人気ブログランキング |

太陽に素直な設計 新発田猿橋の家

住宅設計は、さまざまな諸条件から成り立っています。
敷地や周辺の環境、採光や風の抜け、オーナーの夢やライフスタイル、10年20年後の生活、コストなどなど。
それら諸条件を整理し、最適解を導き出すのが、設計者の務めだと思っています。

さまざまな諸条件のうち、敷地や周辺環境の比重はとても高いです。

その一つの例として、建築中の新発田猿橋の家の設計コンセプトをご紹介します。

b0349892_08183911.jpg


b0349892_08185066.jpg
敷地は約70坪と比較的、広い土地でした。
ですが、南、東、西と隣家に囲まれた場所です。


b0349892_08292782.jpg
アプリで太陽の動きをチェック。

b0349892_08285184.jpg

赤い線が夏至。
青い線が冬至です。
隣家が密集し、南側からの採光が採りづらい敷地です。

b0349892_08185641.jpg
オーソドックスに建物を配置し、オーナーの要望通りにプランニングしてみました。
敷地を有効利用しようと、建物を敷地の西南側に配置し、東側に開くプラン。

せっかく土地が広いのに、南側からの採光を諦めています。
敷地も持て余し気味で、イマイチ。。。


このあと、何パターンかプランニングしてみますが、どれもこれも良いプランになりません。。。

もっと太陽に対して素直な設計が出来ないだろうか?
そこで、建物を回転させてみました。

b0349892_08210988.jpg
建物を斜めに配置することにより、南側の隣家までの距離が生まれ、採光がとりやすくなります。

試行錯誤の末、行きついたプランです↓

b0349892_09042425.jpg
持て余し気味だった敷地を、分割して有効利用します。

敷地条件の諸問題をクリアし、オーナーの要望もハマったプランになりました☆

建物を斜めに配置したくて配置したのではありません。
太陽に対して素直に考えたら、自然に斜め配置になったのです。

前々回のブログで斜め壁の記事がありましたが、「斜め」なのが好きなわけではありません💦
煮詰めて煮詰めて考えていったら、自然に「斜め」になってしまったのです。


そんな斜め配置の新発田猿橋の家ですが、現場見学会があります!

b0349892_08341464.jpg

 〇場所:新発田市舟入町1丁目 猿橋コミュニテーセンターそば
 〇日時:2019年5月12日(日)10:00~17:00

完成見学会では見られない、建物の内側がみれます。
見えなくなってしまうところでもこだわるAg-工務店さんの施工技術がくまなく見れるチャンスです(^^)


断熱技術、構造の耐震性などご説明します。
加藤淳一級建築士事務所も参加して、耐震性や設計コンセプトなどをメインにお話しします(^^)

興味のある方は、ぜひ加藤淳一級建築士事務所かAg-工務店さんへご連絡ください。



□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
更新を通知する


by jun-arch | 2019-04-29 09:32 | 新築・改築 | Comments(0)