人気ブログランキング |

2017年 08月 26日 ( 1 )

さとう鍼灸接骨院新築工事、外部のガルバリウム鋼板の外壁工事が終了。
写真の下地部分には板張りです。

b0349892_16513257.jpg

b0349892_16521610.jpg
四角に近い矩形の建物は、建物内の真ん中あたりに光が届きづらくなります。
そこで、さとう鍼灸接骨院では屋根形状を一部変化させて、光の採り入れ方を工夫しました。
それは大屋根の一部を欠き取るようにして、屋根を段状にし、高窓を設けているところです。
b0349892_16520674.jpg

b0349892_16513736.jpg
その高窓のある部分は小さな吹抜になっていて、そこから室内の奥の方まで光を取り入れています。

欠き取った部分に耐力壁も必要だったため、窓の個数を絞ったのですが、予想以上の明るさでした(^^)
連続する構造梁の上の高窓からの光が、室内をとても明るくしています☆


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

by jun-arch | 2017-08-26 17:13 | 新築・改築 | Comments(0)