人気ブログランキング |

2019年 10月 01日 ( 1 )

コスパの良い内装材

金沢町に家2。
内装工事が完了しました☆
b0349892_05572393.jpg

b0349892_05581653.jpg

今回の内装材は、土佐和紙
優しい感じの独特な風合いです。

壁の下地には、科学物質、ホルムアルデヒドを吸着するボード(タイガーハイクリーンボード) を使っています。
ビニールクロスは、ビニールなのでボードの上にコーティングしてしまう感じで、せっかく高機能なボードを使っていても、効果があるのかないのか、ちょっと分かりません。
土佐和紙は紙なので、通気性も抜群。
高機能なボードの性能を遺憾なく発揮してくれます(^^)

そして、気になるのが価格。
自然素材ですが、ビニールクロスとそれほど変わらない価格で手に入り、本当にコスパのよい素材です☆

デメリットとしては、雑巾で葺けないとか、紙なので汚れやすい、というところでしょうか?

金沢町の家2では、ワンちゃんも一緒に住むので、床から30㎝までは、シナ合板を張って、フローリングに合わせて塗装しました。
また、汚れやすいトイレやキッチンなどは、ビニールクロスにしています。

b0349892_06133205.jpg
江南の家も土佐和紙を張りました。(写真:Daily Lives Niigta)
高窓から光が差し込み、土佐和紙の素材感が良く分かる写真です。


b0349892_05591214.jpg
金沢町の家の外観写真。

変形土地に建てた、平屋に近い住まいです。
床面積は1階が24坪、2階が4坪の合計28坪。
コンパクトですが、生活のしやすさ、落ち着きのある空間を目指しました。
変形土地ながら、今回も土地のポテンシャルを最大限に引き出し、オーナーにとっての最適解を導き出した住まいです☆

今回は、残念ながらオープンハウスを行わないのですが、ご興味のある方はぜひご連絡ください。

10月中旬から月末にかけて、ご案内できます。

場所は、新潟市秋葉区金沢町です。

問合せ先は、ホームページの問合せフォームか、メールアドレスまで。
 ホームページの問合せフォーム
 メールアドレス:kato@jun-arch.com

希望日時を3つほどお知らせください。
スケジュール調整して、ご返信します。

ぜひぜひお気軽にお問い合わせください(^^)


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2019-10-01 06:39 | 新築・改築 | Comments(0)