加藤淳一級建築士事務所の日記

junarch.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2014年 10月 28日

設計の進め方 手描きとCAD図面

現在、設計中の物件です。

幸運なことに一回目の提案で施主に気に入っていただき、そのまま設計を進めることになりました。

b0349892_22134438.jpg
最近は、

手描き→CAD→手描き→CAD

という感じで、プランを煮詰めています。
途中、模型が入ることもあります。

b0349892_22063754.jpg
写真は、基本設計決定後、CADで描いた図面を切りとって、手帳に貼り付けたものです。
隙間時間も手を動かすことが出来るし、ふと沸いたアイデアをそのまま図面に描き込めて便利です。

修正液で気になるところを消して、赤で上書きしています。
修正液がどんどん重なっていくこともありますが、その厚みがその設計に対する思考の厚みです(^^)

コンピュータとにらめっこをしているだけで、なかなか設計が進まなかったりすることが良くあります。
そんな時、手を動かすとあっという間に解決したりすることがよくあります。

なんとなくCADで描くとキレイに見えるんだけど、実際には納まらなかったり、美しくなかったりする、なんてことも。

コンピュータで図面を描くのは便利で、CAD無しでの設計は今では考えられませんが、手を動かした分だけ良いものができるのではないかと考えています。

------家づくりをたのしむ、人生をたのしむ------
【子育てする木のいえ】加藤淳一級建築士事務所
(ホームページ:2015年2月本格始動)
---------------------------------------------
[PR]

by jun-arch | 2014-10-28 05:00 | 新築・改築
2014年 10月 24日

家族の気配がつながる つながる家の設計コンセプト

施主のI様と打ち合わせをしていて、それぞれの生活リズムが違いながらも、一緒に居る時間をとても大事にしているのを感じました。

そこで、「家族の気配がつながる(感じる)」ことを、コンセプトの中心に据えました。

1階と2階を一体的な空間にするには、大きな吹抜が必要となってきますが、長岡の気候風土を考慮して、大きな吹抜は避けました。


b0349892_09230843.jpg
部分的なスキップフロアにすることにより、大きくつなげるのではなく、ほんの少しつなげています。
ほんの少しのつながりですが、1階のキッチンから声をかけると、1階はもちろん、家の中のどこに居ても声が聞こえます。



b0349892_09040715.jpg
b0349892_09054032.jpg

Iy邸では、いくつかの居場所をつくり、ほどよくつなげるようにしています。
ほどよい距離感が、お互いを大事にする気持ちに余裕を持たせるのではないかと考えました。


b0349892_09054957.jpg

------家づくりをたのしむ、人生をたのしむ------
【子育てする木のいえ】加藤淳一級建築士事務所
(ホームページ:2015年2月本格始動)
---------------------------------------------
[PR]

by jun-arch | 2014-10-24 10:00 | 新築・改築
2014年 10月 21日

外構工事 傾斜地に建つコートハウス

新潟市西区Ns邸、内部のクリーニングが終わり、外構工事中の写真です。


b0349892_17533455.jpg
ポーチ前の木塀を施工中。

b0349892_17531568.jpg
天高約3.0mのリビング。リビングに入ると開放感と明るさに驚かされます。

b0349892_17525824.jpg
玄関を入ってリビングに向かう廊下の階段。
傾斜地を有効に利用したプランのため、家の中を歩くのが楽しいです。


b0349892_17523825.jpg
その廊下から中庭が見えます。植栽工事が終わり、職人さんが水遣りをしています。
ヒメシャラが植え終わり、芝生が貼られました。
中庭の印象が一変しました。


b0349892_17521598.jpg
水平窓からの光。


------家づくりをたのしむ、人生をたのしむ------
【子育てする木のいえ】加藤淳一級建築士事務所
(ホームページ:2015年2月本格始動)
---------------------------------------------



