加藤淳一級建築士事務所の日記

junarch.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ハーフビルド・DIY ( 8 ) タグの人気記事


2017年 04月 03日

タイヤ置きをDIY

外収納内に、タイヤ置きを作製しました!

b0349892_05461462.jpg
b0349892_05461396.jpg
実際にタイヤを置き、確認しながら作りました。
b0349892_05461489.jpg
タイヤ置きの上部も棚を作って、限られた収納空間を立体的に有効利用します。

b0349892_05461340.jpg
残った収納の半分は、棚を作りました。
棚板は取り外せるようになっているので、棚を支える棚受材を足せば、高さを変えることも、棚板の枚数を増やすことも可能です(^^)

材料は買いに行かず、今までのDIYで残っていた木材を工夫しながら使いました。
邪魔になっていた材料が片付いて、さらに収納力もUPし、一石二鳥(^^)

子ども達といらないおもちゃなどを確認し、断捨離して、崩壊気味だった収納内もスッキリです☆

----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2017-04-03 06:03 | Comments(0)
2016年 12月 19日

事務所移転から一年

事務所移転から一年が過ぎました。

独立した当初、自宅の一室を設計事務所として運営していました。
おかげ様で少しずつ仕事が増え、自宅では少し手狭になり、どこか良い物件を探していたころ、関屋駅前にしばらく借り手がいなかった店舗があり、そこを借りることにしました。

借りるときに大家さんから、
「一年か二年で取り壊すかもしれないよ」
と脅されたのですが、昔ながらの長屋的な建物の雰囲気が気に入ったので、思い切って借りことにしました。

それでも、取り壊されることが心配だったので、外装、内装共に、取り外して次の事務所でも使えるように計画し、セルフビルドしました☆
b0349892_21053509.jpg
↑↑リノベーションから一年の写真(今日撮った写真です☆)

アイデアを絞り、半日で解体できるようにリノベーションしました。

↓↓リノベーション前↓↓
b0349892_21164892.jpg
 ↑↑リノベーション前↑↑

来客からは好評で、
「さすが、設計事務所。お洒落ですね!」
なんて言われるのですが、実は建築工事で使われる下地材を仕上げに使っていて、そのことを話すと皆さん驚かれます。
床のフローリングもB級品で、梱包が破け日焼けして、建材屋さんが扱いに困っていたものを、安く譲ってもらったものです。

どんな材料でも、ほんのひと手間加えることにより、生まれ変わります。
そんなひと手間が、空間に新しい個性を与えてくれるのです。

一年経って、なんだが味が出てきた感じです。
新建材は、出来た時が一番きれいで、その後は汚くなっていくだけです。
下地材であっても、無垢の木はプリントされた人工的なものに比べて、温かみと質感が伴っています。

高価な材料でなくても、味があって、愛着がもてるようなひと工夫を心掛けています。
建築の下地材であっても、使い方やひと手間加える工夫によって、使い込むほど味が出てくるようになるのです。
素朴で、長く使っていても飽きのこないロングライフデザイン。
そんなデザインや空間を提案していきたいと思います。

同じ建物に、美味しいラーメン屋さんや居酒屋もあるので、ぜひ遊びに来てください☆
お待ちしております。


----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2016-12-19 21:54 | プロフィール | Comments(0)
2016年 05月 06日

リビングの棚をDIY

GW中、自宅のリビング収納棚を作成しました!

b0349892_08420517.jpg
リビングや和室に収納を分散させていたのですが、一ヶ所に集中してスッキリさせるため、新たに収納棚を作成することにしました。


b0349892_11015347.jpg
ホームセンターで材料を購入し、ジャストサイズにカットしてもらいました。
4.2mもあるパインのフリー板ですが、乗用車に詰めるサイズになるので、一石二鳥です(^^)

b0349892_08415872.jpg
リビングの壁。



b0349892_08420261.jpg
まず下部を作成。棚の後ろに障子が走るので、掃除機をかけやすいように、背面に隙間を空けています。

b0349892_08420370.jpg
上の部分を別個に作り、下台にのせます。

b0349892_08421258.jpg
子どもがカウンターの角で怪我しないように、丸く面取りしました。
斜めにカットし、あとはひたすらヤスリがけ。

b0349892_08423396.jpg
棚の上の部分も、カウンター部分の丸面と合わせて、少し丸めました。
ほんの少し丸面をつけることにより、全体的に少し優しい感じになります。

b0349892_08424012.jpg
棚の背面に障子が走るため、スペースを空けています。

b0349892_08425242.jpg
障子の鴨居と床面に、転倒防止のためのビスを取付けして終了です。

図面、材料の購入、組立、ワックス塗りと一通りの作業で約1日半。
子どもが出し入れしやすいようにオープンで使い、将来的に建具を付ける予定です。

----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2016-05-06 11:15 | 子育て 育児 家族 | Comments(0)
2016年 01月 17日

