリングをみて納得してもらい、採用を決めていただきました。


二つ目のご要望。
「家事のしやすい家」
オープンハウス開催! 畳リビングから二つの庭を愉しむ住まい_b0349892_06145045.jpg
効率的な家事導線☆
キッチン←→パントリー←→サニタリーと繋がっています。

オープンハウス開催! 畳リビングから二つの庭を愉しむ住まい_b0349892_06155342.jpg
そして、ぐるぐる廻れる回遊性。
便利で尚且つ楽しいです(^^)
オープンハウスでは、子どもが大喜びでぐるぐる廻っています♪

オープンハウス開催! 畳リビングから二つの庭を愉しむ住まい_b0349892_06160062.jpg
広々としたサニタリー。
中干し、外干し、収納も出来ます☆

楽しく、ストレスレスで家事が出来るように考えました。


オープンハウス開催! 畳リビングから二つの庭を愉しむ住まい_b0349892_06161628.jpg
オーナーのH様に
「お気に入りの場所はどこですか?」
と質問したところ、
「限られたスペースに、スタディコーナーも畳リビングも入れてもらい、要望を詰め込んでもらったことろです(^^) 」

将来、1階だけで生活できるようにも考えられています。


そして、その他の見どころです☆
オープンハウス開催! 畳リビングから二つの庭を愉しむ住まい_b0349892_06163666.jpg
車を道路を平行に駐車するようにしました。
これも敷地に余裕があるから出来ることです。

オープンハウス開催! 畳リビングから二つの庭を愉しむ住まい_b0349892_06162811.jpg

カーポートと木塀により、ミナミニワのプライベート性が高まります。
カーポートでワンクッションあるので、子どもの急な飛び出しなどが防げます。

オープンハウス開催! 畳リビングから二つの庭を愉しむ住まい_b0349892_06164769.jpg
寝室の窓に木製の布団干しを製作しました。
外観のアクセントにもなっています(^^)


オープンハウス開催! 畳リビングから二つの庭を愉しむ住まい_b0349892_06160916.jpg
階段ホールにあるオリジナルの洗面化粧台。

洗面化粧台は、脱衣室につけるか、それとも別室に付けるか悩むところです。
ここでは別にして、階段ホールに設置しました。


オープンハウス開催! 畳リビングから二つの庭を愉しむ住まい_b0349892_06165497.jpg
使い勝手の良いシュークローク。
ここも既製品を使わずに造作しています。

買って付けるだけの既製品ではなく、造作工事もAg-工務店さんの得意とするところです。
大工さんが木材を加工して作る世界に一つのオートクチュールです(^^)

そして今回、同じ秋葉区に工房をもつISANAさんに、家具の展示をしてもらいます☆
オープンハウス開催! 畳リビングから二つの庭を愉しむ住まい_b0349892_09130487.jpg
オープンハウス開催! 畳リビングから二つの庭を愉しむ住まい_b0349892_09125732.jpg
↑写真は昨年お引き渡しした住まいテーブルとソファー↑
ISANAさんの家具、毎回大好評です。
家具だけ見たい方も、ぜひお気軽にお越しください(^^)
オープンハウスとISANAさんの工房とセットで秋葉区に来られると良いと思いますよ♪
でも、ISANAさんは日曜以外は予約制なので、注意してくださいね。


●オープンハウスのご案内●

<畳リビングから二つの庭を愉しむ住まい みどころ>
・畳リビングから愉しめる二つの庭
・ダイニングに柔らかい印象をあたえる小さなR天井
・効率的な家事導線と、ぐるぐる廻れる回遊性

ゆっくり見学いただくために、事前予約をいただいた方のみのご案内となります。

<概要>
●日時 2020年3月
    ・28日(土) 10:00-17:00
    ・29日(日) 10:00-17:00
    ・30日(月) 10:00-17:00(常駐していませんので必ず事前にご連絡をお願い致します)

●会場 新潟市秋葉区古田
  (申し込みいただいた方に、地図をお送りします)

設計:加藤淳一級建築士事務所 

お客様の住まいをお借りしてのオープンハウスのため、
下記点にご配慮いただきますよう、よろしくお願い致します。
 ※マスク着用でのご来場をお願い致します。
 ※発熱や風邪症状のある方はご遠慮くださいませ。

参加申込
※予約制となっておりますので、メール(←クリックするとメール機能が開きます)にてご連絡ください。
 kato@jun-arch.com
(フェイスブックやインスタグラムのメッセージ機能・問い合わせフォーム・電話でもOKです)
・お名前
・ご来場人数
・希望日
・希望時間(可能であれば、第2希望くらいまで。予約が一杯の場合、時間変更をお願いすることがあります)
・携帯電話番号(緊急連絡用)

※2日以内に返信がない場合は、受信不良の可能性がありますので、
お手数ですが、下記の連絡先まで、ご連絡をお願いします。
携帯電話(加藤):9:00~19:00
08058935617


■畳リビングから二つの庭を愉しむ住まい 仕様■

敷地面積:約55坪 第一種住居地域

耐震性能:等級3

断熱性能:Heat20のG1グレード

1F:17.2坪 2F:11.5坪 延べ床面積:28.7坪 (うち外収納は0.5坪)
ポーチ、物干しテラス、ウッドデッキ:2.76坪
総施工面積:31.46坪

外壁:チャネルサイディング、金属製サイディング張り
ドア:スニッカルペール木製断熱ドア サッシ:APW330

床断熱:スタイロフォーム t90mm 壁:HGW t105mm 屋根:セルロースファイバー t250mm

キッチン:LIXIL 浴室:LIXIL トイレ:TOTO 洗面化粧台:オリジナル

給湯:エコキュート 冷暖房:エアコン

換気:熱交換式の第1種換気システム(ダクトレス式)

床:桐フローリング、桧フローリング 主な壁・天井:和紙張り

施工期間:2019年11月~2020年3月 施工:株式会社 Ag-工務店



□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2020-03-23 09:03 | 古田の家 新潟市秋葉区 | Comments(0)