人気ブログランキング |

大きなキッチンが住まいの中心。交流を愉しむ暮らし

渡部建築(現:株式会社Ag-工務店)さんとのコラボワークス「善久の家」が、魅力のある新潟の暮らしと住まいを紹介するWEBマガジン、Daily Lives Niigataで取り上げられました☆

特集記事:大きなキッチンが住まいの中心。交流を愉しむ暮らし (←クリックすると記事がみれます)


b0349892_08513449.jpg
写真提供:Daily Lives Niigata
b0349892_08541178.jpg
写真提供:Daily Lives Niigata
b0349892_08544059.jpg
写真提供:Daily Lives Niigata

b0349892_08541616.jpg
写真提供:Daily Lives Niigata

オーナーの強いイメージから設計が始まった住まいです。
そのイメージを大事にしながら、さまざまな諸条件を整理し、敷地や周辺環境を読み解きながら、ここでの暮らしを想像しながら設計を進めていきました。

素材や色遣いに関しては、オーナーと渡部建築さんを中心に進められ、今までの施工物件とは変わった雰囲気に仕上がっています。

正直に言うと、まだ物がない竣工当時の空間は、さまざまな要素を詰め込みすぎた感じがあり、少し落ち着きがない様子でした。

しかし、オーナー自身の家具や小物が持ち込まれてくるにつれ、空間が瑞々しく生きてくるような感覚を覚えました。
住み始めて数ヶ月過ぎた善久の家は、さらに進化しているような印象です。

以前、江南の家を取材していただいた編集の方から、
「施主力が高いですね!」
と言われたことを思い出しました。
「何ですかそれ?」
と聞いたら、
「実際に住む施主のライフスタイルや、我が家を大事にして愛着をもっている様子が、建物の魅力をより引き出している」
というような回答でした。

善久の家のオーナー、A様の「施主力の高さ」と「魅力的な暮らし」がひしひしと伝わってくる記事でした(^^)


善久の家 加藤淳一級建築士事務所HPでの紹介(←クリック)

----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

by jun-arch | 2017-05-01 09:38 | 経年変化する木のいえ 生活風景 | Comments(0)