木製ベットを手軽にDIY

家族用の木製ベットを製作しました。

家族の人数分(5人)を製作しなくてはいけないため、効率性とコストを重視!
ホームセンターに売っている、安価なツーバイ材を購入しました。


b0349892_20013636.jpg
この上にマットではなく、布団をそのまま敷く予定です。


b0349892_20014040.jpg
まず、短辺方向の足と横材をビス留め。

b0349892_20014256.jpg
材料を寝かせて、材料を並べる。

b0349892_20014301.jpg
スノコを受ける材料で脚と、長辺方向の横材をつなぎます。

b0349892_20014590.jpg
裏返しにして、

b0349892_20014660.jpg
前と後ろのスノコ板を取付。
目地の幅をスノコの切れ端(約19㎜)を入れながら、ビス留めすると、スケールで寸法を測らずに楽に留められます。

b0349892_20014817.jpg
前後ろ、3枚ずつスノコ板を取り付けて、さらに固定します。

b0349892_20014950.jpg
次に、スノコを作成。ここでもスノコの隙間に、切れ端を使うと作業効率が上がります。

b0349892_20015171.jpg

ベットの下は埃が溜まりやすいので、掃除しやすいように、中のスノコを取り外し式にしました。

ツーバイ材の利点として、
・軽くて加工がしやすい
・表面は機械でカンナがかけられていて、やすり掛けする必要がない

という感じです。

6フィートのツーバイ材だと1.8mしかないので、そのまま製作すると寸足らずになってしまいます。
ですが、写真のように脚の部分を足すと、約2mの長さになり、マットや布団を敷くことが出来ます。
また、6フィートの材料なら、ホームセンターから自家用車でも運ぶことも可能。

材料リスト
・1×4 6フィート 9枚 スノコ材(すべて二つ割)
・2×4 6フィート 4枚 骨組み(短辺方向は二つ割。脚は360㎜にしました)
・24㎜×45㎜×2000 2枚 スノコの受け材(カンナはかかっていません)
・18㎜×45㎜×2000 2枚 スノコの留め材 胴縁(カンナはかかっていません)
木材費で約3,500円。あとはビス代のみ。

脚と短辺方向の骨組みのみ、ホームセンターでカットしてもらい、あとは自宅で切りました。
スノコのカットなど、お子さんに手伝ってもらうと良いかも。
ノコギリが使えない子って、意外と多いですからね。

写真は2台目。だいぶ慣れてきて作業時間は、一台で約2時間でした。
年末年始の空き時間に作業して、4台作成しました!

あと1台でコンプリートです(^^)

将来的には、枕のあたりに棚を作って使いやすくしたいと思います。




----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2016-01-17 20:26 | 子育て 育児 家族 | Comments(0)
2015年 11月 23日

床塗装

事務所の床工事です。


b0349892_06472375.jpg
床張りが終わり、その端材を使って塗装のサンプルをつくり、壁の色を決定します。


b0349892_06481089.jpg
検討の結果、一回目を濃い色に塗り、


b0349892_06475943.jpg
二回目にホワイトを塗り重ねました。

一回目は1人で塗ったのですが、二回目は長女に手伝ってもらいました(^^)


b0349892_06472564.jpg
二回目の塗装は二人で1時間もかからず終了。
見慣れたパインの床材が、しっとりとした雰囲気にかわりました。


----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2015-11-23 06:55 | リノベーション・リフォーム | Comments(0)
2015年 11月 14日

職人の苦労

事務所ですが、地道に進んでいます。
通常の業務もしながらなので、週に1~2日の作業になってしまいますが(^_^;)

外部の床屋さんトレードマークのネットを撤去し、下地を組んでポリカの波板を貼りました。
色はチャコール色です。
これで終わりでなく、これからもう少し細工をします。



b0349892_21592547.jpg
内部の天井塗装。
b0349892_21591181.jpg
既存のジプトンに濃茶を塗っているところです。
5坪ほどの面積なので、2~3時間で終わると思いきや、丸一日かかってしまいました(-_-;)

理由はジプトンの窪みにあります。

その窪みになかなか色が入らないため、ローラーに力を入れてゴロゴロと押し込むと、やっと色が入る感じでした。

普段、まったく使わない筋肉を酷使したため、筋肉痛が数日経ってもなかなか取れず、歳を感じさせられました、、、

職人さんの苦労を身をもって体験している感です。

こういうことを体感すると、建物は一人では出来ないことを実感します。

夢を実現するオーナーの寄り添うのは当然のことですが、
「実際に現場で頑張っている職人さんの立場にも立てる設計をしていきたい」
とあらためて思いました。


----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2015-11-14 22:20 | リノベーション・リフォーム | Comments(0)
2015年 11月 07日

事務所計画

今まで自宅の使っていない部屋を事務所にしていたのですが、いろいろと不便があり、事務所を借りることにしました。
越後線の関屋駅近くの店舗物件です。
b0349892_17595572.jpg

b0349892_17590829.jpg
元床屋さんの店舗です。
自分で出来るところは自分で作業しながら、通常の業務の合間をぬって少しづつ工事していきたいと思います。


----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2015-11-07 18:06 | リノベーション・リフォーム | Comments(0)
2014年 09月 12日

本棚に挑戦

すべてをプロに任せるのではなく、自分で出来ることをやる「ハーフビルド」という言葉があります。
プロに任せるのは、危険だったり、重くて大変だったり、特殊な専門性が必要だったりすることで、そこはプロに任せて、残りを自分のペースで自分で作っていくことです。

家づくりは大きな買い物です。
そして家づくりは楽しいものです。
家づくりで自分が手がけたものがあるのは、一生の思い出にもなるし、我が家に対して、より愛着が湧きます。
自分で楽しんで、なおかつコストダウンが図れるわけで一石二鳥です(^^)

jK邸(自宅)では、ハーフビルドまでは行かずとも、住みながら家具等作っていけたらと思い、休みの日にコツコツと何かしら作っています。

b0349892_09100566.jpg
子供と一緒に色塗り。
夢中になって塗っています(^^)
重要な戦力でもあります(^_^;)

b0349892_09101854.jpg
板壁部分に金物を取付け
b0349892_09103595.jpg
棚を取り付けていきます。
b0349892_09105059.jpg
棚の取付け完了。
10年くらい前に自分でつくった机も本棚と同じ色に塗り、統一感を出しました。
b0349892_09105883.jpg


[PR]

by jun-arch | 2014-09-12 07:00 | 経年変化する木のいえ 生活風景