加藤淳一級建築士事務所の日記

junarch.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2016年 12月 28日

一年経ってからの撮影 京都修学院の家

京都修学院の家 を1年点検の際、写真家の星野裕也さんに撮っていただきました。
その中で数枚ブログで紹介します。
b0349892_07180054.jpg
b0349892_07171477.jpg
2階を支える列柱のポーチ空間。自転車や雨に濡れずに車からアプローチ出来て、便利です☆

b0349892_07180005.jpg
ロフトからの見下ろし。

b0349892_07180075.jpg
子ども達は、思い思いの場所で過ごしているそう。




b0349892_07180133.jpg
玄関。

b0349892_07180337.jpg
郵便ポストと笠掛。

b0349892_07180132.jpg
2階リビングに上がる玄関前の階段。
b0349892_07180239.jpg
上り口に、手で掴みやすいように、木の方立を取り付けてあります。

b0349892_07180200.jpg
階段の見下ろし。

b0349892_07175974.jpg
ダイニングからキッチンとリビングをみる。
b0349892_07180173.jpg
実際に生活を始めてからの写真は良いですね。
生活感が加わって、豊かな空間をイメージしやすいです。

竣工写真はパキッとしてキレイですが、自分好みの家具や小物などが置かれて、初めて完成したと言えるのではないか、と思います。

それぞれの家族、さまざまなライフスタイルにも馴染むような空間を提案していきたいと思います。


あいにくの天気で青空をバックに写真を、ということは出来なかったですが、さすがプロです。
悪条件の中でも、素敵な写真をありがとうございます☆

修学院の家 過去ブログ記事

----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2016-12-28 07:47 | 経年変化する木のいえ 生活風景 | Comments(0)
2016年 12月 26日

プラスαの提案

金沢町の家、無事に上棟式が終了しました。

b0349892_15495305.jpg
b0349892_15501160.jpg
住まいの町医者、渡部建築の棟梁が祝詞をあげています。


↓↓スタディ模型です。↓↓
b0349892_15502924.jpg


b0349892_15504458.jpg



b0349892_15505078.jpg


庭を囲むコの字型のプランです。

ハウスメーカーや建売住宅では、玄関に入った瞬間に何となく間取りが想像できませんか?

加藤淳一級建築士事務所では、特に奇をてらってプランや住宅を考えている訳ではありません。
ですが、敷地条件、家族の要望や夢などを突き詰めて考えていくと、自然に同じようなプランが生まれないのです。

生活のし易さや快適性を大事にして、そこにワクワク感や住まい手の想像を超えたプラスαの御提案を心掛けています。
建築する側のエゴの押し付けではなく、住まい手にとって最善の住まいづくりのお手伝いをしていきたいと思います。



----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2016-12-26 16:10 | 新築・改築 | Comments(0)
2016年 12月 20日

オープンハウス開催

坂井砂山の家(新潟市西区)、施工の文京田中建設さんが、オープンハウスを行います。

お客様のご厚意による内覧会なので、電話による予約制、とのことです。
もうすでに何組か予約が入っているそうなので、連絡はお早めに。
少しタイムラグが出ると思いますが、私に連絡をいただいても大丈夫です。

日時 :2016年12月23日(金) 10:00~17:00
場所 :新潟市西区坂井砂山
連絡先:090-1889-0577(文京田中建設 田中)
「電話で予約の空き状況やオープンハウスの場所をお知らせします」とのこと。

私は午後のみオープンハウスに参加する予定です。
私がいる時は、予約が一杯でもご案内できると思いますので、お気軽にご連絡ください。
加藤携帯:080-5893-5617

b0349892_09474775.jpg
b0349892_09475194.jpg
b0349892_09480057.jpg
b0349892_09481480.jpg


b0349892_09474173.jpg


----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2016-12-20 10:21 | 新築・改築 | Comments(0)
2016年 12月 19日

事務所移転から一年

事務所移転から一年が過ぎました。

独立した当初、自宅の一室を設計事務所として運営していました。
おかげ様で少しずつ仕事が増え、自宅では少し手狭になり、どこか良い物件を探していたころ、関屋駅前にしばらく借り手がいなかった店舗があり、そこを借りることにしました。

