加藤淳一級建築士事務所の日記

junarch.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2016年 08月 24日

善久(ぜんく)の家、開始

善久(ぜんく)の家、始まりました。

地盤改良工事の開始です。
建物位置と、地盤改良工事の杭の高さを確認してきました。

この敷地の支持地盤が、地盤面から5.5mから6mにありました。
今回は、杭が長くなるため、発生残土が少ないピュアパイル工法で施工します。

b0349892_11252299.jpg
今日も暑くなりそうです。
8時半くらいで、現場で作業する人はもう汗だくです。
ヘルメットから汗が滴っています。
どんな気候、状況でも、一所懸命に作業する人には頭があがりません。

現場の皆さま、熱中症に気を付けて水分補給しながら、安心安全な家づくりをお願い致しますm(_ _)m

----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2016-08-24 11:37 | 新築・改築 | Comments(0)
2016年 08月 22日

キッチンの壁板と縁側

三仏生の家、大詰めです。

今回、キッチンの壁板は桐材です。

b0349892_06315621.jpg
良い感じです(^^)
ワックスを塗るとまた違った雰囲気になってきます。
フローリングが桐なので、キッチンの壁も合わせました。

b0349892_06315782.jpg
リビングに面した縁側を造作中。

b0349892_06315791.jpg
雪が多い地域のため、縁側を通常より高さがあります。
その高さを利用して、縁側の下はタイヤや外道具などの収納スペースになります☆


----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2016-08-22 06:46 | 新築・改築 | Comments(0)
2016年 08月 21日

基礎の配筋検査

砂山の家の基礎の配筋検査をしました。

配筋の検査項目は多く、二人で約2時間ほどかかりました。
許容応力度計算をしての基礎なので、配筋の仕様が8種類程あり、全箇所確認していきます。


小規模な住宅でもイージーミスはつきものです。
ましてや炎天下での作業では、思考回路も通常と異なります(^_^;)
何ケ所か修正してもらい、それから瑕疵担保保険の配筋検査を受け、初めてコンクリートの打設になります。

b0349892_06072711.jpg

----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2016-08-21 06:18 | 新築・改築 | Comments(0)
2016年 08月 13日

小屋裏の有効利用

本来、閉じられているはずの小屋裏を利用して、広がりと開放感を演出します。
小屋裏は、ロフトや小屋裏収納として使うことも多いのですが、ここでは小屋裏を使った小さな吹抜ともいえる天井に変化のある事例を紹介します。


■小屋裏に天窓を設け、明るい空間に

b0349892_07061774.jpg

↓↓ビフォー写真↓↓
b0349892_07062232.jpg

↑↑ビフォー写真↑↑

中木戸の家
小屋裏を有効利用したリノベーションの事例です。
もともと薄暗かった部屋です。
小屋裏を表し、天窓を設けました。
日中は照明いらずです。


■小屋梁を空間のアクセントに
b0349892_07062709.jpg

↓↓ビフォー写真↓↓
b0349892_07063116.jpg

↑↑ビフォー写真↑↑

田上の家
小屋梁の一部を表し、空間のアクセントにも利用しています。


■天井の高さのギャップによる開放感

b0349892_07091231.jpg


b0349892_07063560.jpg

↓↓ビフォー写真↓↓
b0349892_07063882.jpg

↑↑ビフォー写真↑↑

北上の家

一般的にはどの部屋も、同じ天井高さにします。
小屋裏を有効利用することにより、天井の高い部分と、通常の天井高さ(2.3~2.7m)とのギャップにより、空間に開放感が生まれます。


■新築での小屋裏利用

リノベーション、リフォームに限らず、新築住宅での小屋裏利用も同じように出来ます。

b0349892_07064178.jpg

b0349892_07064461.jpg

中山の家
写真:星野裕也

下屋になっている部分の小屋裏まで天井を上げ、2階の子ども部屋1階のリビングがつながっています。


■高窓の光
b0349892_08054004.jpg

天野の家

写真提供:Daily Lives Niigata


下屋分の屋根なりに天井を貼り、高窓から光が入るようにしました。

隣家からの視線を気にせず、光を取り入れることが出来ます。


小屋裏の利用は、天井を、平らに、普通に仕上げるよりは、天井が高くなった分の工事費がかかってきます。大工の手間、材料費や足場などが通常の工事費にプラスされてしまうからです。

その工事費以上に豊かな生活空間を得ることが出来ると考えています。


加藤淳一級建築士事務所では、間取りなどの平面的な提案だけでなく、立体的に空間を吟味し、プラスアルファの空間を提案しています。





----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2016-08-13 07:36 | コラム | Comments(0)
2016年 08月 08日

HPの更新

HPを更新しました。
→→→加藤淳 一級建築士事務所

b0349892_07335697.jpg
五十嵐の家03です。

オーナーの思いと敷地条件から、スキップフロア案になりました。
シンプルだけど、半階づつズレてつながる空間は、変化に富んだものになり、訪れた人をワクワクさせてくれます。

----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2016-08-08 07:45 | 新築・改築 | Comments(0)
2016年 08月 02日

webマガジン Daily Lives Niigata

webマガジン、Daily Lives Niigata に掲載されました!


このwebマガジンは、
新潟での魅了ある日常生活を紹介するのが目的、とのことです。

取材はとても丁寧で、しかも自分にとって様々な発見がありました。

家づくりやライフスタイルについて、設計者にも言葉に出来なかったようなことを表現していただいたような気がします。

b0349892_08054004.jpg
b0349892_08054709.jpg
b0349892_08055285.jpg
写真提供:Daily Lives Niigata

オーナーにもとても喜んでいただけたみたいで、二重に嬉しいです☆

----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2016-08-02 08:13 | 経年変化する木のいえ 生活風景 | Comments(0)