[PR]

by jun-arch | 2014-10-21 05:00 | 新築・改築
2014年 10月 18日

小学校のマラソン大会

台風が過ぎてから、小学校のマラソン大会がありました。

小学校2年の長女を応援に、2才の次女を連れて行ってきました。
小学校1年の息子は連休明けから、体調を崩していて、残念ながら欠席。

家内は仕事で行けなかったので、私が行ってきました。
お父さんの応援は少ないかと思いきや、チラホラいました。



b0349892_08380661.jpg


b0349892_08382231.jpg


長女のマラソンの結果は、後ろから数えたほうが早い感じで、本人はとても悔しがっていたので、

「その分、これからがんばればいいさ」

と励ましました。

マラソンの順位は残念でしたが、悔しい気持ちを持って努力する子になれば良いな、と考えています。

------家づくりをたのしむ、人生をたのしむ------
【子育てする木のいえ】加藤淳一級建築士事務所
(ホームページ:2015年2月本格始動)
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2014-10-18 06:00 | 子育て 育児 家族
2014年 10月 14日

玄関の木格子(その2)玄関側にある洗濯+物干し場

長岡喜多町Iy邸は玄関側に洗濯+物干し室があります。


b0349892_00372844.jpg
向かって左側に洗濯+物干し室があるのですが、玄関側からは何の部屋があるか分かりづらくなっています。

どのように外から見えづらくするか?
それは、

1.格子の間隔を狭くすること
2.格子を部材の奥行を大きくすること

超シンプルですが、上記の二つを少し変えることにより、格子の見た感じの上品さや印象がガラッと変わります。

b0349892_00374091.jpg
少し斜めから前から見るとほとんど分かりませんが、真正面からは、窓があることにやっと気がつきます。

b0349892_00381780.jpg
外の印象よりも内側は、明るいです。

物干しに最適な西側に面していて、風が良く通るので、室内干しも心配ありません(^^)

パブリックに面するところに洗濯物を干したくないのが心情ですが、玄関の木格子により、分かりづらくなっています。

「デザインする」ということは、見た目の格好良さを追求するではなく、用途に合わせた機能などを突き詰めることです。

それを突き詰めて考えていくと、「美」が備わってきます。
b0349892_00370765.jpg

------家づくりをたのしむ、人生をたのしむ------
【子育てする木のいえ】加藤淳一級建築士事務所
(ホームページ:2015年2月本格始動)
---------------------------------------------
[PR]

by jun-arch | 2014-10-14 05:00 | 新築・改築
2014年 10月 10日

玄関の木格子(その1) シューズクロークの不安

長岡市喜多町のIy邸。
ポーチ面の木格子です。

木格子の中には、窓や換気扇のフード等があるのですが、木格子で隠れてスッキリとした印象になりました。

b0349892_08130819.jpg



玄関脇にシューズクロークがあります。

施主の不安は、2つ。

・シューズクローク内の暗さ
・靴の臭い

二つの不安から「シューズクロークに窓を取り付けたい」と、施主から要望がありました。

しかし、窓を取り付ける場所には、筋交いをたすき掛け(木の斜め材がX状に入っていること)が必要なため、窓が入りません。
無理して付けたとしても、ほんの小さな窓だけです。

「外観をスッキリとした印象にしたい」
という思いもあり、筋交の隙間に入るようにガラスブロックを入れ、外側に木格子を壁一面に取り付けるようにしました。

b0349892_08132677.jpg

b0349892_08134158.jpg
明るさはこれでOK。

二つ目の「靴の臭い」に関しては、換気扇で対処しました。

建築基準法で24時間換気が定められているため、その排気の位置をシューズクロークにして換気計画をしました。

外壁から出っ張る外部フードも、木格子によって目立たなく、外からは分かりづらくなっています。
b0349892_08185007.jpg
夜は、昼間とは逆に室内の光が外に漏れ、とても良い雰囲気です。
夜遅くに疲れて帰宅するご主人の気持ちも暖かくしてくれるでしょう。

施主の不安からくる要望の通り、窓は付けられませんでした。
ですが、その根本にある不安をアイデアで対処しました。

施主の要望をそのままカタチにするのではなく、その原因を考え、より良いものを提案していきたいと思います。

------家づくりをたのしむ、人生をたのしむ------
【子育てする木のいえ】加藤淳一級建築士事務所
(ホームページ:2015年2月本格始動)
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2014-10-10 05:00 | 新築・改築
2014年 10月 07日

