加藤淳一級建築士事務所の日記

junarch.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 14日

堀之内の家リノベーション ビフォーアフター2

堀之内の家、ビフォーアフターの続きです。
b0349892_10101497.jpg

台所を、和室にしました。


↓↓↓ビフォ―↓↓↓
b0349892_09085635.jpg
↑↑↑ビフォ―↑↑↑


↓↓↓アフター↓↓↓
b0349892_09090858.jpg
↑↑↑アフター↑↑↑

↓↓↓ビフォ―↓↓↓
b0349892_09092088.jpg
↑↑↑ビフォ―↑↑↑

↓↓↓アフター↓↓↓
b0349892_09090334.jpg
↑↑↑アフター↑↑↑
新しい和室は、ダイニングキッチンの脇にあります。
明るいダイニングキッチンと居間に比べて、西日の当たる和室は、開口部を小さくして、落ち着きのある空間にしています。


2階の和室を洋室に変更。
↓↓↓ビフォ―↓↓↓
b0349892_09102088.jpg
↑↑↑ビフォ―↑↑↑

↓↓↓アフター↓↓↓
b0349892_09102796.jpg
↑↑↑アフター↑↑↑
押入の襖戸を再利用し、壁と同じ和紙に張り替えています。

最後に外観を。

↓↓↓ビフォ―↓↓↓
b0349892_09572820.jpg
↑↑↑ビフォ―↑↑↑

↓↓↓アフター↓↓↓
b0349892_09573421.jpg
↑↑↑アフター↑↑↑
外壁を剥がし、耐力壁を増やしています。
屋根をセメント瓦葺きからガルバリウム鋼板葺きに変更し、耐震性もアップしています。
今回は、新潟市の耐震改修の補助事業を利用させていただきました。


リノベーション工事の醍醐味として、もともとあったものの価値を見出すこと。
詳しくは、ホームページのコラム08「価値の再発見~リノベーションのすすめ~」を読んでみてください。

そんなリノベーションの醍醐味、という写真を何枚かご紹介します。

小屋裏で見えなかった小屋梁の一部を表しています。
b0349892_09105465.jpg

↓↓↓ビフォ―↓↓↓
b0349892_09282870.jpg
↑ビフォー↑
リノベーション前の小屋裏写真です。

樹皮がついたまま小屋梁として使われていたのですが、その樹皮の内側に虫喰い跡がありました。
その喰い跡がちょっと気持ち悪かったので、大工さんに削ってもらい、上の写真のような状態に。

削るのに「二日もかかった」と、大工のMさんに恨み節で言われました💦
Mさん、本当にほんっとうに、ありがとうございますm(_ _)m


堀之内の家でも、古い建具を再利用しています。
b0349892_09145549.jpg

正面が、古い襖戸の再利用。右側が、新しい障子戸です。
新旧ならんでいるのに、違和感は少ないです。
新しい建具も、経年変化によって味わいが出てくるのが楽しみです。
b0349892_09111120.jpg
玄関奥の納戸に硝子戸を再利用しました。
b0349892_09122040.jpg
昭和の香りがします(^^)

b0349892_09120115.jpg
ポーチ脇のタイルも残しました。
こちらも昭和の香りが。。。

でも、お洒落なカフェなんかに使われていても、おかしくない感じです。
古いけど、ちょっと新しいような。
周回遅れなのに、トップにいるような⁉

せっかく、古くて良いものがあるのに、全て新調してしまっては、もったいない。
住んでいる人は意外と気が付かないようなものでも、他の人から見ると、その価値に気づいたりすることもあります。

安易に建て替えを考えている方も、リノベーションという選択肢を残しておいても良いかもしれません。
迷っている方は、ぜひ加藤淳 一級建築士事務所へ、お気軽にご相談ください。

リノベーションのメリットやデメリットなどなど、いろいろとお話しできると思います☆

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

[PR]

# by jun-arch | 2018-05-14 10:10 | リノベーション・リフォーム | Comments(0)
2018年 05月 09日

堀之内の家リノベーション ビフォーアフター

新潟市中央区、堀之内の家、竣工写真を撮りました。

既存の柱と耐力壁を抜かずに、耐震補強しています。
建物の基本である耐震性や省エネ性能を担保しながら、”居心地の良さ”みたいなものを追求した住まいです。

耐震性や省エネ性能は数値で表せるので分かりやすいのですが、「居心地の良さ」というのは、なかなか表現するが難しいです^_^;

写真でも、なかなか表現出来ないし、住まい手それぞれの感性によっても異なります。

表現は難しいのですが、住まい手や、そこに訪れた人が、
 なんとなく居心地が良いな
 なんとなく落ち着くな
と、ついつい長居してしまうような空間になれば、と考えて設計しました。
b0349892_11215933.jpg