借りるときに大家さんから、
「一年か二年で取り壊すかもしれないよ」
と脅されたのですが、昔ながらの長屋的な建物の雰囲気が気に入ったので、思い切って借りことにしました。

それでも、取り壊されることが心配だったので、外装、内装共に、取り外して次の事務所でも使えるように計画し、セルフビルドしました☆
b0349892_21053509.jpg
↑↑リノベーションから一年の写真(今日撮った写真です☆)

アイデアを絞り、半日で解体できるようにリノベーションしました。

↓↓リノベーション前↓↓
b0349892_21164892.jpg
 ↑↑リノベーション前↑↑

来客からは好評で、
「さすが、設計事務所。お洒落ですね!」
なんて言われるのですが、実は建築工事で使われる下地材を仕上げに使っていて、そのことを話すと皆さん驚かれます。
床のフローリングもB級品で、梱包が破け日焼けして、建材屋さんが扱いに困っていたものを、安く譲ってもらったものです。

どんな材料でも、ほんのひと手間加えることにより、生まれ変わります。
そんなひと手間が、空間に新しい個性を与えてくれるのです。

一年経って、なんだが味が出てきた感じです。
新建材は、出来た時が一番きれいで、その後は汚くなっていくだけです。
下地材であっても、無垢の木はプリントされた人工的なものに比べて、温かみと質感が伴っています。

高価な材料でなくても、味があって、愛着がもてるようなひと工夫を心掛けています。
建築の下地材であっても、使い方やひと手間加える工夫によって、使い込むほど味が出てくるようになるのです。
素朴で、長く使っていても飽きのこないロングライフデザイン。
そんなデザインや空間を提案していきたいと思います。

同じ建物に、美味しいラーメン屋さんや居酒屋もあるので、ぜひ遊びに来てください☆
お待ちしております。


----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2016-12-19 21:54 | プロフィール | Comments(0)
2016年 12月 15日

タイル張り 坂井砂山の家

坂井砂山の家、内部のタイル張り工事です。

リビング壁一面を収納を含めた一体的な家具のような雰囲気にするため、TVの裏面にセラミックタイルを張りました。

b0349892_16261091.jpg
b0349892_16241982.jpg
窓の右側の壁一面がそうです。

床の養生を今すぐ剥がして全体を見てみたい衝動に駆られます^_^;

b0349892_16264957.jpg
キッチンも同じような雰囲気にトータルコーディネイトしています。
既製品のシステムキッチンですが、キッチンの天板がセラミック製でした。
そこで、コンロ側の壁もキッチンの天板に合わせて、セラミック製のタイルにしました。
b0349892_16331307.jpg
コンロ側の壁がセラミック製のタイルです。キッチンとタイルのメーカーが違ったので、雰囲気が合うか、少し心配だったのですが、このために誂えたかのようにピッタリ合いました(^^)

写真では分かりづらいのですが、質感がとても良いです。
コンロ側の壁はキッチンパネルが一般的ですが、タイル張りにして良かったです。

b0349892_16242446.jpg
ベテランのタイル職人が、寸法を合わせながら、綺麗に張り上げていきます。
b0349892_16272065.jpg
洗面所のタイルはこんな感じに。
清潔感が出て良い感じです。

タイルや壁一面の色を変えたりするのが流行っているように思いますが、全体的な雰囲気を損なわず、うまくまとめるのは、意外に難しかったりします。

坂井砂山の家では、タイルにオーナーの拘りもあり、サンプルだけではなく、実際にイメージの湧く資料をつくって、オーナーと何度も打合せした。

全体的にうまくまとまって少しホッとしています☆

12月23日の一日のみ、工務店さんがオープンハウスを行います。
大々的には広告をうたないようなので、ご興味のある方はぜひご連絡ください。

よろしくお願い致します。


[PR]

by jun-arch | 2016-12-15 16:50 | 新築・改築 | Comments(0)
2016年 12月 13日

書斎の設計ポイント~書斎は男のロマン~

書斎スペースを設計しているとき、なんだかワクワクしてきます。
子どものころ、秘密基地をつくって遊んだりしていましたが、それに近い感覚です。
b0349892_04023430.jpg
そのワクワク感が、住まい手にも伝われば良いな、と思いながら、図面を描いたり、パースを描いたりしています。
b0349892_04022697.jpg
提案時のパース。