新潟市美術館 新潟出身の建築家、前川國男さん

家族で、新潟市美術館に行ってきました。
新潟市美術館は、新潟出身の建築家、前川國男さん設計のもので、1985年に建てられたものです。

b0349892_11272744.jpg
道路側から



b0349892_11185826.jpg
緑と建物の雰囲気がとても良いです




b0349892_11191282.jpg

エントランス。
走っているのと、エントランスの中にいるのは娘です。
b0349892_11255398.jpg
打ち放しのコンクリートも良い表情を出しています


b0349892_11232446.jpg


b0349892_11235866.jpg
中と外とのつながりもとても良い。緑が生きていますね。

b0349892_11241009.jpg
企画展で写真家・荒木経惟の心境に触れる写真展が開催されていました。
2歳の娘が元気よく走り回っていたので、今回は断念(^_^;)

b0349892_11242741.jpg
歩いているのは小一の息子


b0349892_11244554.jpg
中庭です





b0349892_11262535.jpg
エントランスのレンガタイル

b0349892_11265094.jpg
外壁の打ち込みタイル。
釉薬の感じがとても良かったです。

ここの喫茶店で昼食を食べたのですが、とても美味しく、喫茶店内の雰囲気も、そこから見える景色もよかったです。
ただカレーがとても辛く、口の中がヒリヒリしたので、食後のコーヒーをホットからアイスに変更してもらいました(^_^;)

建物に風格さえ漂う感じです。
30年経っても、メンテナンスが行き届いていました。
地元に愛され、大事に扱われているのですね。


------家づくりをたのしむ、人生をたのしむ------
【子育てする木のいえ】加藤淳一級建築士事務所
(ホームページ:2015年2月本格始動)
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2014-10-07 05:00 | 建物探訪
2014年 10月 04日

細長いリボンのような水平窓

新潟市西区五十嵐のNs邸です。
工事もいよいよ大詰めです。
b0349892_09261707.jpg

b0349892_09264462.jpg

b0349892_09270107.jpg

b0349892_09272148.jpg
もう数日で内装工事が終了し、来週にはクリーニングです。
内装工事に並行して、外部の外構工事も進んでいます。

Ns邸では、リビングの大きな開口と、その他の細長いリボンのような水平窓が特徴的です。
b0349892_08350418.jpg
在来工法の木造住宅のため、窓があっても筋交いが必要な場合は、Φ9mmの鉄筋をたすき掛けにしています。(1枚目の写真)
窓枠のなかに鉄筋が突き抜けるため、大工さんも内装屋さんも技術が必要です。地味ですが、職人さんの腕の見せどころです(^^)

------家づくりをたのしむ、人生をたのしむ------
【子育てする木のいえ】加藤淳一級建築士事務所
(ホームページ:2015年2月本格始動)
---------------------------------------------
[PR]

by jun-arch | 2014-10-04 05:00 | 新築・改築
2014年 10月 02日

子育て世帯のリノベーション プランニング

新潟市東区中木戸Wm邸、子育て世帯のリノベーションのプランです。
b0349892_09234961.jpg


左がリノベ前。右がリノベ後です。

延床18坪の独り住まいの一軒家を、2坪増築して延床20坪の4人家用にリノベーションしました。

個室を増やすため、みんなが集まるリビングなどの共用スペースが狭くなります。また、玄関もリビングと一体的になっていたため、改善が必要でした。

2階にもう一部屋つくり、1階のキッチンを主寝室にしました。
玄関もリビングと分けて、広く取り機能的にしています。

ビフォー・アフターの写真はこちらの記事をご覧下さい。

------家づくりをたのしむ、人生をたのしむ------
【子育てする木のいえ】
加藤淳一級建築士事務所
(ホームページ:2015年2月本格始動)
---------------------------------------------


[PR]

by jun-arch | 2014-10-02 05:00 | リノベーション・リフォーム