加藤淳一級建築士事務所の日記

junarch.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2017年 07月 31日

小さいスペースにもフィットする書斎best5!

建築系WEBサイト、homifyの特集記事で江南の家の書斎が紹介されていました☆
5つの書斎が紹介されていて、江南の家 の書斎は、一番最後の紹介でした。

↓↓紹介文抜粋↓↓
最後は本日紹介する中で一番小さなスペースに作られた書斎です!こちらは階段室上部のスペースを活用したもの。スキップフロアで寝室とつながっています。パソコンのモニタとほぼ同じ幅しかありませんが、それがまるで漫画喫茶の個室のような感じで逆に落ち着きそう。この家にデッドスペース無し!


面白い紹介文でした(^^)
「この家にデッドスペース無し!」
に思わず笑ってしまいました。

確かに、無駄な空間をつくらないようにアイデアを絞るのは好きなみたいです。
書斎に限らず、人の導線や収納など、平面的でなく立体的に、機能的かつ合理的に突き詰め、それを実現していくのは、とても地道な作業でもあり大変です。
でもプランがスパッとはまったり、「これはいける!」と心のなかで叫ぶ瞬間があったり、と難問を解くような快感もあります。

そしてその住まいを、オーナーが、
居心地よく感じたり
家事が楽しくなったり
面白がったり
ワクワクしたり
と、満足してもらえたら最高です☆

人の喜びに立ち会える、この仕事はやめられそうにありません。

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

[PR]

by jun-arch | 2017-07-31 10:09 | プロフィール | Comments(0)
2017年 07月 26日

2期目の工事  文京町の家

文京町の家、2期目の工事も大詰めです。
b0349892_10142976.jpg

b0349892_10143276.jpg
こちらは工事開始前の写真。


b0349892_10143148.jpg

奥側の1期目の工事部分を残して、店舗部分を解体。

b0349892_10183594.jpg

道路側は、強烈な西日が当たるので、窓は少なめに。

b0349892_10142708.jpg
ポーチと車庫を兼ねて、玄関前に屋根をつくりました。
雨や雪を気にせず、車から中に入れます(^^)

b0349892_10200702.jpg
道路側は吹付け仕上げです。

良い感じになりそうです☆

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

[PR]

by jun-arch | 2017-07-26 10:29 | リノベーション・リフォーム | Comments(0)
2017年 07月 20日

建て方工事 さとう鍼灸接骨院

さとう鍼灸接骨院の建て方工事が無事終了しました!

施工は、7月から株式会社になった文京田中建設さん。

1階の床面積で約70坪。
なかなか圧巻です☆
b0349892_15240201.jpg

b0349892_14024427.jpg

b0349892_14024431.jpg
一部吹抜にして、部屋の奥でも自然光が届くようにしています。
b0349892_14024392.jpg
2階はほぼ小屋裏で、平屋に近い造りになっていますが、2階建てに見立てて構造計算しているので、小屋裏の水平構面(写真上の合板)もバッチリとっています。
地震に強い建物にするには、この水平構面がとても重要です。



□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

[PR]

by jun-arch | 2017-07-20 14:20 | 新築・改築 | Comments(0)
2017年 07月 11日

内部竣工写真 白山浦の家

白山浦の家、内部の竣工写真です。
b0349892_06091027.jpg
サンルームと居間。

b0349892_06112868.jpg
ダイニングからキッチン、吹抜をみる。

b0349892_06120590.jpg
居間

b0349892_06182955.jpg
新潟花火がみえるサンルーム。


b0349892_06130339.jpg
玄関。

24坪の狭小地に5人家族の住まいが出来ました。
敷地に制限があっても、どんな小さな住宅でも、住まいは無限の可能性を秘めています。

最近、40坪くらいの敷地でも、とても広く感じられるようになりました(^^)



□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

[PR]

by jun-arch | 2017-07-11 06:32 | 新築・改築 | Comments(0)
2017年 07月 03日

基礎工事 さとう鍼灸接骨院

さとう鍼灸接骨院の基礎工事が完了しました!

基礎工事中の写真です☆
b0349892_06052293.jpg
地盤改良後に、杭頭を壊さないようにして床掘り。そして砕石を敷きます。

b0349892_06051954.jpg
鉄筋をくみ上げ、図面通り配筋できているか、チェックです。
規模が大きいと半日くらいかかります^_^;

許容応力度計算をしていると、建物の荷重や強風や地震の時に力のかかり方によって、鉄筋を割り増しするところが出てきます。
検査する項目が多くなり、余計に時間がかかります。

b0349892_06094482.jpg
基礎底板のコンクリートの被り厚さも必ずチェック。

b0349892_06091031.jpg
ベースを打設後、今度はアンカーボルトの検査。
写真はホールダウンという大きな金物の基礎埋込長さをみています。
基礎から建物をしっかり、強固に固定するための金物です。
これも力のかかり方によって、入れる場所入れない場所があります☆

b0349892_06051591.jpg
無事完了(^^)
b0349892_06053578.jpg
基礎の出来た後も、設計通りか基礎の高さをチェック。
この後、基礎天端のレベル確認など、それぞれの工程のチェックしていきます。

基礎工事の検査のほんの一部の紹介でした☆

基礎は出来上がるとコンクリートの内部までは見えなくなってしまうので、その工程がとても重要です。
見えなくなるところほど、入念なチェックが必要です。

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

[PR]

by jun-arch | 2017-07-03 06:23 | 新築・改築 | Comments(0)