ビフォーアフターの写真をご紹介します。
和室二間と縁側をつなげて、ダイニングキッチンと居間にしています。


キッチンダイニングです。
↓↓↓ビフォ―↓↓↓
b0349892_11252668.jpg
↑↑↑ビフォ―↑↑↑

↓↓↓アフター↓↓↓
b0349892_11253130.jpg
↑↑↑アフター↑↑↑


キッチンダイニングから居間をみる。
↓↓↓ビフォ―↓↓↓
b0349892_11255571.jpg
↑↑↑ビフォ―↑↑↑


↓↓↓アフター↓↓↓
b0349892_11264542.jpg
↑↑↑アフター↑↑↑


↓↓↓ビフォ―↓↓↓
b0349892_11550581.jpg
↑↑↑ビフォ―↑↑↑

↓↓↓アフター↓↓↓
b0349892_11551094.jpg
↑↑↑アフター↑↑↑
テレビボードの脇の棚は、猫が遊べるように、高さを自由に変えられる可動棚にしています。
居間の天井高さは、既存の高さより少し低くし、一部、小屋裏を表し、天井が高くなっています。
天井の高さのギャップにより、広がり感が感じられます。
高くもなく低くもない、程よい天井高さによって、居心地の良さが生まれます。


続いて、玄関のビフォーアフター。

玄関
↓↓↓ビフォ―↓↓↓
b0349892_11324750.jpg
↑↑↑ビフォ―↑↑↑


↓↓↓アフター↓↓↓
b0349892_11324269.jpg
↑↑↑アフター↑↑↑
レトロなタイルや洗い出しの玄関土間を残しています。
既存の玄関戸は、外から鍵が掛けられず、単板ガラスで断熱性も悪かったため、木製のオリジナル引戸に新調しました。


玄関ホール
↓↓↓ビフォ―↓↓↓
b0349892_11331801.jpg
↑↑↑ビフォ―↑↑↑


↓↓↓アフター↓↓↓
b0349892_11331269.jpg
↑↑↑アフター↑↑↑
玄関の奥に、納戸と勝手口を配置しました。
元はお風呂などの水廻りがありましたが、水廻りの位置を移動して納戸と勝手口にしています。

↓↓↓ビフォ―↓↓↓
b0349892_11493658.jpg
↑↑↑ビフォ―↑↑↑


↓↓↓アフター↓↓↓
b0349892_11334820.jpg
↑↑↑アフター↑↑↑
玄関土間に大理石調の左官仕上げが施されていました。
当時の左官職人が腕を奮ったとのことです☆
今ではなかなか見られない土間仕上げです。


玄関ホールの窓
↓↓↓ビフォ―↓↓↓
b0349892_11342210.jpg
↑↑↑ビフォ―↑↑↑


↓↓↓アフター↓↓↓
b0349892_11341567.jpg
↑↑↑アフター↑↑↑
外壁の性能を高めるため、玄関の北面の窓を以前より小さくしていますが、とても明るい玄関に生まれ変わりました。

紹介したい写真が多いため、次回のブログで残りの写真などをアップしたいと思います☆



□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

[PR]

# by jun-arch | 2018-05-09 12:18 | リノベーション・リフォーム | Comments(0)
2018年 04月 29日

コラボワークス 北入蔵モデルハウス

昨年末、新潟のハウスメーカー、アサヒアレックスさんから設計依頼を頂きました。

アサヒアレックスグループ、フタバ建設の北入蔵モデルです。
b0349892_00313665.jpg

b0349892_00314487.jpg
アサヒアレックスさんから
「自然素材を使いながら、スッキリとしたデザイン性を持って設計してほしい」
という要望がありました。
今後、新たなブランドとして展開できるようなものを考えているようです。

加藤淳 一級建築士事務所では、その自然素材の要望に加え、ぐるぐる廻れる家事導線を提案しましまた。
なおかつコンパクトでありながらも、広がりや開放感を感じられるように様々な工夫を施しています。
b0349892_00402571.jpg
初期のラフプランです。
約40坪の敷地を有効利用して計画しています。
延床面積は、約28坪ですが、その面積以上の広がり感や回遊性の面白さを体感できると思います。

その回遊性ですが、キッチンの周りだけでなく、
玄関←→SCL←→食品庫←→LDK
LDK←→サニタリー←→デッキ

などなど、家の中をぐるぐる廻れます☆


北入蔵モデルの広がり感を出すための、開口部を工夫しています。
南側の隣地は、現地点では空き地ですが、分譲地なので数ヶ月後には、確実に家が建ちます。
その家の裏側をみながら生活するのも面白くない、というかイヤなので、東南側、南西側に開口を絞っています。

東南から南西へ、弧を描くような抜け感が、広がり感を演出しています。

b0349892_00315530.jpg
外観はスッキリと。
ゴールデンウイーク後に外構工事が始まる予定です。

北入蔵モデルの設計コンセプトで木塀や植栽なども重要な要素の一つなので、どのように仕上がってくるか、とても楽しみです(^^)

コラボワークスでは、依頼していただいた工務店さんの特徴や要望を活かせるような提案を心掛けています。
ハウスメーカーからの依頼は初めてでした。
基本的な設計と構造計算のみの依頼で、設計監理は無かったですが、現場担当者がこちらの設計意図を理解しようと、何度か連絡があり、材料の選定や現場での打合せなど何回か出来ました。

アサヒアレックスグループのフタバ建設さんの工場には、豊富な木材があり、それらを見ながら、材料を決めたり、設計を詰める作業はとても楽しかったです(^^)

外構工事はまだですが、ゴールデンウイーク中に建物を見学できるようです。
気になる方は、下記をチェックしてみてください。
完成見学会&現地即売会in三条市

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

[PR]

# by jun-arch | 2018-04-29 12:10 | 新築・改築 | Comments(0)