人気ブログランキング |

事務所移転から一年

事務所移転から一年が過ぎました。

独立した当初、自宅の一室を設計事務所として運営していました。
おかげ様で少しずつ仕事が増え、自宅では少し手狭になり、どこか良い物件を探していたころ、関屋駅前にしばらく借り手がいなかった店舗があり、そこを借りることにしました。

借りるときに大家さんから、
「一年か二年で取り壊すかもしれないよ」
と脅されたのですが、昔ながらの長屋的な建物の雰囲気が気に入ったので、思い切って借りことにしました。

それでも、取り壊されることが心配だったので、外装、内装共に、取り外して次の事務所でも使えるように計画し、セルフビルドしました☆
b0349892_21053509.jpg
↑↑リノベーションから一年の写真(今日撮った写真です☆)

アイデアを絞り、半日で解体できるようにリノベーションしました。

↓↓リノベーション前↓↓
b0349892_21164892.jpg
 ↑↑リノベーション前↑↑

来客からは好評で、
「さすが、設計事務所。お洒落ですね!」
なんて言われるのですが、実は建築工事で使われる下地材を仕上げに使っていて、そのことを話すと皆さん驚かれます。
床のフローリングもB級品で、梱包が破け日焼けして、建材屋さんが扱いに困っていたものを、安く譲ってもらったものです。

どんな材料でも、ほんのひと手間加えることにより、生まれ変わります。
そんなひと手間が、空間に新しい個性を与えてくれるのです。

一年経って、なんだが味が出てきた感じです。
新建材は、出来た時が一番きれいで、その後は汚くなっていくだけです。
下地材であっても、無垢の木はプリントされた人工的なものに比べて、温かみと質感が伴っています。

高価な材料でなくても、味があって、愛着がもてるようなひと工夫を心掛けています。
建築の下地材であっても、使い方やひと手間加える工夫によって、使い込むほど味が出てくるようになるのです。
素朴で、長く使っていても飽きのこないロングライフデザイン。
そんなデザインや空間を提案していきたいと思います。

同じ建物に、美味しいラーメン屋さんや居酒屋もあるので、ぜひ遊びに来てください☆
お待ちしております。


----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

by jun-arch | 2016-12-19 21:54 | プロフィール | Comments(0)