加藤淳一級建築士事務所の日記

junarch.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:経年変化する木のいえ 生活風景( 15 )


2017年 10月 09日

ハウジングこまちの取材 金沢町の家

4月に竣工した金沢町の家が、ハウジングこまちの取材を受けました。


b0349892_10034382.jpg
空模様が怪しかったのですが、外観を撮る時だけちょうど晴れました!
b0349892_10260128.jpg
b0349892_10084301.jpg
引き渡し後、玄関に奥様が購入した棚受金物に合わせて、Ag-工務店さんが棚を造作。
置かれている小物もセンスが良く、カフェのような雰囲気です☆

b0349892_10033098.jpg
中庭もよく手入れされていました。
ご主人がマメに手を加えているようです(^^)
来客にとても好評とのこと。
取材中、実際に生活のことなど聞かせていただいて、楽しかったです。

金沢町の家が掲載されるハウジングこまちは12月末に発売☆
楽しみです(^^)

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

[PR]

by jun-arch | 2017-10-09 10:37 | 経年変化する木のいえ 生活風景 | Comments(0)
2017年 09月 04日

ワインを愉しむ

昨年末に竣工した坂井砂山のT様に御呼ばれして、お伺いしてきました。

「ワインを愉しむ」
というコンセプトから、奥様が腕によりをかけて料理を準備していただきました☆
b0349892_11042095.jpg
b0349892_11042216.jpg
ご主人様がつくられたミニトマトとモッツアレラチーズの一品も(^^)
b0349892_11042378.jpg
ローストビーフも本格的。
なんと電子レンジで作ったそうですΣ(・□・;)


b0349892_11115931.jpg
料理の写真ばかりで、肝心の室内の様子を撮り忘れてしまったので、先月に撮った写真を載せます。
ホームページの紹介:坂井砂山の家 (←こちらもどうぞ☆)

設計や建築中の話に始まり、新しい住まいでの生活やご夫婦の趣味や仕事の話などなど。
ご主人様のワインの話も大変面白く、時間があっという間に過ぎてしまいました。

本当にどの料理も美味しく、ワインが進み過ぎて、4人で5本くらい開けてしまいました^_^;

T様、ご馳走様でしたm(_ _)m

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

[PR]

by jun-arch | 2017-09-04 11:23 | 経年変化する木のいえ 生活風景 | Comments(0)
2017年 08月 20日

点検と撮影と 坂井砂山の家

坂井砂山の家に、施工の文京田中建設さんと点検に行ってきました。
竣工写真も中途半端だったため、あらためて撮影も☆

b0349892_17462798.jpg
b0349892_17475272.jpg

b0349892_17474615.jpg

b0349892_17474233.jpg
オーナーのT様ご夫妻にモデルになってもらいました(^^)

b0349892_17473803.jpg

b0349892_17472495.jpg

b0349892_17471803.jpg

b0349892_17471319.jpg
とても快適に生活されているご様子で、良かったです(^^)
新築してから、来客も多く、広いアイランドキッチンっでワイワイと料理したりして、楽しく過ごされているとのこと。

近日中にオーナーへのインタビューもある特集記事をホームページでアップする予定ですので、お楽しみに(^^)

撮影:Daily Lives Niigata 編集部



□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
住まう家族にとっての快適さと、
建築としての可能性を追求する。
加藤淳 一級建築士事務所
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

[PR]

by jun-arch | 2017-08-20 17:58 | 経年変化する木のいえ 生活風景 | Comments(0)
2017年 05月 01日

大きなキッチンが住まいの中心。交流を愉しむ暮らし

渡部建築(現:株式会社Ag-工務店)さんとのコラボワークス「善久の家」が、魅力のある新潟の暮らしと住まいを紹介するWEBマガジン、Daily Lives Niigataで取り上げられました☆

