住学番外編 ネイティブディメンションズ→二村建築→フラワーホーム→ソレイロリアデザイン

今週末に住学第5回目があります。

その前に、8月からの参加できた住学番外編の振り返りを。
いまさら感がありますが(^_^;)

見学した順に掲載します☆

狭小住宅のエキスパート、ネイティブディメンションズさん。
b0349892_11150291.jpg
b0349892_11151160.jpg
b0349892_11151612.jpg
住学第二回目で鈴木さんの狭小住宅への愛のこもったレクチャーを聞いていたので、より深く体感させてもらった気がします。

家は小さいのに、見所がありすぎて、困ってしまいました。
造りこみとディテールへの追求が半端なかったです。

そして何より、狭小住宅の中に心地良い場所がたくさんあって、
「小さな限られた空間の中でここまでやれるのか」
とため息をついてしまいました。

ネイティブディメンションズの鈴木さんは住学の立ち上げメンバーです。
他にも建築士会や専門学校の先生など、多方面で活躍されています。
小さな住まいへの溢れんばかりの熱情だけにとどまらず、その他のことまでいっさい手を抜かず、どうしてそこまで出来るのか!?
もはや鉄人ですね。

狭小住宅の鉄人!



弥彦の二村建築さん。

最初に見せていただいたのが、連合設計社市ヶ谷建築事務所の設計のモデルハウスです。

前職の時に、とある設計教室に1年間通わせていただきました。
その時に、連合設計社の、今は亡き吉田佳二氏にお教授いただきました。
5回しかない設計講座でしたが、今思い返すと設計の基本から叩き直されたような気がします。
その吉田佳二氏が率いていた連合設計社の設計。
感慨深かったです。

そしてとても素晴らしかった。
b0349892_11181217.jpg
b0349892_11163624.jpg
b0349892_11162366.jpg

このモデルハウスでは、カフェも開いているようです。
お茶を飲みにまたお伺いたいと思います。

この他、二村建築さんの敷地内にあるモデルハウスや事務所やイベントスペースなどなど、見学させていただきました。
そのうちの一つは、なんと今年のグッドデザイン賞を受賞していました!
立派な加工工場もあり、なおかつ大工の育成にも力を入れていました。
設計から職人育成まで、総合力の威力のようなものを感じました💦


フラワーホーム、藤田社長の自邸です。
設計は、住宅作家の伊礼智さん。

b0349892_13461791.jpg
b0349892_13455813.jpg
b0349892_13461084.jpg
住学の皆さん、見まくる、測りまくる、撮りまくる(^^)
b0349892_13460501.jpg
b0349892_13461386.jpg

もう言うことなし。。。
究極の建築を見せつけられた感じでした。。。
もう凄すぎて、どこをどう説明していいのやら。。。

というわけで、説明は他の方に譲ります💦
この時一緒に見学していた方々のブログをどうぞ!

エスネルデザインさんのブログ

山川建築事務所さんのブログ

伊礼智さんは、新潟にも講演に何度か来られています。

そのセミナーでの印象に残った言葉です。
・過剰ではなく、実用的なデザイン。斬新さではなく、居心地の良さを心掛ける。
・建てる予定の敷地に行ったとき、敷地の中で、気持ちの良い場所を見つける。
・断面に無駄のない家。
・良い景色だけ残して開口を絞る。光のデザインが出来る。
・遠くが見えるところに開口部を設ける。良い景色が取れるようにチャレンジする。
・開口部近傍に心地良さが宿る。デザインの可能性はまだまだある。
・性能の先の心地良さとは、住まい手の五感に応える総合的な設計の中にある。

あらためて読み返すと、その言葉がそのまま建築として表れた印象です。
落ち込みを通り越して、逆に勇気づけられました。


最後にソレイロリアデザインさん。
まだ作業中にもかかわらず、代表の五十嵐さんに案内していただき、丁寧に説明していただきました。
b0349892_13472119.jpg

b0349892_13472679.jpg
b0349892_13473084.jpg
室内の壁、全面モイス貼り💦
サトウ工務店さん直伝の施工方法とのことでした。
五十嵐さんが、サトウ工務店さんへ、直接教えてもらいに行ったそうです。
その探求心たるや!
そして同業者に惜しげもなく、ノウハウを教えてしまうサトウ工務店、佐藤さんの懐の深いところといったら!

その五十嵐さん渾身の住宅!
素材、ディテール、空間などなど、こだわりが詰まった住まいでした。
一見、静かで自然に近い立地条件かと思いきや、なんと準防火地域でした。
それでも、自然素材の良さを活かした外観や、サッシのガラスを網入りガラスに使用しないなど、さまざまな工夫や努力により、実現していました。
室内の雰囲気や、照明器具などオシャレで、センスが光っていました。
とても心地良く、そして住みやすそうな間取りで、実際の生活が始まってからの生活風景が見てみたいなぁ、と思いました。


住学番外編、勉強になります!
今回は全国に名の響いている建築家の仕事を2軒もみることが出来、感無量です。

同業者の実績をみて、落ち込んだり、凹んだりしますが、だんだんと打たれ強くなってきた気がします^_^;
それぞれの強みなども分かり、逆に自分のやりたいことや特色なども見えてきます。


やれること、やるべきことはたくさんあり、一つ一つの仕事に丁寧に携わっていけたらな、と思いました。


その他、住学番外編に関してのブログもどうぞ!

ネイティブディメンションズさんのブログ

ソレイロリアデザインさんのブログ

石田伸一建築事務所さんのぶろく

もっと他にもあるかも💦


今週末の、住学第5回目、楽しみです(^^)


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

[PR]
by jun-arch | 2018-10-24 09:30 | 建物探訪 | Comments(0)

新潟の建築設計事務所 設計・現場・趣味・日常


by katojun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30