人気ブログランキング |

性能の先の心地良さ~伊礼智講演会~

新潟で住宅作家、伊礼智の講演会がありました。

伊礼智が提案する、実物大の展示もありました。

b0349892_09164923.jpg
省スペースながらも、伊礼テイスト満載。
天井高さは2100㎜。

b0349892_09164150.jpg
気持ち良さそうなソファー。

b0349892_09164160.jpg
b0349892_09164135.jpg
ソファー、家具も伊礼智デザイン。

b0349892_09164083.jpg
外部側。

b0349892_09170231.jpg
目隠しと日射を兼ねた木製ガラリ。微妙に角度がつき、断面がひし形になっています。
写真に撮り忘れたのですが、障子戸の障子紙の部分が、カーテンのレースになっている引き戸がありました。ちょっと不思議な感じで面白いです。

講演会の備忘録として。
・過剰ではなく、実用的なデザイン。斬新さではなく、以後ごちの良さを心掛ける。

・建てる予定の敷地に行ったとき、敷地の中で、気持ちの良い場所を見つける。

・断面に無駄のない家。

・良い景色だけ残して開口を絞る。光のデザインが出来る。

・遠くが見えるところに開口部を設ける。良い景色が取れるようにチャレンジする。

・開口部近傍に心地良さが宿る。デザインの可能性はまだまだある。

・性能の先の心地良さとは、住まい手の五感に応える総合的な設計の中にある。

開口部に関してメインに書きましたが、設計の標準化とその可能性に関しての話もありました。

伊礼智の講演会には何度か行ったことがあるのですが、新たな気づきもたくさんありました。
普段心掛けていることもあるのですが、良い空間、心地よさの追求にはまだまだ足りないところがあるな、とも感じさせられました。

住まい手が心地よく、快適な生活が提供出来るよう、もーっと頑張ります☆

----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

by jun-arch | 2016-03-10 06:27 | 日々雑感 | Comments(0)