加藤淳一級建築士事務所の日記

junarch.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 30日

三仏生の家 竣工写真

三仏生(さんぶしょう)の家、内部の竣工写真を撮ってきました。
施工は住まいの町医者、渡部建築さん

3日ほど撮影日を設けていたのですが、残念ながら、どの日も雨模様でした^_^;
それでも内部は照明を付けなくても明るかったです☆


b0349892_08342291.jpg
キッチンからリビングをみる
視線が、ウッドデッキ、畳コーナーや小吹抜に抜け、床面積以上の広がりを感じられるようにしています。


b0349892_08342290.jpg
リビングと畳コーナー


b0349892_08342280.jpg
リビングと畳コーナー


b0349892_08342332.jpg
畳コーナーからリビングをみる
地窓から庭が見えます。


b0349892_08342324.jpg
畳コーナー
奥に見えるのは、神棚と飾り棚です。壁の向こうに裏側に階段があります。
階段の裏側のデットスペースを、棚や収納で無駄なく使っています。


b0349892_08345674.jpg
小吹抜と畳コーナー
3帖の畳コーナー。


b0349892_08345531.jpg
小吹抜
2階ホールにつながっています。
小吹抜の上は書斎です。
小千谷は寒冷地なので、大きな吹抜を設けませんでした。
それでも開放感を出すために、小さな吹抜と畳スペースにより、リビングに広がりが感じられます。

b0349892_08345671.jpg
リビングからキッチンをみる
カウンター壁は、フローリングに合わせて桐板を貼っています。

b0349892_08345627.jpg
キッチン棚

飾り棚とポーチが見える窓が奥様のこだわり。
右側の食器棚は、ロールスクリーンで仕切ります。


b0349892_08345601.jpg
階段
大工による加工。
既製品の階段が増えていますが、大工の手による階段は良いです(^^)


b0349892_08353168.jpg
2Fホールから
階段を上ると書斎。下が小吹抜です。
小吹抜の上に小さな書斎があります。夏は、小吹抜の障子戸を開けると、1階から2階への風の流れがおこります。


b0349892_08353156.jpg
書斎からの眺め
豊かな田園風景。


b0349892_08353161.jpg
子ども室からの眺め
畑や板張りの農家、遠くに山並みが見えます。

b0349892_08353129.jpg
サニタリー
脱室を広くして、洗濯干しが出来ます。衣類の収納も可。


b0349892_08354806.jpg
洗面化粧台
奥様こだわりのオープンな洗面化粧台。
ご主人が設備の仕事をしていて、棚を貫通した配管にもこだわりが見えます(^^)


b0349892_08354992.jpg
玄関

1階の床フローリングは桐板です。
壁紙は真っ白な土佐和紙。
全体的に白を基調としながら、柔らかなの木目をアクセントにより、シンプルで優しい雰囲気のインテリアになりました。
材種や色合いなど、オーナー、施工の渡部建築さんと打合せしながら、決定されていきました。



外観は内部のイメージとうって変わってブラックです。
内部は奥様、外部はご主人のこだわりがありました(^^)

外観写真は、また天気の良い時に☆

----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2016-09-30 09:23 | 新築・改築 | Comments(0)


<< 建て方→屋根工事→耐力壁取付      大人の修学旅行 >>