特集記事:大きなキッチンが住まいの中心。交流を愉しむ暮らし (←クリックすると記事がみれます)


b0349892_08513449.jpg
写真提供:Daily Lives Niigata
b0349892_08541178.jpg
写真提供:Daily Lives Niigata
b0349892_08544059.jpg
写真提供:Daily Lives Niigata

b0349892_08541616.jpg
写真提供:Daily Lives Niigata

オーナーの強いイメージから設計が始まった住まいです。
そのイメージを大事にしながら、さまざまな諸条件を整理し、敷地や周辺環境を読み解きながら、ここでの暮らしを想像しながら設計を進めていきました。

素材や色遣いに関しては、オーナーと渡部建築さんを中心に進められ、今までの施工物件とは変わった雰囲気に仕上がっています。

正直に言うと、まだ物がない竣工当時の空間は、さまざまな要素を詰め込みすぎた感じがあり、少し落ち着きがない様子でした。

しかし、オーナー自身の家具や小物が持ち込まれてくるにつれ、空間が瑞々しく生きてくるような感覚を覚えました。
住み始めて数ヶ月過ぎた善久の家は、さらに進化しているような印象です。

以前、江南の家を取材していただいた編集の方から、
「施主力が高いですね!」
と言われたことを思い出しました。
「何ですかそれ?」
と聞いたら、
「実際に住む施主のライフスタイルや、我が家を大事にして愛着をもっている様子が、建物の魅力をより引き出している」
というような回答でした。

善久の家のオーナー、A様の「施主力の高さ」と「魅力的な暮らし」がひしひしと伝わってくる記事でした(^^)


善久の家 加藤淳一級建築士事務所HPでの紹介(←クリック)

----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2017-05-01 09:38 | 経年変化する木のいえ 生活風景 | Comments(0)
2017年 04月 18日

一年点検 江南の家 天野の家

江南の家天野の家の一年点検に行ってきました☆

どちらも綺麗に住まわれていて、つくり手としてうれしい限りです(^^)
b0349892_17094922.jpg
江南の家の子供部屋。

b0349892_17094892.jpg
江南の家の庭の芝生や植栽も良い感じでした☆

b0349892_17094722.jpg
天野の家の玄関。
綺麗な花が活けてありました☆

点検や暮らしぶりの話に夢中になってしまい、居間などの写真を撮り忘れてしまいました^_^;
どちらのご家族とも、半年ぶりくらいだったので、元気なお顔や近況が聞けて、嬉しかったです。



----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2017-04-18 17:16 | 経年変化する木のいえ 生活風景 | Comments(0)
2016年 12月 28日

一年経ってからの撮影 京都修学院の家

京都修学院の家 を1年点検の際、写真家の星野裕也さんに撮っていただきました。
その中で数枚ブログで紹介します。
b0349892_07180054.jpg
b0349892_07171477.jpg
2階を支える列柱のポーチ空間。自転車や雨に濡れずに車からアプローチ出来て、便利です☆

b0349892_07180005.jpg
ロフトからの見下ろし。

b0349892_07180075.jpg
子ども達は、思い思いの場所で過ごしているそう。




b0349892_07180133.jpg
玄関。

b0349892_07180337.jpg
郵便ポストと笠掛。

b0349892_07180132.jpg
2階リビングに上がる玄関前の階段。
b0349892_07180239.jpg
上り口に、手で掴みやすいように、木の方立を取り付けてあります。

b0349892_07180200.jpg
階段の見下ろし。

b0349892_07175974.jpg
ダイニングからキッチンとリビングをみる。
b0349892_07180173.jpg
実際に生活を始めてからの写真は良いですね。
生活感が加わって、豊かな空間をイメージしやすいです。

竣工写真はパキッとしてキレイですが、自分好みの家具や小物などが置かれて、初めて完成したと言えるのではないか、と思います。

それぞれの家族、さまざまなライフスタイルにも馴染むような空間を提案していきたいと思います。


あいにくの天気で青空をバックに写真を、ということは出来なかったですが、さすがプロです。
悪条件の中でも、素敵な写真をありがとうございます☆

修学院の家 過去ブログ記事

----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2016-12-28 07:47 | 経年変化する木のいえ 生活風景 | Comments(0)
2016年 11月 28日

