人気ブログランキング |

基礎の配筋検査

砂山の家の基礎の配筋検査をしました。

配筋の検査項目は多く、二人で約2時間ほどかかりました。
許容応力度計算をしての基礎なので、配筋の仕様が8種類程あり、全箇所確認していきます。


小規模な住宅でもイージーミスはつきものです。
ましてや炎天下での作業では、思考回路も通常と異なります(^_^;)
何ケ所か修正してもらい、それから瑕疵担保保険の配筋検査を受け、初めてコンクリートの打設になります。

b0349892_06072711.jpg

----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

by jun-arch | 2016-08-21 06:18 | 新築・改築 | Comments(0)