加藤淳一級建築士事務所の日記

junarch.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2016年 05月 31日

五十嵐の家02 写真撮影

五十嵐の家02です。
住まわれてから、約半年経ちました☆

日本海に注ぎ込む新川を見下ろす贅沢な立地条件の住宅です。

b0349892_21341566.jpeg

b0349892_21352146.jpeg






b0349892_21381657.jpeg
とても綺麗に住まわれていて、作り手としては嬉しい限りです(^^)



ここから下は竣工時の写真。

b0349892_21384661.jpeg

b0349892_21375577.jpeg

開放的なロケーション。
窓の外を自分の庭のように楽しむことが出来ます。

川に面した四季折々の風景を日常のなかで実感できる羨ましい限りの立地条件です。


----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2016-05-31 21:46 | 新築・改築 | Comments(0)
2016年 05月 27日

築20年のサイディング

親戚の家の外壁改修工事をしていました。
築20年、窯業系サイディングの劣化状況です。


b0349892_10303846.jpg
土台水切りに直接サイディングが載っていて、サイディングが水を吸いやすい状況でした。
土台水切りとサイディングとの間に隙間を空けて、水を吸わないようにすると、ここまではひどくなりません。
20年前はこのような施工方法も多かったのでしょうか?
写真のように指でボソボソと取れていきます。
b0349892_10303853.jpg
サイディングの上から釘で留めつけてあります。
釘頭も当初は塗装してあったのですが、塗装が剥げ、錆が出ています。
おそらく、釘とサイディングの隙間から水が入り、凍害により、サイディングが割れたのでないかと思われます。
b0349892_10303923.jpg
化粧の付け梁。
壁面からのでっぱり部分の装飾部分の劣化は早いです。
もし付け梁を取り付けるのであれば、耐久性を考慮した納まりや施工方法があります。

b0349892_10303905.jpg
苔が生えている部分も、、、

10年程前に一度外壁塗装をしているにも関わらず、このような状況であることは、施工方法の稚拙さによるものです。

地域に合った素材を選び、その素材に合った施工方法の重要性をあらためて感じました。



----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2016-05-27 10:48 | リノベーション・リフォーム | Comments(0)
2016年 05月 24日

大工さんの作業場

写真家の星野裕也さんに撮ってもらった物件をいくつかご紹介します。
まずは西区のテクトン・サービス。大工さんの作業場です。
b0349892_21510247.jpeg
b0349892_21500693.jpeg

b0349892_21503770.jpeg

b0349892_21492143.jpeg
b0349892_21523411.jpeg
星野さんは大工さんの作業風景や道具を生き生きと撮っていました。
その出来上がった写真を見ていると、建物単体の美しさではではなく、どのような人、またはどのような物が、どのように建物内で活きているか?
建物だけではない、人の営みよる行動の刹那(ハッと思うような一瞬)を切り取ってくれ、いろいろを考えさせてくれます。


----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2016-05-24 22:08 | 日々雑感 | Comments(0)
2016年 05月 15日

田んぼの学校

家族で、生協主催の「田んぼの学校(←クリックすると去年の映像が出ます)」に参加してきました。
b0349892_14404938.jpg




b0349892_14405099.jpg

b0349892_14405038.jpg
素足で田んぼに足を入れる感覚って良いですね。

泥のぬかるみを感じながら、稲を植えていくのは、雑念が沸かず、集中できてとても心地よい体験でした。
普段の生活では感じられない五感の一部を刺激され、忘れてかけていた少年の頃の身体感覚のようなものが蘇ってくる感じです。

小一時間の作業でしたが、終わったあとは「もう終わり?もっと植えたい」と思いました。

作業後、ちょっと疲れを感じましたが、帰りに公衆浴場に寄って、程よい充実感とまだ少し残っていた泥を洗い流し、サッパリとしてとてもリフレッシュ出来ました☆


----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2016-05-15 14:37 | 子育て 育児 家族 | Comments(0)
2016年 05月 12日

写真撮影

写真家、星野裕也さんに何物件か、写真を撮っていただきました。

b0349892_16205530.jpg

b0349892_16205124.jpg
今度はどのような雰囲気になるか、とても楽しみです(^^)

星野裕也さん撮影の「中山の家」

星野裕也ホームページ



----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2016-05-12 16:26 | 日々雑感 | Comments(0)
2016年 05月 06日

リビングの棚をDIY

GW中、自宅のリビング収納棚を作成しました!

b0349892_08420517.jpg
リビングや和室に収納を分散させていたのですが、一ヶ所に集中してスッキリさせるため、新たに収納棚を作成することにしました。


b0349892_11015347.jpg
ホームセンターで材料を購入し、ジャストサイズにカットしてもらいました。
4.2mもあるパインのフリー板ですが、乗用車に詰めるサイズになるので、一石二鳥です(^^)

b0349892_08415872.jpg
リビングの壁。



b0349892_08420261.jpg
まず下部を作成。棚の後ろに障子が走るので、掃除機をかけやすいように、背面に隙間を空けています。

b0349892_08420370.jpg
上の部分を別個に作り、下台にのせます。

b0349892_08421258.jpg
子どもがカウンターの角で怪我しないように、丸く面取りしました。
斜めにカットし、あとはひたすらヤスリがけ。

b0349892_08423396.jpg
棚の上の部分も、カウンター部分の丸面と合わせて、少し丸めました。
ほんの少し丸面をつけることにより、全体的に少し優しい感じになります。

b0349892_08424012.jpg
棚の背面に障子が走るため、スペースを空けています。

b0349892_08425242.jpg
障子の鴨居と床面に、転倒防止のためのビスを取付けして終了です。

図面、材料の購入、組立、ワックス塗りと一通りの作業で約1日半。
子どもが出し入れしやすいようにオープンで使い、将来的に建具を付ける予定です。

----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2016-05-06 11:15 | 子育て 育児 家族 | Comments(0)