一年点検 京都修学院の家

京都修学院の家の一年点検に行って来ました。

建具の不具合や、表具の隙間などの不具合がありましたが、とても快適に暮らされているご様子。
オーナーが自分たちで塗ったフローリングや階段などの木部に艶が出てきて良い感じでした☆
訪れた知人に自慢しているそうです(^^)
確かに足触りが良く、自慢する気持ちが分かります☆

写真家の星野裕也さんにも来てもらい、写真撮影も。

点検と撮影のあと、夕飯を御馳走になりました。
土地探しから建設中の思い出話、住んでからの実感などを、話はつきません。
料理も美味しく、お酒も進み、とても楽しい時間でした(^^)
b0349892_16050543.jpg


b0349892_16045359.jpg
星野さんの写真、どのように仕上がってくるか、とても楽しみです(^^)
また、ブログやホームページでご紹介したいと思います。

----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2016-11-28 16:18 | 経年変化する木のいえ 生活風景 | Comments(0)
2016年 09月 05日

和紙張りのやさしい雰囲気

壁や天井に、よく和紙張りをおススメしています。
和紙の自然な風合いが好きだからです。
素朴な素材感が、何とも言えない優しい空間にしてくれます。

そして何よりもコストパフォーマンスが良いです。
和紙の種類や、和紙張りが慣れた職人さんであれば、ビニルクロス相当のコストで施工できます。

リビングや寝室には、予算に少し余裕があれば、漆喰や珪藻土塗りもおススメしています。

主なデメリットは、汚れてもビニルクロスのように拭けないことでしょうか。
子どもに落書きされるとアウトです^_^;

私は自然の風合いが良い土佐和紙や福井の越前和紙をよく使っています。
土佐和紙は剥がせないので、十数年して、模様替えするときは、上に増し張りしていきます。


b0349892_15315595.jpg
写真提供:Daily Lives Niigata
和紙にもたくさん種類があり、産地や、漉くときに入れるスサによって、それぞれ表情が異なります。

b0349892_15315937.jpg
写真提供:Daily Lives Niigata
部屋の全体写真だと、その素材感が表せないのが残念なところです。

----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2016-09-05 15:52 | 経年変化する木のいえ 生活風景 | Comments(0)
2016年 08月 02日

webマガジン Daily Lives Niigata

webマガジン、Daily Lives Niigata に掲載されました!


このwebマガジンは、
新潟での魅了ある日常生活を紹介するのが目的、とのことです。

取材はとても丁寧で、しかも自分にとって様々な発見がありました。

家づくりやライフスタイルについて、設計者にも言葉に出来なかったようなことを表現していただいたような気がします。

b0349892_08054004.jpg
b0349892_08054709.jpg
b0349892_08055285.jpg
写真提供:Daily Lives Niigata

オーナーにもとても喜んでいただけたみたいで、二重に嬉しいです☆

----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2016-08-02 08:13 | 経年変化する木のいえ 生活風景 | Comments(0)
2015年 10月 06日

引き渡し後の点検 修学院の家

修学院の家、竣工後の点検に行ってきました。
とても綺麗に、快適に住まわれていて一安心(^^)
b0349892_15561942.jpg
空いた時間に大徳寺の孤篷庵へ行きました。

外のような内のような不思議な空間。
奥に進んでいくと、パブリックからプライベートの空間になり、天井が低く、落ち着く感じになっていきます。
西日の対処、光の入れ方・反射、借景の方法等々、とても勉強になりました。

特別公開で10/4まで。
運良く観れました。
b0349892_15563500.jpg
撮影禁止の為、写真は入り口のみ。



----家づくりをたのしむ、人生をたのしむ----
加藤淳一級建築士事務所
---------------------------------------------

[PR]

by jun-arch | 2015-10-06 16:11 | 経年変化する木のいえ 生活風景 | Comments(0)