加藤淳一級建築士事務所の日記

junarch.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2016年 04月 27日

内藤廣講演会 身体的に気持ちの良い空間

先週末、長岡アオーレで、建築家、内藤廣さんの講演会がありました。
私が日本で一番尊敬する建築家です。

日本建築写真家協会主催のイベントで、建築と写真についての話でした。
そこで海の博物館の話が出てきて、訪問した事が懐かしくなったので、ここでアップします。
10年ほど前の写真です、、、

b0349892_12583492.jpg
b0349892_12584733.jpg


b0349892_12585138.jpg
b0349892_12590714.jpg
b0349892_12591919.jpg
b0349892_12592481.jpg
b0349892_13042537.jpg
伊勢志摩にある博物館です。
学生のころ、雑誌で写真をみて衝撃を受け、2回ほど訪れました。

講演の中で「写真では分からない、身体的に気持ち良い空間」という内容のことを話していました。
気になったので、質問タイムで、
「どのようにしたら”身体的に気持ちの良い空間”になるか、今までどのように意識して設計しましたか?」
と質問させてもらいました。
その答えとして、簡潔にまとめると、
・5歳までの原風景
・自分の体験以上のものは出来ない
・自分の立ち位置を確認する
という感じでした。
講演会から数日過ぎましたが、内藤廣さんからの言葉は、私のなかでじわじわと重みが増しています。

著書へのサイン会の時に、
「最後に質問してくれた人ですね。頑張ってください!」
と激励してもらいました☆

モチベーション、上がります(^^)

↓↓内藤廣さん設計の京都の建物↓↓
京都の虎屋 内藤廣さんの設計


----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2016-04-27 13:24 | 日々雑感 | Comments(0)
2016年 04月 15日

ビフォーアフター 田上の家

田上の家が完成しました!
b0349892_08301030.jpg




ビフォーアフターの写真です。

b0349892_08314236.jpg
ビフォー:洋室1から洋室2をみる


b0349892_08314986.jpg
アフター:居間からキッチンダイニングをみる


b0349892_08330357.jpg
ビフォー:洋室2から洋室1をみる


b0349892_08331236.jpg
アフター:キッチンダイニングから居間をみる


b0349892_08342603.jpg
ビフォー:洋室1


b0349892_08353001.jpg
アフター:居間
天井をほんの少し低くして、窓をほんの少し大きくして、外部の景色を身近に感じられるようにしました。


b0349892_08405385.jpg
ビフォー:洋室1

b0349892_08410187.jpg
アフター:居間
収納を集約し、収納容量を増やしています。
b0349892_08411515.jpg
食品庫、押入、クローゼットを5枚の扉の中に納めています。
扉の高さも、通常2mのところを、2.4mで特注し、枕棚の部分も有効活用しています。


子育て世帯が実家に戻り、三世帯住居になるため、二階の洋室二部屋(子ども部屋だった部屋)を、子育て世帯用の居間とキッチンダイニングにリノベーションしました。

天井に隠れていた小屋裏を活かし、天井の高さにメリハリを出し、空間の広がり感を演出しています。
開口部も断熱性の高いものに交換し、外部をより身近に感じられるようにひと工夫しました。




----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2016-04-15 08:49 | リノベーション・リフォーム | Comments(0)
2016年 04月 14日

断面パース

最近、断面パースをよく描いています。

ここ一週間くらいに描いた断面パースです。

b0349892_08033856.jpg
初回提案の断面パース。
吹抜の上にロフトを設けています。
吹抜の天井高さがあると容積が増えるため、暖房費がかさみます。
そのため、人が歩かない吹抜の天井高さを低くし、容積を減らしています。
吹抜の開放感も感じられ、なおかつ光熱費も抑えられます。

b0349892_08033250.jpg


こちらも初回提案の断面パース。
平屋のリノベーションです。
愛犬と暮らす、土間リビング中心のプランです。
既存部分をどのように残すか、快適に暮らすにはどのようにするか等々、検討します。

b0349892_08033513.jpg
来月着工物件の、最終確認のための断面パース。
照明器具やスイッチ位置も図面に入れ込み、住まい手と打合せしました。

初回提案で描く以外に、実施設計中でも、各部屋の高さ、開口のバランス、照明器具の配置などなど、断面パースを描きながら調整してみました。

建築を学んでいたころ、ルイス・カーンの弟子でもある志水英樹先生が「名建築には断面の良い建物が多い」というような内容のことを話していました。
その薫陶のためか、実務に携わるようになってからも断面図にはこだわっていました。

でも断面図だけでは、住まい手とのコミュニケーションに少し物足りないものを感じていました。
打合せ相手は、「断面図では、なんとなく分かりづらい」言うのです。

パースは良く描いていたのですが、最近、「断面図」と「パース」を組み合わせた「断面パース」を描いたところ、住まい手にとって、おおむね好評でした。
家全体のイメージをつかみやすいようです。

住まいを立体的な空間として検討していくのと同時に、断面パースや模型など、住まい手とのコミュニケーションに活用していきたいと思います。




----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2016-04-14 08:30 | 日々雑感 | Comments(0)
2016年 04月 07日

竣工写真 五十嵐の家03

五十嵐の家03、竣工写真を撮ってきました。

その一部をアップします。
b0349892_14575962.jpg
南側の大開口。将来、カーポートとテラスを作る予定です。



b0349892_14595341.jpg
畳一枚くらいの大きさのある液晶テレビですが、右側の開口が大きいためか、そんなに大きさを感じません。
右側の開口下から愛車が見られます。



b0349892_14575073.jpg
リビングとキッチンダイニングは中二階。玄関、水廻り、寝室は1階です。
キッチンの壁越しに2階ホールが見えます。



b0349892_14592594.jpg
階段から透けて見えるのが、書斎と寝室。




b0349892_14582775.jpg
書斎側から、中二階をみる。



b0349892_14580948.jpg
2階ホール。



b0349892_14581843.jpg
1階の水廻りから、中2階のキッチンダイニングをみる。



b0349892_14570814.jpg
1階の玄関から。
右側に上がると中2階。
左側に下がると、道路のレベルになります。



b0349892_14565993.jpg
敷地のレベルは道路から60㎝程高くなっています。
一般的には玄関の外に階段があって、その階段を上がってから、中に入るパターンが多いです。
ですが、五十嵐の家03では、外階段を内部に取り込んでいます。




b0349892_14565131.jpg
玄関前に階段はなく、道路面に近いです。
敷地レベルが道路より60㎝位高くなっています。

ワンルーム的なとてもシンプルなプランなのですが、スキップフロア式にすることにより、変化に富んだ空間になりました。



----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2016-04-07 15:28 | 新築・改築 | Comments(0)
2016年 04月 06日

家族旅行@粟島

先週末、初めて粟島へ行きました。

b0349892_13421312.jpg
粟島は人口が約350人。
漁業や観光が主な産業です。

人が少なかったのですが、島民はどの人も顔を合わせると話しかけてくれて、寂しい感じはしませんでした。
4月始めということもあって、新しく赴任した先生に間違われたり、子どもたちは「どこの孫だ?」と聞かれたり。「観光で来た」というとオフシーズンのため、とても不思議がられました。
二度目に合って「また会ったね」なんて話かけられることもあり、素朴な人情に触れて、なんだか癒されました。
b0349892_13422682.jpg
b0349892_13440215.jpg
のんびりと過ごせ、とてもリラックスできましたが、再訪して、もっとのんびりと粟島を味わいたいと思います。


----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2016-04-06 13:57 | 子育て 育児 家族 | Comments(0)