加藤淳一級建築士事務所の日記

junarch.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 14日

堀之内の家リノベーション ビフォーアフター2

堀之内の家、ビフォーアフターの続きです。
b0349892_10101497.jpg

台所を、和室にしました。


↓↓↓ビフォ―↓↓↓
b0349892_09085635.jpg
↑↑↑ビフォ―↑↑↑


↓↓↓アフター↓↓↓
b0349892_09090858.jpg
↑↑↑アフター↑↑↑

↓↓↓ビフォ―↓↓↓
b0349892_09092088.jpg
↑↑↑ビフォ―↑↑↑

↓↓↓アフター↓↓↓
b0349892_09090334.jpg
↑↑↑アフター↑↑↑
新しい和室は、ダイニングキッチンの脇にあります。
明るいダイニングキッチンと居間に比べて、西日の当たる和室は、開口部を小さくして、落ち着きのある空間にしています。


2階の和室を洋室に変更。
↓↓↓ビフォ―↓↓↓
b0349892_09102088.jpg
↑↑↑ビフォ―↑↑↑

↓↓↓アフター↓↓↓
b0349892_09102796.jpg
↑↑↑アフター↑↑↑
押入の襖戸を再利用し、壁と同じ和紙に張り替えています。

最後に外観を。

↓↓↓ビフォ―↓↓↓
b0349892_09572820.jpg
↑↑↑ビフォ―↑↑↑

↓↓↓アフター↓↓↓
b0349892_09573421.jpg
↑↑↑アフター↑↑↑
外壁を剥がし、耐力壁を増やしています。
屋根をセメント瓦葺きからガルバリウム鋼板葺きに変更し、耐震性もアップしています。
今回は、新潟市の耐震改修の補助事業を利用させていただきました。


リノベーション工事の醍醐味として、もともとあったものの価値を見出すこと。
詳しくは、ホームページのコラム08「価値の再発見~リノベーションのすすめ~」を読んでみてください。

そんなリノベーションの醍醐味、という写真を何枚かご紹介します。

小屋裏で見えなかった小屋梁の一部を表しています。
b0349892_09105465.jpg

↓↓↓ビフォ―↓↓↓
b0349892_09282870.jpg
↑ビフォー↑
リノベーション前の小屋裏写真です。

樹皮がついたまま小屋梁として使われていたのですが、その樹皮の内側に虫喰い跡がありました。
その喰い跡がちょっと気持ち悪かったので、大工さんに削ってもらい、上の写真のような状態に。

削るのに「二日もかかった」と、大工のMさんに恨み節で言われました💦
Mさん、本当にほんっとうに、ありがとうございますm(_ _)m


堀之内の家でも、古い建具を再利用しています。
b0349892_09145549.jpg

正面が、古い襖戸の再利用。右側が、新しい障子戸です。
新旧ならんでいるのに、違和感は少ないです。
新しい建具も、経年変化によって味わいが出てくるのが楽しみです。
b0349892_09111120.jpg
玄関奥の納戸に硝子戸を再利用しました。
b0349892_09122040.jpg
昭和の香りがします(^^)

b0349892_09120115.jpg
ポーチ脇のタイルも残しました。
こちらも昭和の香りが。。。

でも、お洒落なカフェなんかに使われていても、おかしくない感じです。
古いけど、ちょっと新しいような。
周回遅れなのに、トップにいるような⁉

せっかく、古くて良いものがあるのに、全て新調してしまっては、もったいない。
住んでいる人は意外と気が付かないようなものでも、他の人から見ると、その価値に気づいたりすることもあります。

安易に建て替えを考えている方も、リノベーションという選択肢を残しておいても良いかもしれません。
迷っている方は、ぜひ加藤淳 一級建築士事務所へ、お気軽にご相談ください。

リノベーションのメリットやデメリットなどなど、いろいろとお話しできると思います☆

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

[PR]

by jun-arch | 2018-05-14 10:10 | リノベーション・リフォーム | Comments(0)


     堀之内の家リノベーション ビフ... >>