今まで設計した書斎をタイプ別にしていくつかご紹介します。

1.個室型書斎
2. 寝室にある書斎
3. リビングにつながる書斎
4. ぐるぐる回れる導線にある書斎

1.個室型書斎
個室の書斎。
南側に面して、明るい書斎です。壁一面に本棚を設置しています。


2.寝室にある書斎

中山の家の事例です。
b0349892_04022748.jpg
b0349892_04023110.jpg

主寝室の奥の一部を書斎にした例です。

b0349892_04023430.jpg
掘り炬燵のようになっています。


江南の家の書斎事例。

b0349892_04023450.jpg
寝室の右側奥にあるのが、書斎です。ぐるっと回り込んで、書斎に到達します。
b0349892_04023597.jpg
床が上がっているのは、下に階段があるためです。
ちょっとした段差により、寝室との境界が出来ます。


3.リビングにつながる書斎

b0349892_04023677.jpg
ちょっと分かりづらいですが、階段の奥に書斎が見えます。
b0349892_04023734.jpg
b0349892_04045704.jpg
書斎側から階段越しにリビングが見えます。
b0349892_04045825.jpg
断面図です。
スキップフロアになっていて、主寝室がリビングより低くなっています。書斎スペースは、リビングと主寝室の間に位置しています。

4.ぐるぐる回れる導線にある書斎

b0349892_04045837.jpg
寝室に付随したウォークインクローゼットの奥に、隠し部屋のように書斎を設けました。
書斎から、2階のテラスにも出られるようになっていて、
書斎→2階テラス→2階ホール→寝室→ウォークインクローゼット→書斎
とぐるぐる回れるプランになっています。

個室というか、一人になれる場所も家のどこかに必要だと考えています。
私は家族とどのようにつながるか、ということを大事にして設計しています。でも、家族との時間を大事にする一方、時々一人になりたい、と思うことのあるもの。そのような場所や時間があることによって、もっと家族とのつながりを大事にするのではないか、と考えています。
書斎は、手軽に設けられる“そのような場所”でもあるのです。

私が書斎を提案する時に考えているポイントは、次の二点です。
1. ワクワク感や少年のような遊び心
2. 家族とつながりながらも、一人にもなれる場所

配置する場所、導線や窓のとり方により、書斎はとても楽しい場所になります。
面積や予算が限られていても、書斎は大きなスペースを要しないため、アイデア次第で実現可能だと思います。
そのようなところが、設計力の見せ所、とも言えます。

耐震性や省エネ性能を上げることはもちろんのこと、自分も楽しく、オーナーにも楽しんでもらえる書斎など、遊び心もある提案を心掛けています。


----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2016-12-13 06:00 | コラム | Comments(0)
2016年 12月 11日

内装工事 坂井砂山の家

坂井砂山の家、内装工事。
もう少しで完成です(^^)

b0349892_16364767.jpg
パテ処理作業中。
下地処理でも、目が真剣です☆


b0349892_16352401.jpg
木部の塗装をしてから内装材を張り上げていきます。

b0349892_16353097.jpg


b0349892_16353659.jpg
内装工事がほぼ終了し、内部が明るくなりました☆
次にタイル張りなど左官工事へと続きます。

b0349892_16354468.jpg
玄関ドアを塗装し、外部ももう少しで完了です。
植栽などの外構工事は、来春に。



----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2016-12-11 16:43 | 新築・改築 | Comments(0)
2016年 12月 05日

カルフォルニアハウスをイメージした提案型住宅 

善久の家(ぜんくのいえ)、大詰めです!

住まいの町医者、渡部建築さん とのコラボ・ワーク。
カルフォルニアハウスをイメージした新しい提案型住宅です(^^)

b0349892_21405355.jpg
b0349892_21405289.jpg
b0349892_21405224.jpg
オーナーのこだわりもあちらこちらに☆
b0349892_21405370.jpg
今までの物件とはだいぶ雰囲気の異なる住まいになりそうです☆


----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2016-12-05 21:52 | 新築・改築 | Comments(0)