コラボワークス 北入蔵モデルハウス

昨年末、新潟のハウスメーカー、アサヒアレックスさんから設計依頼を頂きました。

アサヒアレックスグループ、フタバ建設の北入蔵モデルです。
b0349892_00313665.jpg

b0349892_00314487.jpg
アサヒアレックスさんから
「自然素材を使いながら、スッキリとしたデザイン性を持って設計してほしい」
という要望がありました。
今後、新たなブランドとして展開できるようなものを考えているようです。

加藤淳 一級建築士事務所では、その自然素材の要望に加え、ぐるぐる廻れる家事導線を提案しましまた。
なおかつコンパクトでありながらも、広がりや開放感を感じられるように様々な工夫を施しています。
b0349892_00402571.jpg
初期のラフプランです。
約40坪の敷地を有効利用して計画しています。
延床面積は、約28坪ですが、その面積以上の広がり感や回遊性の面白さを体感できると思います。

その回遊性ですが、キッチンの周りだけでなく、
玄関←→SCL←→食品庫←→LDK
LDK←→サニタリー←→デッキ

などなど、家の中をぐるぐる廻れます☆


北入蔵モデルの広がり感を出すための、開口部を工夫しています。
南側の隣地は、現地点では空き地ですが、分譲地なので数ヶ月後には、確実に家が建ちます。
その家の裏側をみながら生活するのも面白くない、というかイヤなので、東南側、南西側に開口を絞っています。

東南から南西へ、弧を描くような抜け感が、広がり感を演出しています。

b0349892_00315530.jpg
外観はスッキリと。
ゴールデンウイーク後に外構工事が始まる予定です。

北入蔵モデルの設計コンセプトで木塀や植栽なども重要な要素の一つなので、どのように仕上がってくるか、とても楽しみです(^^)

コラボワークスでは、依頼していただいた工務店さんの特徴や要望を活かせるような提案を心掛けています。
ハウスメーカーからの依頼は初めてでした。
基本的な設計と構造計算のみの依頼で、設計監理は無かったですが、現場担当者がこちらの設計意図を理解しようと、何度か連絡があり、材料の選定や現場での打合せなど何回か出来ました。

アサヒアレックスグループのフタバ建設さんの工場には、豊富な木材があり、それらを見ながら、材料を決めたり、設計を詰める作業はとても楽しかったです(^^)

外構工事はまだですが、ゴールデンウイーク中に建物を見学できるようです。
気になる方は、下記をチェックしてみてください。
完成見学会&現地即売会in三条市

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

[PR]
by jun-arch | 2018-04-29 12:10 | 新築・改築 | Comments(0)